« March 2006 | Main | May 2006 »

April 2006

2006.04.27

ぼろぼろ・・・(笑)てか、笑うしかない・・・

 この間、おばさんが亡くなってお葬式とか出たせいなのか、たまたま波がそうだったのか・・・。不思議系のフラッシュバックに感情の波が、がたがたのぼろぼろ(笑)いや、もう、ほんと笑うしかない・・・(゜o゜) 自分が多重人格者だと言われた方がよっぽど納得するかもしれないってくらいで。

 現実の私を知っている人がこの日記を読んだら、絶対おかしい人だと思われると自覚はあるけど(^_^;)
 私には、いくつか生まれる前の記憶があります。
 一つは、もうずいぶん前の記憶で、今、当時の同じ時代に当時縁の深かった人も生きていて連絡も取れたりします。
 一つは、いつの時代かわからないけれど、妹のように娘のように思っていた人も、同じ時代に会えました。
 一つは、自分がある小さい国の皇女で、父王が亡くなったから自分がその国を治めていた記憶。
 あ、もう一つ。これは私はまだあんまり思い出していないけれど、ある人から、いつかの時代で一緒だったね。と言ってもらった。
 いやあ、もうこれだけ書くだけで、ふつーに考えたら変ですねー(笑)

 で、最近になって、「弟」に出会いました。私は、その時の記憶が時々思い出されて、なんとも言えない気持ちになります。
 でも、「弟」はまったくの一般人で、前世なんて信じないタイプの人。幸い、なんとなく気も合うし、雑談なんかしてる分にはけっこう楽しかったりするし、ふつーに仲良くできるのでいいと言えばいいんですけどね。

 現在の私は私として、彼を「頑張り屋さんのとてもいい人」と思い、ふつーの友達として付き合っていく分にはなんら支障もなく、純粋に楽しいと思っています。
 でも、時々、「弟」だった時の気持ちが湧き上がってきて、ふつーの友達以上に、例えるなら家族のように、本当の弟のように思えてきます。
 だけど、彼はそんな事は知らない。私のことをふつーに友達にしか思っていないと思います。だから、そんな時は、私の「想い」が通じなくて、届かないことが、苦しくて哀しくて寂しいと思ってしまうのですね。

 生まれる前の記憶は、あくまで生まれる前のものであって、現在に引きずってはいけない想いだと思うし、それに振り回されてもだめと思うし、それを大事にするあまり、現在のお互いの幸せを壊すことになってはいけないと思います。
 そう思う気持ちが、「苦しくて哀しくて寂しい」気持ちと喧嘩すると、ああ、もうぼろぼろ(^_^;) どうしようもなく、ぼろぼろになってしまいます。

 バランスを取ろうと、なるべく家族とかに心配かけないよう、自分自身の中だけで消化しようとするのだけど、たまってくるとなんともならん・・・。てことにもなるんですよ・・・。
 昔からの友達に話をしたり、メールをしたり、今、周りにいてくれる友達と遊びほうけたりするんだけど、なんともならん時もあって。まったくもって、修行が足りません。

 きっと必要があれば、私がこんなにきりきりしなくても、悩まなくても、考えなくても、あっさりすっきり相手に本意を伝えられるのだろうけれど。
 それが、理屈で、頭でわかっていても、心は、気持ちはついていかなかったりして。情けないけれど。私はそんな風にあがきながらでしか生きていけないんだなあ・・・。

 昨日のビッグウェーブを乗り越えて、今は少し落ち着いています。旦那さんにはめちゃくちゃ心配かけてます。ちゃんと話せてないのでよけいです。
 で、昨日、初めて長女に生まれる前の話をしました。彼女がどう思ったかよくわからないけれど。私が泣いている理由を知ったことの方が大きかったみたいだったな。
 自分一人でなんともならんのなら、カミングアウトも必要なんだなあ・・・って、しみじみ思いましたよ。私の中で、長女が、私のことを知ってくれているというだけで、ものすごい安心感があって。家族って、大事だなあと思います。だから、今夜は頑張って、旦那さんに感謝をしながら、心配かけたお詫びをしなくちゃと思ってます。ちゃんと話せるといいんだけど。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2006.04.24

