« June 2006 | Main | August 2006 »

July 2006

2006.07.31

お葬式

 土曜日に、旦那さんのおじが入院したと聞いた。前におばさんの葬式に会った時、元気そうではいたけれど、けっこうむくみがひどくて腹水も溜まっていると言っていたから、体に気をつけてと思っていたけれど。

 日曜日の早朝、容体が悪いから、病院に来てくれと連絡があった。そして、その日の午前10時前に永眠。あっという間に旅立ってしまった。
 ぶっちゃけ、そのおじさんのところとは、親戚の葬式とかそういう時しか顔を合わさないから、付き合いと言うのはほとんどない。実際にあったことも10回あるかないか。でも、いつも朗らかでおもしろい人だったし、話す時も嫌味もない人だったので、けっこう好きだったかな。

 火曜日が友引で、夏と言うこともあって、急遽、日曜日にお通夜、月曜日にお葬式となった。
 月曜日は月末で一番忙しい日だったけれど、こればっかりは仕方がない。日曜日の昼過ぎに係長くんに電話連絡したら、「え~~?うわ~。そうなん、でも、こればっかりは~~。ん~~。がんばります。はい。」と言っていたな(^_^;)

 前回のおばさんの時は、若くしての事故が死因だったので、空気も重く、いろいろな想いが渦巻いていて、大変だったけれど、おじさんは79歳で、まあ、年齢相応だったからか、「爺の葬式、孫の祭り」状態で気疲れはしたけれど、大変ではなかった。やっぱ、違うのね。

 ほとんど泣くこともなく過ごせたけれど、出棺の時は、家族全員の寂しさと哀しさが押し寄せてきて、一気に落涙。おじさん、家族に愛されていたんだなあ・・・と、幸せだったんだなあ・・・と思った。

 しかし、79歳といっても、実際身近な人が亡くなると、まだ若いのに・・・と思ってしまう。86歳になる祖母が逝ってしまう時も、きっと、もっと長生きしてほしかったと思うのだろう。
 40歳過ぎて、筋肉もたるみ、体力もなくなってきて、年齢を実感する。どれだけ、若いつもりでいても、10歳年下の子や20代の子を見ると、自分の年齢を実感するな。50歳を過ぎたら、今よりもっと先が見えてくるのだろう。
 あと、どれだけの時間があって、どのくらいの事ができるのかな。悔いの残らぬよう、毎日を過ごして行きたいものです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.07.29

夢のお話

とりあえず、書いておこう(笑)


 会社でお昼ご飯を食べる時、一人じゃ寂しいからと思い、休憩室ではなく、事務所で誰かと食べようと思った。でも、他の人は、すでに食べ終えていて、横になって眠っている。
 私は一人で食べていたけれど、ふと気がつくと、机の上に、宿題っぽいワークノートのようなものが置いてある。開けてあるページは数学なのか算数なのか、「規定値とその表」みたいなタイトルだった。
 答えは書いてある所とないところがあって、赤ペンで丸がふってあったりする。なんだろうと見てみると、他に国語とか理科とかもあった。
 しばらくすると係長くんが起きてきて、それは甥っ子の宿題で自分が添削しているのだと言った。


 家の用事も終わって買い物に出かけた。商店街などをうろうろしたけれど、特に何もかわずに帰る。
 帰った先は、建て替える前の実家で、祖母がたくさんの買い物袋を玄関前に置いて待っていた。鍵がなくては入れなかったらしい。
 私は、祖母が鍵を持たずに出かけていたのに、家にいなくて申し訳ないと思っていたが、ふと気がつくと、部屋の掃き出し窓が開いていて、そこから入ればよかったのにと思った。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.07.22

瀧原&お木曳き

Dsc01128  長雨の晴れ間。3週間ぶりにちゃんとした休日を取れた旦那さんと伊勢方面へドライブ。

 ずいぶんと久しぶりに瀧原宮に行ってまいりました。3年ぶり?4年ぶりくらいかな?
 参道で写真を撮っていたら、地元のおじさんに声をかけられて、実は今日が夏の御祭の日だったことを教えられる。天候の加減と曜日の関係で翌日に延ばされたらしいが、旧来より7月22日がその日だそうだ。言われてみれば、本殿前にもテントが張ってあって、椅子とか置いてあったな。

