« 卒業の夢 | Main | そうだ、京都へ行こう。 »

2006.11.21

のだめカンタービレ!

 元々、子どもが借りてきた漫画ではまってしまった「のだめカンタービレ」。クラッシクを主に持ってきていながら、このおもしろさは何だ?!でした。

 主人公のだめがもう一人の主人公であるオレ様千秋に惹かれ、冷たくされようが呆れられようが、わが道をいく姿にある意味感動。
 変な話だけれど、のだめを見ていて思ったのは「自分自身に向き合って、ちゃんと生きてるやつは、魅力的なんだ。」ってことでした。

 借りてきた漫画があまりに気に入ったので、子ども達は自分で全巻揃えてしまったのですが、たまたま、それを見ていた頃、私は「どんより病」の真っ只中でした。
 自分としては、周りに気を使って、自分の都合を後回しにしても、回りがうまく動くことを優先していた。それが高じて、爆発しそうだったんです。
 物分りの良い顔をして、皆のことを考えて、気を使ってってしていくうちに、「自分」がどんどん「自分」じゃなくなっていくような感じで、「どんより病」にかかってました。

 私ってば、いつもチープなやつで、ふと立ち直るきっかけが漫画だったりします(笑)
 ていうか、「どんより病」にかかると何も考えたくなくて、漫画や小説や難しい本をやたら読むクセがありまして。
 去年だか、おととしだかに読んだ横溝正史シリーズ読んで感動してたり、木原敏江とか萩尾もととか青池保子とか読んでみたり、古代史の本とか読んで即行寝てしまったりとか。
 で、ちょっと前は読み返した「フルーツバスケット」だったんだけど、今回は「のだめカンタービレ」。
 のだめの生きる姿になんか大きく頷きながら、「やっぱり、自分は自分だよね。人の枠にはまってどうするんだ!」と思ったりして。

 てな感じで、めでたく「どんより病」から脱出したのですが、ちょうどその頃から始まったのが「ドラマ のだめカンタービレ」
 原作で見ていた音楽シーンが音と共に再現されている!キャラクター達がそのまま動いている!あの時、千秋が、のだめが、心を震わせた音楽はこれだったのか!
 なんか、いっぺんにはまってしまいました。脇を固める役者さんもいい!伊武さんも竹中さんもミッチーも! 若い俳優さんものびのびしていて、いい感じだし。
 まじめでおもしろくて、楽しくて、切なくて、いい感じだ=!と、我が家ではべた褒めです(笑) 

 好き嫌いがあると思うし、原作とドラマは微妙に違うだろうけれど、原作読んでない人も読んだことある人も、良かったら一度ご覧ください(笑)

http://wwwz.fujitv.co.jp/nodame/index.html ←こちらはフジテレビの公式サイト
http://www.din.or.jp/~nino/ ←こちらは原作者 二ノ宮智子さんのサイト
http://shop.kodansha.jp/bc/comics/nodame/ ←こちらは講談社のサイト

|

« 卒業の夢 | Main | そうだ、京都へ行こう。 »

日記」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54235/12763758

Listed below are links to weblogs that reference のだめカンタービレ!:

« 卒業の夢 | Main | そうだ、京都へ行こう。 »