成分解析

 前にミントちゃんの日記で紹介されていた成分解析。私もやってみました。

 まずは、HNから・・・

  橘風流の82%は蛇の抜け殻で出来ています
  橘風流の10%は税金で出来ています
  橘風流の3%は気の迷いで出来ています
  橘風流の3%はマイナスイオンで出来ています
  橘風流の2%は濃硫酸で出来ています

 へ、蛇の抜け殻ですかー?(笑)
 税金も使われていたのか・・・。

 で、本名は・・・

  ○○○の56%は世の無常さで出来ています
  ○○○の32%は濃硫酸で出来ています
  ○○○の7%はお菓子で出来ています
  ○○○の5%は歌で出来ています

 世の無常さかよ・・・
 濃硫酸かよ・・・

 てな事で、けっこう笑えたので、家族や友達も解析して一人楽しんでいましたとさ(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.04.19

翻訳機がほしい!

 タイトルです(笑)
 いや、外国語のじゃなくて(^_^;) なんて言うか、人の言葉って、その言葉どおりじゃなかったりするじゃない?
 その裏には、悪意や妬みやそんなものもあったりする。反対に、善意や愛があったりする。 悪意や妬みは翻訳してくれなくてもいいんだけど(^_^;)
 さりげない言葉の中に、何気ない言葉の中にある善意や愛が見えない時。そうなんじゃないかと確信が今一つ持てない時。その人が、本当は『大好きだー!』とか『ありがとうー!』って言いたいんだけど、うまく言えない時。
 そんな時に、翻訳機がほしい。私の言語に直してくれる翻訳機。そんなのないかな。てか、ないよな。

 いや、本当は、そんな翻訳機があるのを知っている。でも、それはどこにも売っていない。誰も作れはしない。
 その翻訳機を手に入れようとすれば、その相手とコミュニケーションをとるしかないから。時には誤解したり、誤解されたり。怒らせたり、怒ったり。傷つけたり、傷ついたり。そうやって一つ一つ、相手の言葉にあう自分の言葉を探していくしかないから。
 お互いに探しあいっこできたら早いけど。相手にその意思が薄い時は、時間もかかるし、むなしくもなってくる。
 でも、わかりたいと思えば、こつこつと繰り返していくしかない。いつまで、どこまで?と思うけれど。相手が翻訳機をくれるまで、頑張るしかないんだよな・・・。

 御山のお父さん。私は翻訳機を手に入れる事ができるでしょうかねえ・・・?努力は惜しんでないつもりだけれど。。。(謎)
 あ、(謎)ついでに。後ろのお姉さんに、自分が私と繋がっているって事をちゃんと相手に伝えるよう、父上からも言っておいてください。これじゃ、いつまでたっても、わかってもらえないじゃん。私の頑張りを無駄にしないでって(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.04.18

さくら

Dsc00875  先週の水曜日に旦那さんのおばさんが、自動車事故にあいました。金曜日の昼過ぎ、此の世を去りました。
 金曜日から月曜日にかけて怒涛のように時間が過ぎていきました。なんと言うか、世の無常を感じますな。
 親戚づきあいはほとんどないおばさんではありましたが、理不尽な理由で突然此の世を去らなければならなかったおばさんと残されたおじさん家族を思うと、言葉がありません。
 みなさん、本当に運転には気をつけましょう。事故はされても起こしても、本当につらいものです。

 世の無常を儚んで(笑)旅に出ました。人々は屈託なく、さざめき笑い、悠久の風景は変わらずにそこにあります。何十年、何百年と移り行く季節と人々を眺めてきただろう木々や建造物は、ただただ静かにそこに佇んでいます。
 気がつけば、帰れそうに思っていた時代にも、もう帰れない。そんな年齢になってしまったかなあ・・・と思います。
 あと、何十回この花を見る事ができるかなあと、散り行く桜の花びらの下、今を盛りと咲き誇る花を眺め、春の風に吹かれながら、そんなことを思いつつ。
 ひと時、ひと時をきちんと過ごしたいと思いました。嬉しいこと、哀しいこと、いろいろな想いをその時その時、きちんとした言葉で相手に伝えていきたいです。