 天気のせいか、その御祭のせいかはわからないけれど、今日の瀧原はすかーっと抜けていた感じ。御手洗の川は相変わらず煙っていたけれど、それでも明るかったかな。

 

Dsc01148  瀧原だけじゃ、時間が余りすぎるので、帰りに伊勢によった。瀧原から30分あまりで到着。山があるから遠く思うが、案外に近い。宮川を下れば、伊勢に着く。古来、そうして川を下ったり、上ったりしたした人々も多いのだろうなあ。
 ちょうど、今日はお木曳きの川曳きの日で、内宮に着くと「えんやーえんやー」と声が聞こえてくる。五十鈴川にたくさんの人が入っていた。
 風は心地よく、そんなに暑くはない。でも、陽射しは夏の強さだったから、日の当たるところではきついだろうなあ。川に入っている人たちは水がいい加減の冷たさだろうから、かえって気持ちいいかも。
 友達にメールしたら、その子は日曜日に川曳きをするんだと言っていた。今日だったら、写真いっぱい撮ったのにネー、残念。
  
  Dsc01154
 川から陸に引き上げて、参道を運ぶのも見たよ。近くにいたおばあさんが「こんなええもの見せてもらって、いつ死んでも悔いはないわ。」と言っているのが聞こえた。
 確かに、20年に一度のことだし、今の自分の歳を考えると、あと2回くらいしか、遷宮には遭遇しないだろう。そうすると、次の遷宮には生きているだろうけれど、次の次の遷宮には生きていないかもしれないしね。
 前回の遷宮は、覚えているようないないようなだし。そう考えると、今日、偶然だったけど、お木曳きの川曳きを見る事ができて、良かったなーって思ったよ。ほんとう、一生のうちで、見ることができたのは、今回きりかもしれない。

 なんてことを思いながら、おかげ横丁へ(笑) 夏の定番、赤福氷をいただいて帰りました。
 ふと思い立ち、ふらっと行った伊勢だったけれど、なかなか楽しめたよ。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2006.07.20

バトンが回ってきたー

ミントちゃんからバトンが回ってきました。久々です。回すのは得意ではないけれど、回ってくるのは歓迎です(笑) うちで止まっていいのなら、皆さん回してくださってけっこうよ。

では、いってみまーす。

[指定型★バトン]のルール
◆廻してくれた人から貰った『指定』を『』の中に入れて答える事。
◆また、廻す時、その人に指定する事。



◆最近思う『夢』
ん==。最近思う「夢」。
眠っている時に見る夢は、本当にいろいろで、意味がありそうなのやなさそうなのや、予知夢だったり、関係なかったり、知らないこと教えてくれたり、願望だったりするんだけど。

目標としての「夢」はなかなか実現できずにいますなー。いくつになってもいいからかなえたいものです。

◆この『夢』には感動
感動した夢・・・。むー。なんだろう。夢が叶って感動って言うのも、自分のも人様のもないかもしれない・・・。(ん~~、あるいみさみしいな。)

◆直感的『夢』
予知。教え。導き。だったりします。

◆好きな『夢』
そりゃ、目覚めのよい夢(^_^;)
あと、好きな人が出てきて、私に親切な夢。夢判断や夢占いがどうであれ、よい気分になれる夢はもれなく好きです。

◆こんな『夢』は嫌だ
グロイ夢や哀しい夢。ちなみに殺される夢より、追いかけられて逃げられない夢のほうが嫌です。

◆この世に『夢』がなかったら
きっと、ふつーのおばさんになれていたと思う。

◆次に回す人、5人(『指定』付き)
すんません、うちで止めちゃいまーす。

夢って、本当にわけわかめなんで、なんじゃらほいと思います。総天然色で妙にリアルだし。夢のすべてが妄想で想像で、意味ないんだよっていうなら、それの方がいいなあと思うけれど。
夢で教えてもらったって、相手に自覚なければ、どう伝えていいのやら。だったりするときもあるし。
夢ってねー、なんでしょうねー。

Dsc01111 で、写真は多度大社の滝。雨の日に行ったせいか、大歓迎を受けました(^_^;)
 この日は、「ハクバ」は私と一緒に行きたがって、先触れはしてくれなかったんですが。そのせいか、錦山号ににんじんやってたら、やたら興奮されました。横か後ろに「ハクバ」がいたみたい。動物は敏感だー。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2006.07.18

