« 訃報 | Main | 夕焼け »

2004.10.06

見送って・・・

 Eちゃんのお通夜に行って来た。
 夫に先立たれ、息子を亡くし、今また娘を亡くしたEちゃんのお母さんは気丈にもしっかりと振る舞っていた。
 中途採用で入り、すでに10年以上経過したというEちゃんが勤めていた会社は、彼女が闘病生活に入ってからも離職させず、直ったらいつでも出勤してこいと言ってくれていたという。
 会場には、親戚の方、会社関係の方、参加していたボランティアサークルの方、そして、何とか訃報を聞きかけつけた中学時代の友人達がいた。
 Eちゃんの年齢や社会的立場上、盛大なとは言えないものの、けして寂しくはない大勢の人がお別れに駆けつけてくれたようで、何だかほっとした。
 
 お通夜は滞りなく終わった。最後に棺の中に寝かされたEちゃんの顔を見せてもらった。病気で闘って死んだとは思えないほど、綺麗な顔で、呼べば何か答えてくれそうな気がした。

 高校時代にいろいろな思いを分かち合ったEちゃんだったけれど、結婚してからは随分疎遠でいた。病気と闘っていた頃に、連絡をくれなかったのは、いろいろと気遣ってのことではあったろうけれど、一人で闘うことを心に決めていたからか。
 ここ2,3年親しくしていた友達にさえ、病気のことは詳しく言わず、いつも明るく元気な素振りでいたようだった。

 お通夜が終わって、中学時代の友人6人と思い出話に花を咲かす。いろいろと話しをしたが、私しか知らないEちゃんのことが意外に多くて、何だか、苦しいような切ないような気がした。

 先に逝ってしまって、拍子抜けな気もするけれど。でも6人がなんだかんだと笑いながら思い出話をしているのをEちゃんは微笑んで見ていてくれただろう。
 
 また、友人を見送ってしまった。生きていることを幸せと思ってはいるけれど。
 でも、また、見送ってしまったのだなあ・・・。
 この先で、いろんな人が微笑んでいる。私がそこへ行くまで、彼らはそこにいてくれるだろうか。曾祖母のようにあの世からも旅立って行きはしないだろうか。
 
 この世とあの世は違うとは思うけれど、親しい人を見送るたび、あの世が意外と近いもので、そんなに特別な世界ではない気がしてくる。
 何かきっかけがあれば、その境を超えて、自由に行き来できるような。

 まあ・・・。慣れないうちは寂しかったりもするだろうから、Eちゃん、気が向いたら夢にでも出てきておくれ。言葉は通じないかも知れないけれど、でも、きっと気持ちは通じるだろうから。
 

|

« 訃報 | Main | 夕焼け »

日記」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 見送って・・・:

« 訃報 | Main | 夕焼け »