« 大人の遠足、第2弾! | Main | 今年の牡蠣は・・・ »

2007.02.10

コミュニケーション

 誰かを信じていたいと思う。誰かの話を噂を、他人から聞かさせた時、その内容を否定できない時、私はその誰かを信じてはいないのだな。その誰かを信じるに足る「愛情」と「繋がり」を持っていないのだな。
 どうすれば、信じられるんだろう。どうすれば、繋がるんだろう。と、天を仰ぐ。
 行動するしかないのだけれど。自分の「想い」を伝えるしかないのだけれど。どうすれば伝わるんだろうと、試行錯誤だ。
 話してみれば、疑心暗鬼だったと思うし、一つ一つ重ねて行く言葉を大切に思うのだけれど。
 「覚悟」はいつもしているのだから、ためらってはいけない。怖がってはいけない。面倒だと思ってはいけない。
 「本気」を見せれば、「本気」でぶつかれば、何かが動くと知っているのだから。目の前の結果だけを全てと思ってはいけない。
 時間がかかろうが、手間がかかろうが、「永遠」を目指すなら、自分に負けている場合じゃない。

 投げたボールを投げ返してほしい。
 相手が失敗して、投げ返されたボールがとんでもない方向に飛んでいったのなら、私はそのボールを捜すし、走って取りにいく。
 相手のボールを真ん中で受け止められるように、自分も動いて行く。
 それだけを伝えるために、電話をする。

 きっと、きっと、繋がる時がくる。
 自分を信じて、相手を信じて、時を過ごす。

 なんか、そんな感じ。

|

« 大人の遠足、第2弾! | Main | 今年の牡蠣は・・・ »

日記」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference コミュニケーション:

« 大人の遠足、第2弾! | Main | 今年の牡蠣は・・・ »