« 恋・・・ | Main | 雪・・・ »

2005.12.15

電話

 先日、上の子の小学校時代に教頭を勤めていた先生から電話を頂いた。子どもの作文が県で入賞したことを知ってのお祝いの言葉だった。
 名前だけだけど、新聞に載っていたから、受賞はご存知だったようだが、作文はどんなものかわからなかったようだ。けれど、小学校の養護の先生がわざわざ教頭先生に作文を送ってくださったようで、それを読んで、とても感動して、一言と電話を下さったのだった。
 教頭先生は、自分も事態を把握していたつもりだったけれど、作文を読んで、その認識が甘かったと今更のように感じ、当時、子どもの心に沿って対処できたことが他にもあっただろうにと後悔を感じたとおっしゃった。

 正直言って。当時、現場の教師は何をしているのだろう?と歯噛みする思いでいた。子どもが受けるダメージの強さと教師が思うそれとはずいぶんと温度差を感じたものだし、一つ一つの対処方法も本当にやる気があるのか?と思いもした。
 でも、子どもは強くなると決めて、自分なりの努力をし、結果、周りを動かして、ここまできたから。親のもやもやした想いなど吹き飛ばす勢いで、進んでくれたから。
 当時の、そして今までのすべてを許すことなど、私にはできないけれど、でも、今、子どもがある現状を思うとき、そんなものはどうでもよくなってしまう。
 それに、きっかけはなんであれ、物事にはやはり積み重ねというものがあって、何事も1日ではなしえないものだと思うと、小学校のときに効果がないように見えた対処もその積み重ねの一つであったのではないかと思うこともできるから。
 時が過ぎようとも、それがいつになろうとも、当時の先生方や当時を知る同級生の保護者から後悔の言葉や謝罪の言葉が降ってくるなら、それはきちんと受け入れようとも思う。
 前へ進むことの大切さを子どもは教えてくれる。これから先、もっと辛かったり苦しかったりするだろうけれど、前へ進むことをこの子は忘れないだろう、そう思うと、本当に心強く思うから。

 心の傷は一生消えないだろうけれど、それに向き合い、乗り越えていくと、つづった文章にとても感動したと、教頭先生はおっしゃってくださった。それは作文を読んでくださったどの先生方も同じだったようで、これから先の教員生活でこれを生かして行くとおっしゃってくれた先生もいた。

 たった一言が力になる。たった一人が力になる。そんな体験をした子どもは、今度はたった一つの作文で、何人もの先生方の心を動かした。
 なんだか、感無量である・・・。

|

« 恋・・・ | Main | 雪・・・ »

日記」カテゴリの記事

Comments

ゆたんぽさん、ども~。

>>「最善最高の地点」って、単純にいうと、「幸せ」ってことですぅ。幸福感というか。神が示す幸福感を含む、お子さんにとっての幸福感・・というか。

なるほど、そういう意味ですね。
神が示す幸福感。
私は神はいると思っていますが、神様はただいるだけだと言うのが身上でありまして。
神は誰かを救いはしない、手を差し伸べることもない。ただ、そこにいるだけ。と、思っております。
なので、「神が示す幸福感」と言うものが私には解りません。

私が「最善最高の地点」と解したのは、漠然とした言葉ではありますが、人として「目指さなくてはいけない所」と言う感じですね~。

てな感じで、わかっていただけますかな~?

もしかして、思い方や考え方はゆたんぽさんとはぜんぜん違うのかもしれませんが、でも、ゆたんぽさんが、我が家の子どもにそして私に祝福(私はそう受け取りました~(*^_^*)を下さっているのはよくわかります。
それに対しては、本当に嬉しく幸せに思いますです~(*^_^*)
ゆたんぽさんと出会えた奇跡に愛を込めてありがとうです。

Posted by: 管理人 | 2005.12.23 at 07:49 PM

上に書いた「最善最高の地点」って、単純にいうと、「幸せ」ってことですぅ。幸福感というか。神が示す幸福感を含む、お子さんにとっての幸福感・・というか。

お子さんの状況を知らないので、
「なんというか、「最善最高の地点」を示してあげな ければ、あまりにもつらかったと言うことでしょう か?」
この橘風流さんのお言葉が具体的に指し示す内容が分からないので、???
分からないんですけどいちおう、とりあえずのお返事で、「家庭はフワフワのベビーベット」が良いかもと私は思ってますぅ。

Posted by: ゆたんぽ | 2005.12.23 at 06:18 PM

ゆたんぽさん、どもども~。お越しいただいて光栄です~(*^_^*)
お褒めの言葉も頂いて、嬉しく思います。ありがとうございますm(__)m

未だに日本語のリスニングとトーキングができないふつつかな子どもです(^_^;)
なんというか、「最善最高の地点」を示してあげなければ、あまりにもつらかったと言うことでしょうか?
いや~、とりあえず、感無量なのです・・・。

Posted by: 管理人 | 2005.12.19 at 10:28 PM

すごいっ!

お子さんは、すごいっ!
お子さんをサポートされたお母さんとご家族も、すごいっ!

たぶんお子さんの心の(魂の)奥には、最終到達地点の状態(最善最高の地点)が確固として見えているのでは・・と思いました。・・・、確固としての認識は無くても、本能のように内在しているのではと思いますぅ。それは、「辛いこと苦しいこと」ではないことも、お子さんは、本能のように、きっと御存じなのではと思いますぅ。

それにしても、周囲の「ウカツな」関係者の気持ちと行動を変化させるなんて!なんて偉大なことを成し遂げるお子さんなんでしょう。。。。。
素晴らしい存在です。。。。。!

Posted by: ゆたんぽ | 2005.12.19 at 07:40 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54235/7633490

Listed below are links to weblogs that reference 電話:

« 恋・・・ | Main | 雪・・・ »