« バトンが回ってきたー | Main | 夢のお話 »

2006.07.22

瀧原&お木曳き

Dsc01128  長雨の晴れ間。3週間ぶりにちゃんとした休日を取れた旦那さんと伊勢方面へドライブ。

 ずいぶんと久しぶりに瀧原宮に行ってまいりました。3年ぶり?4年ぶりくらいかな?
 参道で写真を撮っていたら、地元のおじさんに声をかけられて、実は今日が夏の御祭の日だったことを教えられる。天候の加減と曜日の関係で翌日に延ばされたらしいが、旧来より7月22日がその日だそうだ。言われてみれば、本殿前にもテントが張ってあって、椅子とか置いてあったな。

 天気のせいか、その御祭のせいかはわからないけれど、今日の瀧原はすかーっと抜けていた感じ。御手洗の川は相変わらず煙っていたけれど、それでも明るかったかな。

 

Dsc01148  瀧原だけじゃ、時間が余りすぎるので、帰りに伊勢によった。瀧原から30分あまりで到着。山があるから遠く思うが、案外に近い。宮川を下れば、伊勢に着く。古来、そうして川を下ったり、上ったりしたした人々も多いのだろうなあ。
 ちょうど、今日はお木曳きの川曳きの日で、内宮に着くと「えんやーえんやー」と声が聞こえてくる。五十鈴川にたくさんの人が入っていた。
 風は心地よく、そんなに暑くはない。でも、陽射しは夏の強さだったから、日の当たるところではきついだろうなあ。川に入っている人たちは水がいい加減の冷たさだろうから、かえって気持ちいいかも。
 友達にメールしたら、その子は日曜日に川曳きをするんだと言っていた。今日だったら、写真いっぱい撮ったのにネー、残念。
  
  Dsc01154
 川から陸に引き上げて、参道を運ぶのも見たよ。近くにいたおばあさんが「こんなええもの見せてもらって、いつ死んでも悔いはないわ。」と言っているのが聞こえた。
 確かに、20年に一度のことだし、今の自分の歳を考えると、あと2回くらいしか、遷宮には遭遇しないだろう。そうすると、次の遷宮には生きているだろうけれど、次の次の遷宮には生きていないかもしれないしね。
 前回の遷宮は、覚えているようないないようなだし。そう考えると、今日、偶然だったけど、お木曳きの川曳きを見る事ができて、良かったなーって思ったよ。ほんとう、一生のうちで、見ることができたのは、今回きりかもしれない。

 なんてことを思いながら、おかげ横丁へ(笑) 夏の定番、赤福氷をいただいて帰りました。
 ふと思い立ち、ふらっと行った伊勢だったけれど、なかなか楽しめたよ。

|

« バトンが回ってきたー | Main | 夢のお話 »

日記」カテゴリの記事

Comments

>ミントさん
 ほんとだねー。この日に限って晴れたのよん。日頃の行い?!
 
>小雪さん
 瀧原は思ったよりもスカーンと抜けすぎていました。最近は多度のほうが相性がいいっぽいです。

Posted by: 管理人 | 2006.07.24 10:00 PM

よいお参りをされたのですね。
滝原…いつかいきたいです。

伊勢に、長い事訪れてないです。
また…訪れる事ができるんだろうか。

Posted by: 小雪 | 2006.07.23 11:38 PM

昨日はお天気良くてなによりでした!
あちこちで色んな催しがあったねえ。
ずっと雨だったのに昨日に限って雨があがって、心掛けのいい人がたくさんいたに違いない(笑)

Posted by: ミント | 2006.07.23 04:33 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 瀧原&お木曳き:

« バトンが回ってきたー | Main | 夢のお話 »