« August 2006 | Main | October 2006 »

September 2006

2006.09.29

デフラグかけたい!

 むーん。自己嫌悪してます。はい。
 もう、いったいいくつだっちゅうの>ぢぶん 
 いい加減にしとかんといかんぜよ。>出身地不明
 OS書き換え終わったわいいけれど、ファイルがぐちゃぐちゃな感じ。どこにどのファイルがあるのかわからん・・・。時系列でもアルファベット順でもいいから整理整頓せな。バグるバグる。
 ファイルの削除は後にして、とりあえずデフラグかけたい・・・。かけさせて・・・(^_^;)

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2006.09.25

落ちてる間にも夢

落ちてる間も夢は見ます(笑) いろいろ見たな~。ほんまに、時々、どっちが現実かわからんかったりする(笑) いや、夢は夢じゃ。ちゃんとわかってるよん。

その1
 昔住んでいた自分の家がデーサービスの施設のようになっている。見知らぬ初老の男性がお弁当を持ってきて、冷蔵庫へしまう。窓の外からは遠くに海が見え、景色は良い。友達からケータイに電話があった。友達の彼がここへ来る予定になっていたらしい。どうやら彼は一度ここへ来たらしいが、姿がないので、そう告げると「仕方ない人ね。」と友達はため息をついていた。

その2
 友達のMちゃんと旅行に出かける。旅行と言うより遠足といった感じ?行き先は京都のようだったが。
 トイレに行こうと並ぶが、トイレは自分達の背の高さくらいで檻のような壁になっていた。入るのにはしごを使って登るのだが、Mちゃんはうまく登れない。
 トイレの入り口は、横70センチ縦50センチくらいの穴が空いていて、そこへ足から入って(寝そべって)体を通すようになっていた。私は穴の上にある鉄の棒を両手でつかみ、足からその穴を通り、中に入った。
 中を整頓していると、いつの間にかそれはバスに変わっていた。自動操縦で動いているようだったが、京都ではなく、地元に着くところだった。時間は夕方で夕陽がきれいだった。

その3
 会社だか、会議の帰り、いつも行く焼き鳥屋さんによる。店に入るとマスターや常連客が「久しぶり~」と声をかけてくれる。入ってすぐの席にWATのてっぺい君が座っていた。てっぺい君も飲み友達なようで、親しげに声をかけてくる。「久しぶりやん」と言うと、「僕、もう帰るからさ~」と答える。てっぺい君は「○○ちゃん(私の名前)、僕さ、▲▲(友達の子どもの名前)にムース借りてん。返すの忘れたから、返しといてくれる?」とムースを差し出す。私は了解とそれを受け取った。

その4
 時間は朝なのか、昼なのか。とても明るかった。まだ、真新しい小さなお社に、私は一人の若い女性と一緒にお供えをしていた。お社は一つだったか、二つだったか忘れたが、どうやら並んで二柱祭られているようだった。両方とも女性神のようだ。
 私達はお供えをして、手をあわせる。ふと足元を見ると、お社の礎石の辺りから真っ赤な血が滲み出している。
 「ああ、ここに祀られているのは、人柱になった少女達なんだ」と私は思った。どこのお社かはわからないけれど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.09.23

お天気だったから

Dsc01382  なんだか、すっげーストレスたまって。何もかもほおり投げて、だーれもいない所で、ぼんやりと時間を過ごしたくて。
 朝起きて、すごく天気が良くて。雨降りかもとか言っていたのに、秋晴れのさわやかなお天気で。風は涼しくて、気持ち良くて。
 思い立って、ドライブに出かけた。車で2時間ちょっとの商人の町まで。
 歴史のある街は、風情ある建物に溢れ、水路も残っている。街を歩けば、意外と観光客は多く、道行く小学生達が「こんにちわ」と声をかけてくれる。
 反対に、お寺の門前町だったろう商店街は寂れ、そう言えば駅周辺に大手スーパーが2軒も、ショッピングセンターを構えていたのを思い出した。
 掘り出し物のお盆を買って(写真のお茶器が乗っているお盆)、名物の和菓子でっ稚羊羹と赤いこんにゃくを買って、地ビールを歩きながら飲んだ。
 町へ着いたのが午後3時前で駐車場が5時までだったから、ゆっくりとはまわれなかったけど。でも、日常のことや仕事のこと忘れて、時間がただ過ぎていって、少しのんびりしたかな。
 お天気が良かったから、意外と楽しめた。こんなことなら朝から来れば良かったと思ったが、欲を出せば切りがないから、今日はこれで良かったんだと思った。
 