 願わくば 花の下にて 春 死なむ そのきらさぎの 望月の頃  (西行法師)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.04.12

努力は・・・

 努力というものは、簡単なようで難しい。
 自分が決めた目標や夢に向かって、行動するわけだけど、あまり芳しくない状態が続くと、気力は萎えるし、努力も無駄に思えてくる。
 信じて頑張るわけだけど、成果が実感できないと辛い気持ちにもなる。
 これだけやっているのに、まだしなくちゃいけないのか?と恨めしい気持ちにもなるし、どうせ私は何をやってもだめなんだと思ったりもする。
 それでも。私は努力することをやめたくはない。もし、努力が足りなくて、力が足りなくて、才能が足りなくて、目標や夢が実現できなくても、努力することを止めたくないんです。
 人間なんて先のことなんか誰もわからない。この先が幸せかそうじゃないかなんて誰も知らない。だから、少しでも可能性や希望があるなら、少しでも自分の中に思う事があるのなら、やっぱり、努力することを止めたくはない。
 後悔なんていつもしている。後悔しない人生なんてあるんだろうか?でも、私は後悔することはあっても、不幸せに思ったことはない。自己満足なのかもしれないけれど、それは努力を忘れないからだと思う。
 努力して無駄なことはないんじゃないか。多分そんな風に思っているから不幸せを感じた事がないんじゃないか。
 行動も言葉も降り積もる。見た目にはわからなくても、ふと振り返ったとき、必ずそれは形になっている気がする。自分の思う形ではないかもしれないけれど、無為に過ごすよりはずっとずっと有意義な気がする。

 今、努力してもどうしようもなくて、辛くて苦しい人もいるだろうけれど。どうか、努力を忘れないでと思う。何もシャカリキになって必死になる必要はないけれど。自分のペースで、自分のできる努力を忘れずにいてほしい。
 きっと、必ず、何かが残るはずだ。努力する人間はそれだけで価値があると思うし。いつか絶対に幸せだと思える時が来る。

 うまく言えないけれど。今、未来に不安を抱え、寂しさに身を震わせている友人達。あなた達の頭上にも必ず光は射すから。きっと、無駄なことは一つもないから。
 いつも、あなた達のそばにいる。けして独りではないから。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.04.09

変な天気

Dsc00821_1  今日は、地元の桜通りでお祭りがありました。近頃仲の良くなったお友達二人と三人で、ランチをしたあと、そのお祭りを見に、ふらふら出かけました。
 でも、4月とは思えない風の日で、桜も吹雪いていてたりして・・・(^_^;)おまけに変な天気で、春なのに、雨降ってないのに、煙っているような空気。どうも、黄砂のせいとニュースで知ったけど。曇っているんだけど、太陽が雲に透けて見えるし。こんな感じの天気なら、冬なら間違いなく雪降ってるよねと思うような。ほんと変なお天気でした。

 女三人寄れば、姦しいと昔から言いますが、さすが、話しがつきません。仕事の愚痴やらなんやらなんかずーっとしゃべっていた気がする(^_^;)
 同じ事があっても人によって受け取り方も感じ方も違うんだなあと改めて思ったし。それぞれ性格も違うから、それはあたりまえのことなんだろうけれど。受け取る側によって、同じ人が同じことしても、こんなに感じ方が違うんだと思ったなあ・・・。
 それに、「はあ?」とちょっとびっくりすると言うか、「どうしてよ?」と思うこともあったりして、なんだかなー・・・だったなあ。

