« 夏と言えば・・・ | Main | やっぱり夏は来るんだね »

2007.07.15

餃子を作ってみた

Dsc02158  とある会社で事故品が出て、きざみ韮をたくさんもらった。うひゃあ、どうするんだ、こんな量?と言うくらいの多さだったので、餃子を作ってみようとなりまして・・・。

 家族で餃子を作ってみました。なんと、皮も手作りしてしまったのです。
 薄力粉と強力粉にガラスープと塩を混ぜ混ぜしてこねます。耳たぶの硬さになったら、棒状に伸ばして(こうしておくとあとで生地を作る時らくちん)少し寝かせておいて・・・。
 その間に、タネ作り。最近のミンチ肉には何が入っているかわからないので・・・(笑)、いや、買い物行ったら、なぜか豚ミンチがなかったので、切り落としを買ってきて、フードプロセッサーでミンチ状にしました。
 キャベツとしいたけと韮をまぜまぜして、こちらも塩コショウとガラスープのもとで少し味付け。

Dsc02157 棒状の生地を等分して分けておきます。打ち粉をふるって、麺棒で伸ばす。
 最初は慣れないので、形がいびつだったり、分厚かったり(笑) 子ども達もこの辺から参戦。皮作りにチャレンジ。やっぱり最初はダメダメの皮。でも、数をこなすうちになんとなくそれらしい皮ができました。 写真は、そのそれらしい皮(笑)

 家族そろって餃子を作っていると、上の娘が「うちは両親が仲がいいから本当に幸せだなあ。」としみじみ言い出します。
 上の娘は高校で人権サークルと言うのに入っています。どこの高校も自校だけでは人数が少ないし、活動も広がらないと言うことで、いつもは地域の高校の各サークルが一ヶ所に集まって、ディスカッションしたり、イベントを行う準備をしたりするらしいです。
 で、この間、ちょっとしたイベントがあり、いくつかのサークルが参加して、グループディスカッションを行ったり、全体で話を聞いたりと言うのをしてきました。
 そこでは、いろんな子が自分の体験をいろいろ語っていたそうです。そこで娘が印象に残ったことは、「家庭が円満なら、家族も円満なんだ。」と言うことだったそうです。
 両親の仲が悪かったり、どっちかの親が途方もなく常識はずれだったり、暴力的だったり、何らかの問題がある家庭でいると、いろんな苦労があるんだと、思ったそうで・・・。そんな話を聞いていたら、「うちみたいな仲の良い両親で人並みな生活ができる家庭で育っていることはなんて幸せなんだろう。」と思い至ったそうで・・・。

Dsc02160  なんか、餃子作りながら、そんな話しをしていました。近頃、反抗期な娘達で、特に親父には「くどい」だの「うざい」だのと文句タラタラだったんですが、昨日は和気藹々と餃子を皆で作ってました。旦那さんもごきげんでしたね。

 最後はホットプレートで餃子を焼きながら食べました。たくさん作ったのに、完食してしまいました(笑) 

|

« 夏と言えば・・・ | Main | やっぱり夏は来るんだね »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 餃子を作ってみた:

« 夏と言えば・・・ | Main | やっぱり夏は来るんだね »