« ごほうびといえば・・・ | Main | ありがとう・・・ »

2006.01.18

時間の流れと届けたい想い

 自分の中に流れる時間。それは日常の24時間のことではなく。それは自分自身の流れであって、他人と同じ流れではない。
 人と接する時、自分の流れで『わかりあいたい』と思っても、相手の時間の流れと合わない時がある。
 流れる速さが違うと、自分ばかり想いが入ってしまって苦しい時や哀しい時や切ない時やもどかしい時がある。
 でも、自分の気持ちが本物で、相手に対して真剣で、きちんと伝えることができたなら、必ず想いは届くと信じている。
 確かに、結果は自分の思い通りではないかも知れないし、自分の望むものとは違うこともあるだろう。
 届けても、届けても。届かないように思うこともある。本当にこれだけ届けてどうして届かない!と腹立たしくなることもある。でも、自分の中で届けきったと思うなら、歩みを止めたりするのも一つかもしれない。
 届けても無駄な相手もいる。どれほど言葉を尽くしても、心を傾けても。その想いが届いても。そんな時は、あきらめるのではなく。納得のいく方法を見つけよう。

 ああ、本当に。ちゃんと届くのだろうか。どうしたらいいのだろうか。届けたいのに、届けられない。そんなふうに思うこともあるだろう。
 ジレンマを抱えつつ、もどかしさに戸惑いつつ。それでも伝えていってください。どうかその想いを。あなたの愛する人に。あなたの思う人に。
 ただ、覚えていて。私とあなたの時間も、あなたと相手の時間も、流れは必ずしも同じではないと言うこと。だから、自分の思うように結果は得られないのだと言うこと。
 そして、一番大切なことは。あなたが不幸せでないこと。届けても、あなたが不幸せなのなら、今すぐやめても大丈夫なんだよ。もし幸せでなくても、不幸せでないのならいいけれど。

 私は私で、頑張れるかな?今、抱く想いを、それぞれに伝えられるかな?届けることができるかな?

|

« ごほうびといえば・・・ | Main | ありがとう・・・ »

日記」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 時間の流れと届けたい想い:

« ごほうびといえば・・・ | Main | ありがとう・・・ »