いろいろ

今日も夢の話。でも、やっぱり、断片的にしか覚えてないので、箇条書き。

★京都の友達に、泊まるホテルを手配してもらう。旦那さんと一緒にいったのだけど、なぜか泊まるホテルは別々だった。私の泊まったホテルには、バイキングのおいしいお店があって、次の日に会う仲間達とはそこで食事をしようと思った。

★私は、一つの部屋にムーミングッズをコレクションしていて、いろんなグッズを並べてある。友達が「このフローレンが、ムーミンとセットになりそうだったから。」と持ってきてくれる。大きさと言い、色と言い、ムーミンとセットっぽく見えた。でも、フローレンと一緒にいるニョロニョロやスナフキンの顔がへたれだった。

★一組のカップルがいて。でも、女の子の方はまだ幼稚園くらい。男の方は成人男子。男は女の子の面倒をよく見ていて、世話をしている。女の子はわがままだけど、かなりしっかりしていて、男を尻に敷いている感じ。ある日、女の子は眠っている間に大きくなる。実は、彼女は男と同じくらいの歳だったのだけど、あまりに女の方が強いので、子どもに変えられていたらしい。女の子は目覚めると、男に向かって「誰?」と聞く。男の方も、メガネをはずしたり、ヘアスタイルを変えたりしていて、前とは少し雰囲気が違うみたいだった。

★化粧品を買ったら、化粧方法を書いた小冊子をくれた。それには化粧用のブラシと試供品もついていた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.07.17

川で・・・

 今朝の夢。断片的にしか覚えてないので、箇条書き。

■河原の砂場で座っていると、旦那さんがスコップで足元に穴を掘って、足湯ができるようにしてくれた。川なのだけど、温泉も出る?

■旦那さんは、裸に近い状態で、スコップで川の中ほどを掘り始めた。それで、いい温泉ができるようだ。

■旦那さんはどこかの店の一部を借りて、革紐とかリボンを売っていた。私はブレスレット用の紐がほしくて、お店をうろうろしていた。旦那さんのブースのディスプレイには私が作った服やオークションで落札した服が飾ってあった。

■川は幅がけっこうあって、水はとてもきれいだった。河原は砂と石とか岩だった。深さはそれほどなく、おおむね膝まで。中には少し深そうなところもあった。いろんな人がその川を渡ったり、道のように歩いていた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.07.14

恋心100%なありがとう・・・

 密かに運営しております「恋心100%の友情~2~」コンテンツ。カウンターを設けたところ、昨年暮れから600を超えるアクセスをいただいております。

 同じ方がアクセスしてくださっている場合もあるかと思うのですが、それでも宣伝も何もしていないコンテンツに一ヶ月平均100のアクセスをいただいて、とてもありがたいです。
 
 「恋心100%の友情」は、言葉どおり、恋心なんだけど、「お友達」な感情です。いつまでも「恋心」はなくしたくないもの。恋心と同じようなときめきで誰かを思い、誰かを慕い、誰かを好きになり、誰かと仲良くなれたら、素敵だろうなと思います。

 そんな気持ちの端々を、いろんなキャラクターが語っているのですが、その中に一つでも共感していただけるものがあれば、嬉しく思います。
 
 これからも、細々と更新していきますが、よろしければ、いつまでもお付き合いくださいませ。
 で、もし、こんな気持ちを形にしてほしいと言うことがあれば、こっそりお知らせください。拙いながらも精一杯で言の葉を紡ぎます。

 とにかく、見てくださってありがとう。とても嬉しく、幸せに思っております・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.07.10

ココログは・・・(゜゜)~

 昨日も今日も。ブログの更新をしようと思ったんだけど、重たい・・・。タイムアウト続出で、あきらめたんだけど、今朝見たら、二つはちゃんとアップされていた。でも、土曜日のがアップされてなくってさ~。
 他の人も、時々ぼやきを書いているのを見たことあるけど、ほんま、何で月曜の朝一番でこんなに重いんや~~。

と、いうことで、金土日の日記、今はちゃんとアップされてると思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.07.09

