« 新コンテンツ | Main | 謹賀新年 »

2005.12.31

今年の大晦日

 さて。年の瀬もいよいよ押し迫ってまいりました。テレビは特番の連続、スーパーはいつもより2倍弱の値段(^_^;)すごい人ごみ。家でパソコン見てる分にはわかりませんが、外へ行くとさすがに年末だなあと感じます。怒涛のように過ぎた年末でしたが、今日になって少し余裕が出てきたかな?(^_^;)

 今年もあと12時間くらいで終わってしまいます。振り返ってちゃんと年頭に思ったことができてるでしょうか?

>> 今年は災害や犯罪やそういう悲しかったり苦しかったり辛かったりすることが
>>ありませんように・・・と祈ります。
>> 届かぬ祈りはないと言いますが、世界規模、地球規模で、
>>それを平和を祈るのは果てしなく。
>>だから、せめて、自分の周りだけでも平和で幸福でありますようにと祈ります。
>> 自分の周りくらいなら、祈って、努力すれば、少しは祈りに近づける気もするし。

と、私は1月冒頭のブログにそう記してありました。

 災害も犯罪も信じられないことが多発した今年。多くの巨星が天に召されました。
政治の世界でもいったい何が起こっているの?庶民が知らないところで何が変化しているの?と言った感を強く感じたし。
 あとから見て初めてわかるのでしょうけれど、今年は、何かのきっかけになるような年だったのかも知れません。

 さて、自分といえば、「心はいつもラジカルティーンエイジャー!」で頑張ってきたのですが、どこまで頑張れたかな?と。
 それなりに頑張れたと思います。今年の暮れはいつになく忙しいけれど、いつになく充実感を感じていますから。何が?と聞かれるとうまく言えないけれど(^_^;)

 とは、言うものの。やはり自分ひとりでは何事もなしえません。周りの人々が暖かい手を差し伸べてくれなくては、独りでは何もできない。
 有形無形のそれらの手助けと、大いなる父母、懐かしい兄弟姉妹たちの導きとが、今年も私を助けてくれたのだと思います。
 いろんなことがあったには違いない今年なのですが、過ぎてみて、今、「悪いこと」が思いつかないって事は、幸せな一年であったにも違いなく。そんな一年を過ごせて本当に嬉しく幸せに思います。
 悲しみも苦しみも辛いことも苦労もあって当然。出会って当たり前。それをいかに乗り越えて、笑い話にしていけるか、それが大事なんだなあってつくづく思いました。

 すべての存在に感謝と愛を込めて。今年最後のご挨拶といたします。

 いつも、いつも、愛しています。
 そして、いつも魂の側に。
 

|

« 新コンテンツ | Main | 謹賀新年 »

日記」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 今年の大晦日:

« 新コンテンツ | Main | 謹賀新年 »