 どれだけ、相手を思って、良いようにと考えて行動しても、言葉一つでフォローのあるなし一つで、相手の取りようは180度違う。自分もそうならないようにしなくちゃと、気をつけなくちゃと思いました。
 自分ではそういうの、よく見えなかったりするから、知らないうちに悪く取られていたらいやだな~。
 本当に、気をつけなくちゃ。でも、気を使いすぎて、回しすぎて、肝心なことできてなかったりするのもなんだかなーだから、む~~。難しい・・・。 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.04.04

ちび水晶

Suisyou  前からいつも持ち歩く水晶がほしくて探していた。年が明けてから水晶を買い求めたけれど、何かが違う気がして、自分の手には少し大きい気がして、そちらは大事な友達にあげることにした。
 で、自分用にも探していたのだけど。写真の水晶は針水晶で、見た目少しブラウンがかっている。針水晶と言うくらいだから本当は針が入ったようになっているのだけれど、これはあまりそれがない。
 手に取った時、けっこうしっくり来たので、これにした。ちょうど手に握るのに良い大きさで、ごつごつしているから両手で転がしているとツボマッサージしているみたいだ(笑)
 まあ、割と気に入っているので、たいてい持ち歩いている。疲れたときなどは、額に当てるとすっきりする気がする。
 パワーストーンの正しい扱い方はよく知らない。先月、神社の御手洗の川でお清めはしたけれど。パワーチャージとかはできるのかな?
 月光浴や日光浴がいいとか、満月がいいとか新月がいいとか、塩がいいとか水がいいとか。いろいろ言われているけれど、どうするのが一番いいのかな?知っている方見えたら教えてください。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2006.04.01

書けない・・・

 書けないんです(^_^;) 「修司と密」が。いや、まあ、別に書けなくったって、私はプロではないのだから、どこにも迷惑はかけないし、生活に支障も出ないんですが・・・(^_^;)
 でも、書けない・・・。趣味とはいえ、物書きたらんとしている者にとって、書けない状態は辛い・・・。これ、本当にプロの人が、こんな状態に陥ったら、むっちゃあせったり、落ち込んだりするんだろうか?
 本当に、すっからかんで、何にも出てこないんだよね。何をそんなに使い果たしちまったんだ?くらい、全然なし。
 出てくるときは、エピソード満載で、どれをチョイスするか迷うくらいなのにねえ。
 出てこないってことは、書けないってことは、もう終わりってことかなあとか、違う方向に思考が走っていきそうになるので、いやなんだけどね。
 ん~~。中途半端で終わらせたくないので、きりがつくまで書くけれど。しばらく、充電しないと無理かな(^_^;)

 昨夜。唐突に泣けてきて。10時半過ぎ。ただ、泣けてきただけだけど。苦しいとか切ないとか哀しいとかじゃないなあ・・・。なんだろう。ただ、泣けてくるだけ。誰が泣いているんだろうか。誰がそばに来てくれたんだろうか。
 10時前くらいも、涙出てきて慟哭するほどだったけれど、それも無感情な感じだった。ただ、泣きたいだけ。みたいな。たぶん、10時半過ぎと同じ。
 御山関係の御方々がそばにいらしてくれた時とは違う。誰かが苦しみを訴えているのでもないし。
 あの子かなあ・・・、この子かなあ・・・とか、思ってみてもわからないし。同じならわかればいいのに。
 でも、たぶん。一人になった時に声を出して泣ける人の涙じゃないと思う。一人になっても、泣きたい気分でも、泣かない人、泣けない人の涙なんだろうな。代わりに泣いてあげるって、辛い。だって、その人は、私が代わりに泣いてること知らないんだものね。

 今朝の夢は、電話があった夢だったな。
 なんか、友達からの電話だったんだけど、車が壊れちゃって、電車で帰らなくちゃならなくて、やってられない~って感じで話をしていた。何気ない会話だったんだけど、私は途中で泣けてきて、返事もできなくて、話もできなくて、「ごめんね、なんでもないんだ。」と相手に言うんだけど、相手は「なんでもなくないんでしょ?」と言うから、「分かる?」と聞いた。そしたら、「分かるよ。」と言ってくれたんだけど。現実でも分かってくれると嬉しいんだけどね・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2006 | Main | May 2006 »