好きだった人

 夢のお話。

 昔、好きだった人が夢に出てきて。
 みんなで雑談していて、好きって言われたら誰を選ぶ?って言う話になった。AさんとBさんとCさんの中からだったら、誰を選ぶ?って。
 そしたら、好きだった人は、私の頬を指でつつきながら、「一番好きなのは君。」と言ってくれた。私は嬉しくて、その後もみんなと話していたのだけど、その人の背中から、その人の首に腕を絡ませながら、話をしていた。

 好きな人が夢に出てくるのは、夢判断や夢占いでは自分の願望だと言われるし、かえってよくないとか言われるけれど、気分の良い夢だったから、なんでもいいやって感じ(笑)

 あ、それから、昨日とおとついの日記も書いてあります~。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2006.07.08

初対面@京都

Dsc01098  先日、逃避行に行ってまいりました(笑)

 いつものように、京都へプチ旅行。今回は、長らくネット上ではお付き合いのあった友人と初対面。もうかれこれ、4年にはなるんだけど、なかなか会えなくて、今回も会えそうになかったんだけど、急遽会えることになったのでした。

 

 

 お昼頃に八坂神社の階段下で待ち合わせ。やはり、メールやチャットでお話ししているせいか、初対面な感じなし。そりゃ、初めて会うから、それなりに気を使ったり、自分の変なとこ(笑)を出すタイミングを図ったりはするけれど、そういうことあまり気にしないで話したりできるのは、やはりネット上でいろいろ話をしているせいかな。それとも、むちゃ、気が合ってるってことかも(笑) 

Dsc01094  とりあえず、お昼だったので、何を食べようと言うことになったのだけど、ちょうどこの日の朝にテレビで放映されていたという「かぼちゃのたね」っていうお店に行くことになりました。なんでも、中村獅童さんらが南座に来たときによく利用するとか言うお店で、うなぎ丼定食とかぼちゃのコロッケを注文。

 

 

 

 うなぎ丼は、京都というか関西だというのに、関東風。私は関東風のうなぎを食べた事がなかったので、初体験。ん~~、お友達は元々関東の人なのでこれが普通だといっていたけれど、関西風に慣れている私にはちょっと頼りない感じ?こちらのうなぎは焼いてあって、食べた時にかりっと言うか、ぱりっと言うかそういう食感もあったりするので、それがないのがちょっと頼りなく思うのかな?

Dsc01092 かぼちゃのコロッケは、かぼちゃをつぶしてクリームを混ぜてあるみたいで、とってもクリーミー。で、中にはシメジが入っていてその食感がまたなんとも言えずマッチしている。ソースをつけて食べてもいいし、そのままでもかぼちゃの味わいがグッド。おいしかったです~~。写真は、お店限定の冷酒。隈取がかわいく見える(笑)

 そのあと、霊山資料館へいきました。資料館までの坂が、半端じゃなく急で長い!死ぬかと思った(大げさ)中は、まあ。こんなものかな~って思ったけれど。新撰組や吉田松陰や幕末の歴史を知りたければ、スタートにはいい感じな内容だったかな。ある程度、知ってる人には、復習できるけれど、ちょっと物足りないかもねー。でも、初めて行ったので、それなりに楽しめたな~。

 中にジオラマが3つくらいあったのだけど、池田屋事件のジオラマにはフルタ製菓のフィギュアが使われていました。うちにもいくつかあるよー、あのフィギュア。実際、こんな風にジオラマにして、中においたらけっこう迫力あるじゃん。いい感じー。

 最後のコーナーに、実物大の大きさの土方歳三と坂本竜馬と徳川慶喜のパネルがあって、記念撮影できるようになっていました。旦那さんが敏さんと竜馬さんと写真を撮っていた(笑)歳さん、160センチくらい。竜馬さん、170センチくらい。慶喜君、150センチ。小さいー。

 うちの旦那さんは174センチだから、竜馬さんはこのくらいの背格好だったんだなーって。当時としては大きい方か?歳さんは160センチくらいだから、私よりちょっと大きいだけだったんだなー。まあ、そういうのも、数字で頭でわかっていても、実物大のパネル見ると実感できるねー。

 霊山資料館をあとにして、坂道を下っていくと、どこかで見たような家が。ん~~と考えて思い出した。山村美沙と西村京太郎のおうちだ。前にテレビで放映されていたよね。それで見覚えあったんだ。そうかーこんなところにあったのかー。いいなあー。住みたいよ~、京都。

