« January 2007 | Main | March 2007 »

February 2007

2007.02.27

春はもうすぐ・・・?

P1070015  今年は暖かいねえ。灯油の使用量が少ないわ(^_^;)
 土曜日に出かけた時、あちこちで梅が満開状態だったのにびっくり。やっぱり、暖かいんだねえ・・・と思った。
 でも、油断大敵。上の子が熱出してしまって・・・(^_^;) 幸いインフルエンザではなかったようで、学校も1日休んだだけですんだが・・・。今度は下の子が喉が痛いとか言う・・・(^_^;)

 写真は、民家の庭先に植わっていた梅の樹。これだけ大きな、みごとな梅なら香りもよいだろうなあ。庭にこんな樹があるなんて、とても豊かなことだと思った。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2007.02.22

電池パック、続き。

 ケータイの電池パック。昨日はどこもショップが定休日だったので、もう一度今日行ってきた。
 お店に入ったなら、若い店員さんが入り口までやってきて「ご用件をお伺いいたします。」とにこやかに言う。ほうほう、なかなか低姿勢じゃんと思ったけど。
 「電池パック膨れている気がするんで~。」と言うと、名前と電話番号を聞かれ、電話を預かりますと持っていった。
 しばらく座って待っていると、別の店員さんが「お待たせいたしました。電池パックを新しいものと交換いたしましたので、そちらでご使用ください。」と丁寧な態度で言う。

 ・・・ここまではよかったんだけどね(^_^;)
 いや、電池パックも無償で交換してくれたよ。何も言わず交換してくれたし。
 けどね。じゃあ、なぜ、電池パックが膨れてしまうのかとか、どういう使い方したらこうなるのかとか、電池パック自体が不良品だったのでとか、今後はこういう使用方法に気をつけてくださいとか、そーゆー説明は一切なしだったわ・・・。

 実は、なんか言われたら言い返そうと(笑)理論武装(大げさ)するために、ネットでちょっと調べていったから、事情は大体わかっていたからいいけどね。
 何の説明もなしかよ~。メーカー側の態度として、その姿勢はどうよ?と思うけど。
 ん~~。なんとなく釈然としないんだが・・・。まあ、いいか。
 電池の減りが早いから、高いけど機種変も視野に入れてあったのだけど、電池パックが新品になったのなら、もう少し持つだろうから、機種変はもう少し後にしよう・・・と思った。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.02.21

電池パックが・・・。

 私はDOCOMOのケータイを使ってます。機種はp901is。前々から、DOCOMOのケータイの電池パックについての不具合とかが言われていたのは風の噂で聞いていたが・・・。

 今の機種にして約一年。今年に入ってから、やたらに電池がすぐに減るようになってしまいました。ひどい時には、メールのやりとりを3回ほど、通話を3、4分するだけで電池の残量が一つになってしまう・・・。
 一年使ってるからかなあと思っていたんだけれど、電池パックで検索したら、902シリーズだけじゃなく、901シリーズでも、電池の不具合があると言う・・・。
 あら?と思い、見てみたら、私のケータイの電池パックもお餅のように膨れてるじゃないか!そう言えば、年明けくらいから、ケータイ握るとぎしぎしすると言うか電池パック入れてあるところがスキマあいてるかな・・・?みたいな気がしていた。
 でも、一年も使っていたら、落としもするし、電池パックの減り方も早いしと気にせずにいたんだよねー。
 使い方がまずいとよく言われるけれど。私は残量一個にならないと充電しないし。充電器に繋げたまま長電話もゲームもしない。
 これは一度DOCOMOショップへ行って話をしなければ・・・。と思って行ったら、今日は定休日だった(^_^;) なんか悔しい・・・(笑) 明日、行こうっと。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2007.02.18

金色の少女

自分の実家へ帰っておりました。

リビングで子ども達や姪っ子たちがテレビを見ながら、ゲームしたり、騒いでいるのを聞きながら、隣接している祖母の部屋のベッドで転寝していました。

夢か現か。
ふと気がつけば、全裸の少女が私の枕元、ベッドに腰掛けていました。半身を私に向け、慈しむような労わるようなようすで、私の体や頭をなでてくれます。
抜けるような白い肌。なめらかな肌。
姪っ子かなあと思いながら、でも、姪っ子なら裸は変だしね。
リアルな感触とリアルな気配。
金色に似た白い後光が差しています。
現実かどうか確かめようと起きようと努力しても、体は動きません。

