« March 2005 | Main | May 2005 »

April 2005

2005.04.28

任期終了!

 さて、本日は小学校の方のPTA総会。本部役員としての最後のお勤めの日です。これで任期終了。長い長い1年でした。(なのに、2年も勤めてくださる人もいるのだから、頭が下がりますね。)
 担当した広報部は市P連でも県P連でも佳作を受賞したし、部員さんと一緒にがんばった甲斐があったというものです。

 本部役員全体としては、専門部の役員さんや一般の保護者の方のご協力ご理解があってのことと感謝しているのだけど、個人的に自分の仕事がスムーズに行くか行かないかは、学校の先生方のご理解ご協力によるところも大きくて、その面ではとても良くして頂いたので、本当に感謝感謝です。
 その他、相談役(本部経験者の人のことで平たく言えば先輩ってとこかな。)さんにも、文字通りいろいろ相談に乗っていただいて、いろんなアドバイスをいただきました。それにも感謝。

 上の子の時は何かと問題があって、学校なんてなあ!って気にもなったことあったんだけど、足掛け8年お世話になった学校に最後の年で本部役員が回ってくるってことは何かの縁と、恩返しのつもりで一年勤めました。
 自分なりに一生懸命やって、たいしたことはできなかったかもしれないけれど、これで終わりというときに、会う人、会う人にねぎらいの言葉をいただけるというのは、逆にありがたいことです。
 
 しかし、世の中いいことばかりはなく、身内から「はあ?」って思うようなことも起こってきて、さすがに腹に据えかねて、最後の最後でぶちきれましたがな。まあ、態度に出すのもどうかと思うので、当たり障りなくお断りしましたが。
 世の中、いろいろな人がいます。いろいろな意見があります。それを筋を通したひとつの意見にまとめるのは、意外と難しいんですね。ってか、そういう時もあるんですね。

 それでも、終わり良ければみんな良し!ってことで、最後のお疲れさん会は楽しかったので、まあ、いいか~~でした。

 とにかく、みなさん、いろいろお世話様でした。改めてお礼申し上げます。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.04.26

新年度スタート

 昨日は中学校の授業参観&PTAの総会でした。総会に出ると新年度がスタートしたんだなあって実感がわきます。
 
 上の娘の担任は、3年連続同じ先生。もうすっかりおなじみで、娘の性格やらなにやらいろいろ把握してくださっているのが頼もしい感じです。
 小学校時代にトラブルのあったこと同じクラスなのですが、子どもたちはそれぞれに成長もしているし、担任の先生にも信頼が大きいので、そんなに心配はしてないんだけど、後は娘がどれだけがんばってくれるかってとこかなあ。今のところ、何事もなく、普通の学校生活を送れているようです。

 下の子は、小学校時代のクラスメートが多くいるクラスでした。クラブもすでにブラスバンドと決めているらしく、クラブ見学もブラスバンド部に行っているようです。今日はトロンボーンを吹いた、トランペットを吹いたとか、いろいろな楽器を試させてもらっているみたい。
 他校から来たクラスメートともなじんだようで、昨日も友達になったと言って遊びに来てもらってました。

 しかし、総会も学年懇談会も結構時間がかかって、ずーっと座りっぱなしでお尻痛かったです(^_^;)おまけに午前中仕事で、昼ごはん食べなかったので、お腹もすいてたし・・・(^_^;)

 こうして4月も終わり、ゴールデンウィークも終わると、本格的にその年度のスタートです。親子でがんばろーって感じかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.04.25

合掌・・・

 尼崎JR脱線事故。もうご周知のことと思う。テレビで初めて惨状を見たときは、言葉がなかった。
 どんな事故でも災害でも、想像を超えた被害を見ると言葉をなくす。死傷者の数が時間を追うごとに増えていく。
 被害者や被害者の遺族の方の表情に、また、言葉をなくす。こんな時、もし側にいたとしても、なんと言葉をかけてよいのかわからない。想像もつかない。
 こういう事故を見ると、人間とはあっけなく、はかないものだと、切なくなってしまう。

 たぶん。事故にあわれた方の中には、この先何年もトラウマを引きずって生きていく人もおられることと思う。どうか、無理はされぬよう願う。
 この事故を乗り越えて、たくましく、明日へ向かう。もちろん、そういう気持ちは大事だし、そうして生きていくのなら、それに越したことはないと思う。
 けれども、けして無理はされぬよう。辛いとき、苦しいとき、哀しいとき。そんな時は、周りから、「子どもみたいに。」と言われようが、ご自分を解放してあげてほしい。

