« 月並みですが・・・ | Main | 祖父の絵 »

2006.03.24

子どもの名前は・・・

 今朝は見た夢を比較的、ちゃんと覚えていました。3本覚えてるよ。

1)本屋さん
  夜の本屋さん。下の子と一緒に行ったみたい。本屋で実家の父と祖母に会う。上の子は父と一緒にいたみたいだった。そのまま実家へ帰ろうということになり車に乗るが、なぜか私は軽トラックに乗ってきていた。箒が壊れたので新しい箒を買った。

2)預かり物
  友達のNちゃんからアクセサリーを預かる。旦那さんに貰ったものらしいが気に入らないようだった。私は鍵のかかる部屋にある物入れの引き出しにそれをしまっていた。Nちゃんから返してと言われたので、それを取りに行く。最初に入った部屋では、宮崎駿監督が新しい映画のアフレコを声優さんたちに指導していた。声優さんは若い男性二人で私の知り合いのようだった。「今、監督にしごかれてるんですよ。」と話をした。

3)子どもの名前
  S君の家族と我が家で車2台でどこかへ出かける。S君は「お兄さん」らしき人と三歳と五歳くらいの男の子の兄弟二人とその兄弟のお母さんの5人でいた。
 私は、途中にあったスーパーによりたいと思ったので、S君のケータイに電話をした。(車の運転は「お兄さん」がしていた。)そうすると、S君はケータイ電話をハンズフリーにして、兄弟の上の子に私の声を聞かせようとした。上の子は「まー君」と言う名前だった。
 スーパーの2階にはレストランがあって、そこで軽く食事をすることになる。小さな兄弟たちは我が家の上の子になついてどこかに行ってしまっていた。旦那さんも「お兄さん」もどこかに行っていない。私は下の子と食事をしていたが、こんな時間にこんなに食べたら、夕ご飯が入らないよなとか思っている。S君は子ども達のお母さんと一緒に食事をしていたが、彼女をとても気遣っていた。

 「お兄さん」はハッピを着ていて、どうやらその「お兄さん」の所でお祭りがあるので、それにS君ちと我が家とで遊びに行くことになっていたみたいだ。
 初めは、「お兄さん」と子ども達は、S君の本当のお兄さん家族かと思ったが、それでは子ども達の年齢が小さすぎるし、S君の家はS君の実家に近いところにあるから、わざわざ車2台で連れ立って行くのはおかしい。
 もしかしたら、兄弟たちはS君の子どもで、兄弟のお母さんはS君のお嫁さんで、「お兄さん」はそのお嫁さんのお兄さんなのかもしれない。
 これは何年先の話だろう。でも、夢の中で、S君は幸せそうだったし、兄弟たちは私にも我が家の上の子にもなついていたし、連れ立って、お嫁さんの実家へ遊びに行くくらい仲良しだった。私は、S君のことを弟のように大事な友達と思っているから、こんな風にずっとお付き合いできたらいいなと思っているけれど。いつか、こんな日が来るのだろうか。

|

« 月並みですが・・・ | Main | 祖父の絵 »

」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 子どもの名前は・・・:

« 月並みですが・・・ | Main | 祖父の絵 »