 坂を下りきって、イノダコーヒーで休憩。不思議系の話やいろいろお話して。

 友人とは初めてお会いしたのだけど、見た目はこうスカーッとまっすぐな印象の方でした。でも、奥はどう?(笑)多分、同じような心持ちなんだろうな。旦那さんもいたから、お互い遠慮していたと思うけれど、これ、二人とかもっと「同志」な集まりなら、きっとブレイクしていたでしょう(笑)って感じしました。とっても、楽しかったです。また、ぜひぜひお会いしましょうね。今度は、もっとブレイクしましょうぞ(^_^)

 友人と別れてからは、四条まででて、いつもの石屋さんに。友達にブレスを頼まれていたので、見に行ったんだけど、ルースもなければ製品もなくちょっとがっかり。で、ムーンストーンの価格調査もしたけれど、やっぱり大きいものになるとある程度するんだなー。こちらはもう少し時期が来るまで懸案事項として残しておくことにしました。まあ、もう一人の友達用のルースが手に入ったので良しとしなくちゃね。

 そんな感じで、久しぶりにたくさん歩いたなーって感じです。でも、やっぱり京都はええわ。空気の匂いが違う気がします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.07.07

コンタクトレンズ

 コンタクトレンズ、入れてみて3日目。ソフトコンタクトがこんなに違和感なしな物だとは思わなかったなー。つけてる感じがほとんどしない。なのに、遠くは見える。物は大きく見えるし、顔は暑くないし、大げさだけど、快適だー。なんか、まだ、自分の顔が見慣れないんだけど、そのうちそっちの違和感はなくなるだろうと思うし。あ、そうだ、サングラスを買おう。車の運転まぶしいの。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.07.02

蚊遣豚アート展

200607021625000  毎年恒例「蚊遣り豚アート展」。今年も友達二人が出品しているので、見てまいりました。
 毎年毎年、時事ネタ、パロディー、趣味に走ったものが展示されていて、中にはこれのどこが蚊遣り豚?というくらいアーティスティックに変貌を遂げている蚊遣り豚もおりますが(^_^;)

 作者の思い入れ?遊び心?が伝わってくる力作ばかりでした。Kinchoも協賛?後援?していて、企画展としてはかなり本格的かなー。

200607021620000 200607021618000

 

 

 

 

 

 

 ディープインパクトン(ディープインパクト)、二トン(NIKON)、セコブ(SECOM)、ルイブトン(ルイヴィトン)、とかのパロディものや、メイド豚とかワールドカップとか、いろいろ。けっこう笑えるものから、感心するものまで多々あり。
 参加費払って参加するんですが、参加記念としてKinchoグッズがいろいろもらえるらしい・・・。来年はチャレンジしてみようかな・・・?

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2006.07.01

視力

 「認めたくないものだな。若さゆえの・・・。」

 古い台詞ですが。(笑)
 最近は

 「認めたくないものだな。歳ゆえの・・・。」

 に変わってきている・・・!うにゃ~~~!!

 ええ、ええ。歳とともに実感するものは多々ありますが、決定的にガボーンとくるのは、私の場合、視力です。はい。
 何ガって。近くのものが見えにくい・・・!・・・老眼・・・?ええ。たぶん、まぎれもなく。

 私は近視なので、めがねをかけております。で、2年ほど前、前のめがねが見えすぎる気がして、度を落としたんです。
 なのに。この1年くらいで自覚はあったんですが、どーも、近くのものが見えにくい。
 たとえば、文庫本。たとえば、書類。たとえば、鏡で自分の顔をアップで見る。ぼやけてるんですよ。はい。見えにくいんです。めがねはずすとしっかりはっきり見える・・・。
 でもね。めがねはずすと、相変わらず遠くは見えない・・・。

 いやー。まいった。

 で、近々ちゃんと眼科へ行って、検診受けてこようと思ってます。でもって、思い切ってコンタクトレンズとやらも視野に入れようかなと。最近では遠近両用もあると聞くし。
 上の子が2WEEKDAYのコンタクトしてるんですが、お手入れ簡単そうだし。専門家に相談しようかなと。
 めがねは気軽で楽なんですが、夏場は暑いしねー。どうしてもレンズ通すと物が小さく見えるしねー。
 今度仕事が休みのときにでも、行ってこようかなと。真剣に考え中です。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« June 2006 | Main | August 2006 »