 今、想像を越えた苦しみの中にいらっしゃる被害者の方々の気持ちに、真の意味で寄り添える言葉は思いつかないけれど。

 どうか、この先、安らぎのある人生を送れますよう、お祈り申し上げます。
 同時に、この事故でお亡くなりになった方々に心からのお悔やみを申し上げます。
 合掌。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.04.24

よくわからないけれど・・・その2

 どうでもいいようなことかもしれないけれど。
 ちょっといやな思いをいたしまして。もう2度と行ってやるものか、とか、気にもかけてやらない、とか、人が心配していたのに、とか、いろいろ思ったのですが・・・。
 確かに、こいつ人なめとんのんか?!と、思うこともあるのですが、しかし、逆説的に言えば、どれの思いもどの行動もこちらが勝手に思ってやっていることで、それに相手はそれほどには思っていなくて、いい加減にあしらっていただけなのかもしれないので、そういうことなら、それに気がつかない自分がお間抜けなんだと、一晩眠って、一日庭仕事して、そう思うに至りました。
 どっちにしろ、これから先、もう自分からその人を訪れることはないでしょうし、気にかけることもないでしょう。お気に入りのリンクからもすべて削除して、サイトへの訪問もやめにします。
 まあ、若い頃ならいざ知らず、最近はとても忍耐強くなったと思うし、いろいろなこと前向きに考えられていると思うし、すべて猜疑心の塊にはなっていないし。
 だから、自分がいやだなあと、嫌いだと思ったことくらいは、目の前から消し去っても良いのではないかと、そんな風にも思ったりします。
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.04.18

よくわからないけれど・・・

 今朝、時間代わりにつけているテレビがワイドショーを放映していて、そこで紀宮内親王殿下の結婚の話題を取り上げていた。母である美智子皇后への感謝の気持ちがどうのなんてことを言っていたのだと思う。(洗い物しながらだったので、よく見えないし聞こえなかったので違っているかもしれないけれど。)
 番組の中で取り上げられた、美智子皇后の言葉の中に「ああ、なるほどなあ。」と思うところがあって、納得できるような、でもそれって所詮経済的に恵まれている人の理論かなあと思ったり。でも、とりあえず、なるほどと思ったので、その言葉を踏まえて、自分なりに書いてみようかなと思う。

 人はそれぞれ、別々の人格で、それぞれの人生というものを生きている。
 その人生は、厳密な意味で他人と共有することはないだろう。
 けれど、幸いなことに我々人間は、やろうと思えば、考えの違う人とコミュニケーションをとることで、相手の考えを理解することはできる。

 その人の人生を私は生きることはできないし、その人の人生がうまくいくように具体的な手助けというものは何もできない。
 誰かの人生を生きるための手伝いなんておこがましくてできやしない。
 けれど、幸いなことに我々人間は、やろうと思えば、その人の考えに共感することはできる。

 だったら、その人の人生を応援することくらいはできはしないか?
 その人の考えや生き方を、心を開いて理解しあうことはできはしないか?
 そうして、互いの気持ちを境遇を理解しあったなら、その考えに寄り添うことはできはしないか?
 時に、一緒に悲しみ、一緒に喜び、一緒に憤り、一緒に笑う。そのくらいはしてもおこがましいといわないだろう。
 だったら、やっぱり、人は人を応援したり励ましたり、慰めあったりして、支えあうことはできるのではないかな?と思うんだな。

 だから、及ばずながらも縁があった人たちにエールを送りたいと思うんだ。
 それがなんになるんだ?と、それがかえって重荷になるんだ?といわれるかもしれないけれど。
 そう問われたとしたら、それは、自分がまだまだ未熟だということだ思う。
 もし、ひと時でも、たった一度でも、誰かに送ったエールが、その相手にとって喜ばしいことだとしたら、しないよりはましかもしれない。
 未熟な自分に付き合わされて、困る人も多くいるだろうけれど(^_^;)

 と、いうことで、久しぶりにこの言葉をいろんな人に送るよ。
 辛い人へ、苦しい人へ、切ない人へ、幸せな人へ。
 いつも愛しています。かなわない願いは絶対にない。
 だから、いつも魂のそばにいるよ。
 望めば、願いは必ずあなたの手に入る。忘れないでね。
 

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

一気に・・・(^_^;)

 4月にはいってから、日記を一日分しか書いていないことに気がついて(^_^;)、本日一気に何日分かを書きました。

 年度始めの引継ぎで、何かと忙しかったし、先週は風邪でも引いたのか熱はなかったんだけど、頭が痛かったりめまいがしたりで体調も今ひとつだったし。今月は後半にPTAの総会があるけれど、それが終わったら本当にひと段落つくし。早く終われ~~と思ってます(^_^;)

