« 情けない・・・ | Main | ギターとキッチン »

2005.10.02

友人って・・・

 途方にくれて、真っ暗闇で自分ではどうすることもできない状況の時、何もかも放りだして逃げ出してしまいたい時、そんな時はどれほど慰められて、励まされても、どうにもなりません。
 自分から愚痴って弱音を吐いたくせに、相手に対して『口ばっかりじゃない。』と言ってしまいたくなります。
 そういう状況の友人のために、現実の力になれない自分が悔しいと言うかもどかしいです。励ましてもらったり、慰めてもらうのって、精神的には楽になるし、心強い気もするけれど、現実には何の足しにもなりません。
 でも、そういう状況でも結局はその人自身で立ち上がって歩かないと事態の解決はないのも真実で・・・。
 だから、何が一番、身に、心に染みるのか。
 私の場合、それは友人からの苦言でした。言われなくともわかっていること、自分の甘えやずるさ、そう言った自分自身でさえ目を背けたい現実をもう一度、目の前に広げて見せられること。
 一見、ひどいことのように見えます。むごいことのように見えます。でも、目をそむけて前には進めないことなのだから、やはり見なくてはならないのです。
 最後には必ず、見つめて、それを乗り越えていかなくては、生きてはいけないのです。
 一番の友人からの苦言に、落ち込み辛く思い、傷つきもしました。恨みも持ったけれど、その友人が本人も心では涙を流しながら、傷つきながら、私に苦言を呈していることに気がついた時、すべての思いを開放したことを覚えています。
 『ああ、友人は自分のことのように辛く、苦しく思ってくれているのだ。私がこうなってどうしようもしてやれないことを一番もどかしく思ってくれているのだ。』と、そう思えたからです。
 私は、もちろん、自分のためにですが、この友人のためにもがんばろうと思いました。自分が大切に思っている友人に私のせいでこんな思いをさせてはならないとも思えたからです。
 
 先日、あまりにも辛い状況にある友人が、チャットで弱音を吐いて、愚痴っておりました。もう何度もそういうことがあって、一向にうまくいかない。それはその友人だけのせいではないので、友人を責めることはできません。
 今までも、ぼろぼろになるほど頑張ってきたのは知っているけれど、ここらでもう一度歯を食いしばり、踏ん張りなおしてもらいたいと思いました。でないと、本当に坂を転がり落ちて行きそうなので・・・。
 だから、先日のチャットではとてもきついことを言いました。たぶん、『そんなことわかってる。』『あなたも私のことそんな風に思っていたの?』と思われるようなことを。
 友人はショックを受けたようでした。そりゃそうだよねと私自身も思うんだけど。
 慰めて、励ますだけが『愛』じゃないからと、思ってはいるけれど・・・。
 

|

« 情けない・・・ | Main | ギターとキッチン »

日記」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 友人って・・・:

« 情けない・・・ | Main | ギターとキッチン »