« 広島弾丸ツアー3 | Main | 広島弾丸ツアー1 »

2005.08.28

広島弾丸ツアー2

DSC00023

 さて、広島駅を10時半ごろに降りて、まずは平和記念資料館へタクシーで向かう。
 夏休み最後の日曜日のせいか、それとも、休日だといつもこうなのか、たくさんの人が訪れていた。老若男女を問わずたくさんの人がパネルや映像、ジオラマ、写真に見入っている。外国の人もけっこういた。
 被爆までの広島の歴史、原爆の開発から投下までについて、被爆前と被爆後の原爆ドーム周辺の模型、そういったものをつぶさに眺める。
 小学生くらいの子どもに説明している若い父親、幼い頃の思い出を同行の友人に語りながら歩く老人、孫と思しき子どもたちを連れて回る老女、ただ食い入るように見つめる若い人。時折涙ぐむ人も見かけた。
 資料館を出た人々は、申し合わせたように原爆ドームへの道をたどる。資料館前から平和の池までの広場は、毎年8月6日にはたくさんの人で埋め尽くされる。その下には、さっき見てきた街の瓦礫が遺体が埋まっている。
 平和の火を横目で眺め、資料館を振り返る。資料館の2階の窓から見下ろした平和記念公園は、まるで寺院の伽藍のような美しい配列だ。平和の火は普段はあまり炎を上げないのだろうか。昼間の明るさもあいまって、あまり目だ立ず、見逃してしまうところだった。
 川の向こうに原爆ドームが見える。資料館にあった模型や写真で、ドームが産業奨励館だったことを知る。シンメトリーのモダンな洋風建築だったのだね。大きな建物だったろうに。
 60年前、この場所は焦土と化し、たくさんの人々が一瞬にして消えてしまった。今は、木々が生い茂り、緑の溢れた穏やかな空間となっているけれど、たった60年前にそんな痛ましい状況になっていたとは信じられない。
 日本という国は、いろいろな問題を抱えてはいるものの、たった60年で、ここまで復興したのだなあ。ここまで進んできたのだなあ。理由やきっかけがどうであれ、日本という国は60年間、戦争をせずにきたのだなあ。
 広島へは、子どもたちのためにと思ってきたけれど。自分もまたひとつ、考えるきっかけとなったように思う。
 被害者の立場ばかりには立てない。加害者としての日本もいる。けれど、本当に、二度とこんな爆弾を使うようなことの無いようにと強く思う。

 そうして、原爆ドームをあとにしたとき、時間は12時45分になろうとしていた。
 

|

« 広島弾丸ツアー3 | Main | 広島弾丸ツアー1 »

日記」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 広島弾丸ツアー2:

« 広島弾丸ツアー3 | Main | 広島弾丸ツアー1 »