 で、今日は旦那さんがいないので、実家に遊びに行ってきました。85歳になる祖母も元気でいるので、そんなに心配はしていないのだけど、それでもいつ何時どうなるか?と思うので、いける機会があれば、たとえ1時間でも顔を見に行きたいと思うし。
 でも、今は、弟家族と一緒に住んでいるので、あまり頻繁に行くのも気が引けて難しいなあと思います。
 まあ、本当に元気だったし、今日も母と口喧嘩しながら夕飯のしたくしていたし(^_^;)(母と祖母は実の親子。)まだ、もうしばらくは大丈夫かなあなんて楽観していますが・・・。

 いくつになっても世話をかけて、いい大人になっているのに、まだお小遣いくれたりとかして、なかなかおばあちゃん孝行できないけれど、とりあえず、自分が元気で幸せに暮らしていると知ってもらうことが、最初の一歩だからと自分を甘やかしています。(その最初の一歩からなかなか踏み出せなくて、孝行したくとも祖母はおらず・・・な状態になるのかもしれなくて、それが申し訳ないんだけど。)

 いつまでも元気で長生きしてねと帰るたびに思います。いつか来る別れのときに、後悔せずにお別れできるよう、生きているうちに喜んでくれることひとつでも多くできたらなあと。

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.04.16

夜桜見物

200504161853 photo:夜の静間に・・・

 今週は冷え込んだ日もあったせいか、意外と桜がもっていましたね。
 なので、週末、お弁当を買って夜桜見物に出かけました。
 すでに、桜祭りなシーズンは終わっていたので、いつもなら提灯とかぶら下がっていて明るい桜並木がかなり暗い。
 それでもほのかに照らされた桜は今を盛りと咲き誇っていました。
 川べりに植えられた桜は、日の光を求めてか、枝を地上につけんばかりに下ろしています。ちょうど桜のカーテンというか、ドームが出来上がっているようなところもあるので、そこでお弁当を広げました。
 桜の花の向こうに川の流れが見えて、向こう岸で走っている子どもたちの姿も見えます。少しはなれたところではバーベキューしているグループがあったり、ほんのり暗い場所ではカップルが仲良くお弁当を食べていたり。
 桜の香りが漂う空間は、昼間とは違う空間に思えます。来週にはもう葉桜になるんだろうけれど、今年も桜をめでられてよかったなあ・・・なひと時でした。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2005.04.14

またまた最後の・・・

 今日は最後の全体委員会。(学級委員さんや地区委員さん全員が出席します。)
 でも、今年は中学校の方の地区委員さんも当たっていて、そちらの会議もあったので、まずそちらへ出席。
 中学校の方の会議はちょっともめたけど、まあ、すんなり決まってすぐに終わったからいいやって感じで。
 で、終了次第、小学校の方へ。こちらはなんだか暗礁に乗り上がったようでちょっと険悪な雰囲気。
 どうも、学級委員さんが選挙で決まったにもかかわらず「やりません。」みたいなことを言って欠席したみたいなことを言っていました。
 ん~~、どうやら仕事をしているので、昼間のPTA活動に参加できないから辞退します、みたいなことらしいのですが・・・。
 でも、私、その人、昼間に授業参観に来ているの知ってるよ。学年活動も来ていたの知ってるし。と、いうことは、昼間でも、休みが取れなくはないってことだよね。
 さらにいえば、昼間のPTA活動って、確かに小学校では多いかもしれないけれど、それってそんなに多くないよ。
 講演会とかは昼間にもあるけれど、年間5回もないと思うし。それに全部参加しなくてはならないわけでもないし。
 昔と違って今は、働いているお母さんもたくさんいるから、活動に関する会議なんかも夜の方が多いし。うまく時間をやりくりすれば、絶対に参加できると思うし。て、いうか、参加できるような活動しかしていないしなあ・・・。と、私は思うのだけど。
 なんだか、役員から逃げているよなと思うのであります。あまりにも「自分の子どものため。」だけって感じがありあり。「どうして他の子の為に時間を割かなきゃいけないの?」って感じで。
 確かに人の子の面倒まで見てられないけれど、でも、よく言う「地域で子どもを育てよう!」っていうのも大事じゃない。そういう意味では小学校のPTA活動って一番お手軽で気軽にできる子育てな気がするけどなあ。
 自分の子の同級生や上級生下級生がまっすぐに育って本当の意味で「良い子」になってくれたら、自分の子にも絶対いいことだし、その子たちが将来、この地域を担っていくんだから、自分のためにもなると思うんだけど。
 そういうことのお手伝いをできることでいいからひとつでもしていくのって、社会に参加しているという気がするんだけど。
 なんかなあ・・・。よくわかんないなあ・・・。
 まあ、ともかく、その方のせいで終わる会議が終わらずに、11時前になったのはちょっと許せなかったです。はい。
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.04.12

