« October 2007 | Main | December 2007 »

November 2007

2007.11.26

びっくりしますた

Dsc02328 日曜日の夜。忘れていた洗濯物を取り込んだら・・・。
ハンガーに何か動くものが・・・。
よく見たら、なんと蟷螂・・・。
そう、こんな季節に・・・。どこにいたんだ・・・?
写真撮ったけど、近すぎてぶれぶれ(^_^;)
でも、間違いなく蟷螂であります。

| | Comments (0)

2007.11.23

ハッピーウェディング

1 Dsc02279 Dsc02310

今日は旦那さんの末の従弟の結婚式でした。本来なら、両親が出席するところですが、両親の名代で出席してきました。
今時の教会婚で、披露宴会場の隣にある教会でのお式でした。
外人の神父さんが、英語でぺらぺら~って話して、賛美歌歌っている間に、お式は終わってしまいました(^_^;)
賛美歌は昔小学校の頃に習った「冬の星座」だったか?(記憶おぼろげ)それと同じメロディー。歌詞は違っても歌えました。でも、20代後半から30歳の新郎の友人達は、この曲がわからなかったらしく、歌えてなかったです。歌っていたのは、30代後半~50代の人ばかりだったわ(笑)
披露宴も今時の演出なのですね。キャンドルサービスとかはなくて。ワイングラスの大きなものにビーズみたいなのが入っていて、液体を注ぐとそのビーズが光るの。
新郎新婦が、各テーブルに回ってきてテーブルごとの記念撮影したり。ウェディングケーキも手作りの小さなもの。(それはデザートの時に、切り分けられてお客様に配られます。)
お決まりは新婦が読む手紙。両親への花束贈呈。その辺は、感動の嵐で、泣いている人もたくさんいました。
新郎新婦と両家の両親が退場したあと、そちらの準備ができるまで、エンディング用のビデオが流れました。
今日の朝から、カメラマンさんが撮っていたビデオを編集して、ドラマや映画のエンディング風に流すのです。歌に合わせて、朝から覚えのある一つ一つのシーンを上手に切って繋げてありました。
おめでとう~!と手を振っているお客様たちの笑顔、祝福されて幸せそうな新郎新婦。ほほえましげに時には切なげに見つめる新婦のご両親。大役を終えてホット一息の新郎のご両親。一人一人の表情に、今日の新郎新婦が、みんなに祝福されているのがわかる内容でした。
総じて、とてもよい結婚式でした。思いがけず出席でき、こちらまで幸せな気持ちにさせていただけて嬉しかったです。

ただ、ひとつ・・・(^_^;)
今日は祭日だけどデーサービスはある日だったのです。でも、この間から行きたくないとごねていた義母は、今日もごねて、ごね勝ち?したみたいで、デーサービス行かなかったそうです・・・。
義父もお手上げ状態。それを旦那さんに話したかったのですが、祝宴に盛り上がった親戚一同と式後も飲みちぎって眠ってしまったので話もできず、大きなため息ついていました・・・(^_^;)

| | Comments (0)

2007.11.19

寒かったので・・・

Dsc02270 P1040206 P1040207

昨日は寒かったですねえ。今朝も寒うございました。
寒かったので?クリスマスツリーを出しました。今年はいろいろあって、余裕なさげなので大物だけでも飾ろうと。で、大き目のツリーを二つ出しました。あと、イルミネーションだけ飾ろうかなと。やっぱり季節柄キラキラ光っているときれいなものです。

朝、バイトへの行き道。山脈目指して走るわけですが、山半分雪帽子をかぶってました。昨日、山の頂上辺りにグレーな雲がかぶっていたので、雪降ってるな~、だからこの辺も寒いんだ~と思っていましたが、やっぱり降ってたんですね。
昼には少し解けていましたが・・・。山近くまで行くと部分部分が紅葉しているのも見えるのですよ。雪と紅葉が一緒に見られます。

| | Comments (0)

2007.11.14

メロメロズキュ~ン(笑)

Dsc02268 お友達から小包届きまして・・・。
品名に果物と書いてあるのですが、届いた箱は18×15×9のどちらかと言えば小さい箱。どんな果物なんだろうと開けてみたら、写真のようなみかん。
なんてラブリーな・・・・(*^_^*)
何でも「福来みかん」と言うそうで、元々七味唐辛子なんかに入れるように「皮」が主体なみかんなんだそうです。
「すっぱー(>_<)」な味なんだそうですが、送っていただいたものはみかん好きには充分甘い、そうでなくても「みかんらしい味」な甘みのある味でした。
むいた姿もかわいい・・・。
子ども達が歓声を上げております。私もさっそくいくつか食べてみました。「いける!」なんかビタミンCががっつり入っている感じ。

いやあ、ありがとうございました。おいしくいただいておりますよ(*^_^*)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2007.11.10

初めてのデーサービス

今週の金曜日(9日)から、義母のデーサービスが始まった。
ケアマネージャーにいろいろと計画してもらったが、先ずは慣れることから始めようという事で、週一度のデーサービス+送り出しにヘルパーをつけることが決まったのです。