Dsc01395 Dsc01398 Dsc01401 Dsc01404 Dsc01408

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.09.22

どうにも・・・

 自分がそんなに出来ている人間だとは思ってはいないが・・・。失敗もするし、腹も立てるし、短気にがなったりもするし。人の気持ちが汲めないときも読めないときもあるし。良かれと思った事が単なるおせっかいだったり、押し付けだったりすることもあるし。
 でも。そうじゃない時もあることも知っている。いてくれてありがとうと思いあえる存在であることもあると知っている。
 ちっぽけなものでも、今まで生きてきた年数分の自信も実力もあると自負しているけれど。
 それが間違っているのか?と、思うような場面に出くわして、途方にくれた。まあ、すごいショックで、今までやってきたことは無駄だったのか?と、本気で思った。
 しかし。まあ、やられっぱなしで黙っている性格ではない。年齢分、見た目穏やかに優しく仕返すこともうまくなったもんだ。
 がつんと2発ほど。続けてぼちぼちと。まあ、本当に。
 しかし。どうにも・・・。なんというか、暖簾に腕押ししてるんじゃないかと思うわ。手ごたえないのもいい加減にしないと見限るよッ!
 いつまでも、自分の性格や周りの環境のせいにしてるんじゃないぜ。本当に、いい加減にしないと、神様がなんて言ったって見限ってやる。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2006.09.18

とりあえず・・・

 声をかけたお友達、ブログ読んでくれたお友達、私のために祈念してくれてありがとうございました。
 私の願いが、祈りが叶うかどうかは、多分私の努力次第なのだろうけれど、一人でがんばっていると疲れてしまって投げ出したくなるときがあって、それはきっと私が弱いせいで、相手が悪いとか運が悪いとかじゃなくて、でも、どうにも途方にくれる時は、祈ってくれた皆の力が想いが味方になってくれるんだよね。
 まだ、会ったことのない人も久しく会ってない人も、あなたのその想いが私の力になってくれています。
 うー、祈りが、願いが叶うといい。叶えたい。叶ってほしい。がんばっているけれど、途方にくれる。間違っているんじゃないかとか、無駄なんじゃないかとか、そんな風に思ったりする。
 がんばるけどね。ん、がんばるけど。

 とりあえず、ネットに復帰できるくらいは元気出てきました。いろいろ、ありがとうです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.09.09

月光

200609092306000  お久しぶりです。なんていうか。OSの書き換えしてヴァージョンアップ図っているようで(某Kさん的表現)、頭も心もぐちゃぐちゃな感じです。あとは、いらないファイルを削除して、残っているファイルを整理整頓して、デフラグかけるだけ・・・みたいな。

 さて。皆さんにお願いがあります。て言うと大げさかな?(^_^;) すでに、個人的にお願いした方もいるのだけど。私の願いが、祈りが叶うよう、祈念してくれませんか?

 神頼みは、神に願い祈りをささげたのは、親友の旦那さんを救ってほしいと思ったときでした。それから、娘の受験の時かな。それ以外は、どんなに辛くても苦しくても、大変でも、自力でがんばって、周りの人たちに支えられて乗り越えてきたんですが・・・。

 今回は、もちろん自力でもがんばっているけれど、周りの人たちにも支えてもらっているけれど、神にも人にも頼りたい。
 いささか自分勝手な願いではあるのだけど、こんなわがままは一生のうち何度もないことだからと、自分を甘やかしています。

 全ての神々よ。全ての友たちよ。どうか、私の願いが祈りが叶いますよう。力を貸してください。お願いします。

 感謝の気持ちは・・・、いつも心にあります。どんなに孤独を感じても、寂しいと思っていても、あなたがそこにいてくれていることを私は知っています。それがどれほど幸せで、どれほど嬉しくて、どれほど力強いことか。
 いつもそこにいてくれるあなたや、あなた、あなたにも。心からの感謝と愛を贈ります。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2006.09.01

しばらく・・・

そーぜつ落ち込み中につき。しばらく、行方くらまします。でも、元気ですし。病気じゃないし。生きてますから。ちゅうことで。心配しないでください。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« August 2006 | Main | October 2006 »