« 夢 三つ | Main | 時間の流れと届けたい想い »

2006.01.16

ごほうびといえば・・・

 そう言えば、何年か前のアフターでもちゃんとごほうびを頂いた。あの時は、いくつか抱えていたから、自分的にはけっこう大変で、本当にちゃんと果たせたのかどうかは今もってわからない。
 自分よがりになってしまって、かえって相手を傷つけたかもしれないのが怖いけれど。
 でも、そのうちの2つに対しては、本当にごほうびを頂けたとちゃんとわかっている。今でも思い出せば、胸が温かいし、その人たちに感謝の念が沸く。
 言葉では表せなくて、ただ、「ありがとう、ありがとう」としか言えないくらいの。それは、今でも私の宝物。たぶん、死ぬまで持っていく温かな想い。

 その時の中のいくつかは、現在進行形で、ずいぶんと長丁場なので私もじっくりかまえているけれど。いつか、必ず、答えは出るだろうから。その時、それがその人にとって幸福でもそうでなくても、ちゃんと一緒にいてあげたいと思っています。

 新しいのは、いつもとはパターンが違うから、戸惑ったりするんだけど、ひどく人間くさく、温度を近く感じることができて。
 私は、実は、人とコミュニケーションをとるのが苦手で、すぐに逃げ出したくなる方で、実世界での人とは、あまり接点を持たない。
 そんな私には珍しく、もしかして、哀しかったり苦しかったりしそうな距離の人と、接点を持とうとしている。手探りで、恐々なんだけど。
 多分、私にとってのアフターはいつも自分の修行なのだと思う。実際の体温のある相手を前に、どれだけ自分を解放して、相手と分かり合えるだろうと、恐怖にも似た感情を持て余しつつ。でも、この先にはかならず「しあわせ」と思える関係があるはずと、言葉を尽くしている。

 人は独りだから、誰かと繋がっていたい。心で繋がっていたり、体で繋がっていたり、血で繋がっていたり、それはいろいろな形があるだろう。
 人生の伴侶とは別に、魂の兄弟・姉妹のような、血の繋がりはなくとも家族でいられるような、そんな人たちと寄り添いあって、孤高を保つ。孤高を保とうとすれば、誰かと繋がっていないとできない気がする。

 あ、収拾つかなくなってきた。何が言いたいかわからなくなってきたぞ。なので、この辺で終わっときます(^_^;)

|

« 夢 三つ | Main | 時間の流れと届けたい想い »

日記」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ごほうびといえば・・・:

« 夢 三つ | Main | 時間の流れと届けたい想い »