それを8日の夕方にケアマネージャーさんとヘルパーさんとデーサービスの担当の人が実家へ来て説明をしてくれたようで・・・。

実は13日の日にデーサービスの担当の人がサービスを受けるに当たっての説明に来てくれるという話でしたが、それはどうなったのかな?と思ったのですが、義父の言うことがよくわからい(^_^;)デーサービスの利用は同じ金曜でも明日なのか、来週からなのか、それも曖昧(^_^;)なので直接ケアマネージャーさんに電話して聞きました。
そうしたら、「一日でも早くデーサービスを受けてもらおうと調整をしていたが金曜日からはじめられる体制が整ったので良ければ金曜から利用してもらおうと思って説明にお邪魔した」と言うことで、義父には全部説明し明日から利用してもらうことをOKしてもらいましたと言ってみえた。
・・・・・・・(^_^;)
そうか、そういうことか・・・(^_^;)とりあえず、ケアマネージャーさんには、連絡事項はこちらにも入れてくれとお願いしておきました。

当日、朝8時半過ぎにヘルパーさんが来てくれて、デーサービスのお迎えが来るまでの準備を手伝ってくれたそうです。
夕方、実家へよると、お風呂にも入ってすっきりした顔で義母は座っていました。
どんな様子で、どんなことをしたか、どんなお昼ご飯だったかを聞きましたが、あまり良く覚えていない様子でした。
「変な人がいるからいや。」とか「病気の人ばっかりだからおもしろくない。」とか「お風呂へ入るのもあまり手伝ってくれない(そりゃ、義母は一つ一つの作業は自分でできるから(^_^;)」とか言ってましたが、今後はどうなるでしょうねえ・・・。

ただ、びっくりしたのは、やはりずっと家の中にいた人で、特に病気になってからは外界とは接触がないに等しい生活をしていた人だから、デーサービスに行ったことはすごい刺激にはなったようです。
今日、病院に行くのに付き添っていったのですが、動きが早くなった気がする・・・。靴も足が向くんで履きにくいのを自分ではどうしたら履けるのかがなかなか考え付かなくて、時間もかかっていたし、靴べらを渡してもそれをどう使えばいいのかわからないといつも言っていたんですよ。でも、今日は履きにくそうにしながら何かを探している様子だったので黙って靴べらを差し出すと、「ありがとう」と受け取り、ささっと靴を履きました。
小さいことだけど、びっくり!

そういう意味でも今後はどうなるんでしょうかねえ・・・。と、思ってます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.11.02

義母、転倒する・・・

 火曜日の夕方、バイト帰りに実家へ行けば、ちょうど義父が玄関にいて私の顔を見るなり大きなため息をついた。はて?と首をかしげると、「今、やっとバーさんをここから居間へ移したところや。」と言う。
 訳がわからず居間へ行くと義母は「ぼ~っとしとるで、お父さんに怒られたん。」としょんぼりしていた。
 よくよく聞くと、義父が買い物と用事に出かけた2時間くらいの間にガスの集金の人が来たらしく、義母は居間から玄関に出て行ったようだ。そのガスの集金の人をどうしたかはわからないのだが、結局、玄関の上がり口で座ってしまったら、立てずにいたらしい。立てなかったのは力がなくて立てなかったのか、どうしていいかわからなくなって座ったままだったのかは不明。
 居間で座っていると思い込んで帰ってきた義父は、玄関を開けたとたんに上がり口で座っている義母を見つけて「なんや?どうしたんや!」と驚いて大声出してしまったらしい。(そりゃそうだ・・・(^_^;)それを怒られたと義母は勘違いしたようだった・・・。ん~~~。

 で、水曜日、毎度のように夕方に実家へ行く。居間に入って義母の顔を見た瞬間、今度は私がびっくり!右頬に赤い筋が二本。頬骨のあたりから耳くらいまでが赤く痣になっている。
 「どうしたん?」と聞いても最初はしどろもどろ。自分でもよく覚えていないようだ。義父に聞いても「本当や!いつそうなったんや?俺は知らんぞ。」と言う。って、あんた、ずっと義母と一緒にいたんと違うんかい?
 こけて頬を打ったのか、自分で引っかいたのかも(一瞬、とうとう義父が手をあげたか?!とも思った)覚えてない。かけていた眼鏡を見てみると、フレームが曲がっている。
 どうも義父が散歩に出かけていて、帰ってきたら、また玄関の上がり口に座っていたらしい。そういう話しをしていたら、だんだんと思い出したこともあるみたいだった。
 たぶん・・・、トイレに行くか誰か来たかして移動した時に、転倒したのだろう。その時にかけていた眼鏡で頬を引っかき、そのまま打ち付けたのではないか?と、そんな感じ。
 イヤ、まあ、それだけですんだから良かったけれど(^_^;) 眼鏡が割れて目を怪我したとか、頭を打って意識不明になったとか、そんなんじゃなくてほんと良かったわ・・・。
 なんか、目が離せなくて・・・・(^_^;)
 正直、毎日、実家へ寄って晩ご飯を用意して、いろんな手続きの手配したり、義父が大変そうな家事を手伝って、家に帰って、今度は家の晩ご飯作って家事をして~は、疲れる・・・。
 正直、一日くらい実家へ行かなくても、どうとでもなるじゃんと思う。よっぽど、今日は行けないよ!と電話してぶっちしようかとも思う。
 でも、こんなことがあったり、失禁してどうしていいかわからず濡れたままの服でいたりすることがあると(こういう時は義父が気づいて着替えとかさせてもらいたい!けど、義父にばれると怒られると思っている義母は隠したりするのだ・・・)一日に一度くらい顔を見に行った方がいいかなあとか思う。
 ま~、ほんと。大事に至らないのが何よりと納得するのであった・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2007 | Main | December 2007 »