手作りブレス

DSC00352

                                   
                                    

photo:紫水晶

 前に、ガーネットのブレスレットを手作りしたのですが、同じようなのでアメジストもほしいなあと思っていました。
 桜祭りに出店していた石屋さんがあって、そこで傷物だけどということで格安のアメジストを発見。それでブレスレットを作ってみました。
 小さな水晶を間に入れてみたんですが、アメジストだけよりも透明感というかそういうものが際立っていい感じかな~なんて思っています。
 今度は青メノウとかブルーレースとか、そういう水色っぽいものがほしいです。できたら、アクアマリンとかブルートパーズで作りたいけれど、お値段も張るのでね(^_^;)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.04.09

1週間遅れ

DSC00351

photo:春来たれり

 先週の土日は毎年恒例の市主催の桜祭りがありました。が、桜はまだまだ咲いておらず花の下のイベントとはいかなかったのでした。
 さて、今週末は、週後半が暖かかったせいか、桜もほぼ満開状態。今日は天気も良く、まさにお花見日和。
 でも、旦那さんの仕事が忙しくお花見というわけにはいきませんでした。かなしー。
 家の前には桜の木が一本あって、まさに今を盛りと咲き誇っています。なので、ベランダからその桜を眺めつつ、コーヒーブレイク。まあ、ある意味、優雅。ある意味贅沢。
 けど、来年は花見するぞ~~~!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.04.07

最後の役員会

 小学校PTA本部役員の最後の役員会。4月末にある総会で新役員さんが承認されるまでは、任期があるけれど、役員会に本部役員として出席するのは今日が最後であります。 

 なんだかんだといろいろあって、途中で役員降りようかと真剣に思ったこともあるし、もう二度と役員なんかするもんか!と真剣に思ったこともあるけれど、「役員を引き受けるのは子どものため。」という原点を思い出しつつ、今日まで来ました。

 その年その年でメンバーも変わるし、メンバーが変われば考え方も方向も変わるので、どれが正しくて、どれが間違いということは何もなく、去年がそうだったから今年もそうしなくてはならないということでもないんだけれど、「何故、今、こうなっているか。」という経緯は申し送りがあってしかるべきだと思うし、それを踏まえて「今年度はこうしよう。」と決めることも大事だと思うけれど、そういうことはあまり重要視されていなかったみたいで、なんだかな~と思ったり。

 でも、結局はボランティアな活動で、しょせんPTA活動なんだから、企業やお役所のようにきっちりした会議でなくてもいいか、と、あきらめ半分、納得もしたりしています。
 まあ、なんといいますか、声の大きい者が勝つ、という風潮のはびこる世の中だけど、「こどものために。」という原点を忘れないで活動していってくださいねと切に願いつつ。

 しかし、なんだかんだで11時。疲れたよ、まったく。

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.04.06

入学式

 本日、下の子の入学式。
 「ああ、本当に小学校時代が終わったんだなあ・・・。」と実感しました。これからは、大人の世界への準備期間。本格的に世の中のいいところ、悪いところを見ていく年頃になったんだなあと思います。
 願わくば、「学校」という狭い枠組みにとらわれず、大きな心を持った人間になっていってほしいなあ。

 入学式の前にクラス発表があります。全部で120名ほどらしいのですが、今年度からは25人以上で二クラス以上できる場合は、40人学級ではなく、少人数学級制になるということで、120名÷4クラスで一クラス30人でのスタートとなりました。
 子どもたちは街の学校だったので、児童数が少なく、小学生時代ずっと27~30人のクラスでいたので、あまり違和感なくいたようです。(上の子のときは、そういう制度がなく、120名ほどできつきつ40人学級の3クラスでした。)
 一クラスくらい・・・と思う方もいらっしゃるのですが、学校としては、特に少ない生徒数の学校では、教職員1名2名の増減が、その体制に大きく影響するらしく、4クラスでのスタートはなかなかいい感じと聞きました。
 まあ、なんでもいいけれど、子どもたちがたくましく成長していけるよう、学校でも指導してくれたらいいやと思います。
 しかし!下の子は勉強大嫌い。今からついていけるかどうか、親はとっても心配です(^_^;)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.04.01

ちょこっと更新・・・

 サイトの更新をぜんぜんしてなかったりする・・・。(^_^;)
 で、写真の整理とかしてて、まあ、これをコンテンツのひとつにしようかと・・・(^_^;)
 まだ、トップページには張っていないのですが、こちらからご覧になれます。
 
 なんというか、まあ、趣味の世界だし。気のせいとか、光が入ったとか、いろいろ説明はできるでしょうけれど。
 それでも、写っちゃうんだから、この世のどこかに存在するんでしょう。
 気軽にご覧ください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2005 | Main | May 2005 »