« お天気だったから | Main | デフラグかけたい! »

2006.09.25

落ちてる間にも夢

落ちてる間も夢は見ます(笑) いろいろ見たな~。ほんまに、時々、どっちが現実かわからんかったりする(笑) いや、夢は夢じゃ。ちゃんとわかってるよん。

その1
 昔住んでいた自分の家がデーサービスの施設のようになっている。見知らぬ初老の男性がお弁当を持ってきて、冷蔵庫へしまう。窓の外からは遠くに海が見え、景色は良い。友達からケータイに電話があった。友達の彼がここへ来る予定になっていたらしい。どうやら彼は一度ここへ来たらしいが、姿がないので、そう告げると「仕方ない人ね。」と友達はため息をついていた。

その2
 友達のMちゃんと旅行に出かける。旅行と言うより遠足といった感じ?行き先は京都のようだったが。
 トイレに行こうと並ぶが、トイレは自分達の背の高さくらいで檻のような壁になっていた。入るのにはしごを使って登るのだが、Mちゃんはうまく登れない。
 トイレの入り口は、横70センチ縦50センチくらいの穴が空いていて、そこへ足から入って(寝そべって)体を通すようになっていた。私は穴の上にある鉄の棒を両手でつかみ、足からその穴を通り、中に入った。
 中を整頓していると、いつの間にかそれはバスに変わっていた。自動操縦で動いているようだったが、京都ではなく、地元に着くところだった。時間は夕方で夕陽がきれいだった。

その3
 会社だか、会議の帰り、いつも行く焼き鳥屋さんによる。店に入るとマスターや常連客が「久しぶり~」と声をかけてくれる。入ってすぐの席にWATのてっぺい君が座っていた。てっぺい君も飲み友達なようで、親しげに声をかけてくる。「久しぶりやん」と言うと、「僕、もう帰るからさ~」と答える。てっぺい君は「○○ちゃん(私の名前)、僕さ、▲▲(友達の子どもの名前)にムース借りてん。返すの忘れたから、返しといてくれる?」とムースを差し出す。私は了解とそれを受け取った。

その4
 時間は朝なのか、昼なのか。とても明るかった。まだ、真新しい小さなお社に、私は一人の若い女性と一緒にお供えをしていた。お社は一つだったか、二つだったか忘れたが、どうやら並んで二柱祭られているようだった。両方とも女性神のようだ。
 私達はお供えをして、手をあわせる。ふと足元を見ると、お社の礎石の辺りから真っ赤な血が滲み出している。
 「ああ、ここに祀られているのは、人柱になった少女達なんだ」と私は思った。どこのお社かはわからないけれど。

|

« お天気だったから | Main | デフラグかけたい! »

」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 落ちてる間にも夢:

« お天気だったから | Main | デフラグかけたい! »