« 命日 | Main | ごほうびといえば・・・ »

2006.01.15

夢 三つ

 ぐっすり寝ました。寝たのは深夜2時ごろだったけど、しっかり目覚めたのは昼の12時過ぎ(笑)

1本目

 職場を改造するといっていた次の日に出社すると、確かに模様替えされていて、ぜんぜん席順とかが変わっていた。というより、机が減っている。私の机も女子社員さんの机もない。あるのは、パソコン用の机オンリー。どこで、どうやって仕事するんだろう?別の場所での仕事を終えたあと、私と女子社員さんは二人して、係長に「机はどこですか?」と聞いていた。

2本目

 私は私じゃない女の子になっていた。20代後半くらい。どうやら双子の妹がいて、父親と3人暮らし。アパートのような所に住んでいるみたいだった。
 玄関のすぐ脇に台所があって、その横にある和室で父親がどうやら意識不明になっているので、死亡したのかどうかを確かめなくてはならないみたいだった。近所の道坂さんがその手順を教えてくれたけれど、妹が帰ってくるのを待っていようかどうしようか考えていた。そこへ「修二」が通りかかった。私は修二君を呼び止める。(マジで修二よ。亀梨君。むちゃ、かっこよかった。)
 私は修二君と友達になったばかりで、修二君に妹が帰ってきてくれるまで一緒にいてと頼んだ。修二君は戸惑いながらいいよと言って、父親の部屋に一緒に行ってくれた。そうしたら、父親は意識不明になっていただけで、生きていたようだった。テレビをつけながら、修二君に向かって「いい彼氏ができてよかったな。」という。彼氏じゃないって、友達だって。と、私は言った。

3本目

 その修二君、妹も戻ってきたので、帰ると言う。せっかくだからお茶でもと言っていると、修二君の悪友達がやってきて、いたずらばっかりするので、私はその相手をしながら、どうやってこいつらをギャフンと言わせようかと考えていた。

|

« 命日 | Main | ごほうびといえば・・・ »

日記」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54235/8172279

Listed below are links to weblogs that reference 夢 三つ:

« 命日 | Main | ごほうびといえば・・・ »