そのうち、現実の音声が耳に入ってきて、ゆっくり覚醒していきました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.02.13

今年の牡蠣は・・・

Dsc01838  今年はノロウィルスのせいで、牡蠣の売り上げが減っていると言う。そのおかげで、おいしい牡蠣が安価で買えるので、牡蠣好きには嬉しい悲鳴かもしれない。(牡蠣の販売業者にはたまったものじゃないが・・・(^_^;)

 で、いつもの半値くらいで牡蠣が買えたので、お友達を呼んで焼き牡蠣パーティーを開催!
 一人10個は食べられました。いやあ、磯の香りいっぱいでおいしかった~~~(^_^)
 この季節でしか食べられないから、満喫満喫。他に、手羽先や焼きそばやお餅も焼いて、子ども達も大人も大満足。
 晴れていたし、暖かかったので、外で炭起こして食べたんですよ。おいしかったわ~~~。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2007.02.10

コミュニケーション

 誰かを信じていたいと思う。誰かの話を噂を、他人から聞かさせた時、その内容を否定できない時、私はその誰かを信じてはいないのだな。その誰かを信じるに足る「愛情」と「繋がり」を持っていないのだな。
 どうすれば、信じられるんだろう。どうすれば、繋がるんだろう。と、天を仰ぐ。
 行動するしかないのだけれど。自分の「想い」を伝えるしかないのだけれど。どうすれば伝わるんだろうと、試行錯誤だ。
 話してみれば、疑心暗鬼だったと思うし、一つ一つ重ねて行く言葉を大切に思うのだけれど。
 「覚悟」はいつもしているのだから、ためらってはいけない。怖がってはいけない。面倒だと思ってはいけない。
 「本気」を見せれば、「本気」でぶつかれば、何かが動くと知っているのだから。目の前の結果だけを全てと思ってはいけない。
 時間がかかろうが、手間がかかろうが、「永遠」を目指すなら、自分に負けている場合じゃない。

 投げたボールを投げ返してほしい。
 相手が失敗して、投げ返されたボールがとんでもない方向に飛んでいったのなら、私はそのボールを捜すし、走って取りにいく。
 相手のボールを真ん中で受け止められるように、自分も動いて行く。
 それだけを伝えるために、電話をする。

 きっと、きっと、繋がる時がくる。
 自分を信じて、相手を信じて、時を過ごす。

 なんか、そんな感じ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.02.04

大人の遠足、第2弾!

Dsc01802  去年の6月に大人の遠足第1弾「天橋立 豚しゃぶ食べ放題ツアー」に行ったのですが、参加者全員に大好評。なので、第2弾、「越前 かに食べ放題ツアー」を企画、今日行ってまいりました。

 2、3日前は雪が降るほどの寒さだったのですが、今日は思いのほか暖かく、お昼間はバスからお店移動もコートやジャケットがいらないほど。
 行きの道中では、しょっぱなからビールや酎ハイが飛び交い、カラオケやおしゃべりで車内は和気藹々。運転手さんもガイドさんも、前の天橋立ツアーと同じ方だったので、私たちの「ノリ」をよくわかってくれていて、いろんなわがままも快くきいてくださって(^_^;)
 最初は「越前そばの里」。越前そばの由来を聞いたり、作り方を見たりしたのだけど、皆テンション高くてわいわい騒ぐので、ガイドさんの説明、ほとんど聞けず(^_^;) そばの一口試食があったのだけど、おいしかったわ~。
Dsc01805  その後、お待ちかねのお昼ご飯。カニの肩、一時間食べ放題。さすが、カニの威力?いきなり皆、静か(笑)もくもくとカニをむき、もくもくとカニを食べる(笑)
 お刺身にかに雑炊に茶碗蒸しがあったけれど、カニを食べるのが先で、結局茶碗蒸しはパスしたわ(笑)
 カニの後は、カマボコ屋さんや昆布屋さんに寄った後、敦賀のお魚センターでお土産を買いました。
 それぞれで、プチお土産ももらえてお得な気分。

 そんなこんなで、まるっと12時間、なーも考えず大笑いして、いっぱい飲んでいっぱい食べたカニツアーでした。満足です・・・(^_^)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2007 | Main | March 2007 »