« 低血糖は怖い・・・ | Main | 初めてのデーサービス »

2007.11.02

義母、転倒する・・・

 火曜日の夕方、バイト帰りに実家へ行けば、ちょうど義父が玄関にいて私の顔を見るなり大きなため息をついた。はて?と首をかしげると、「今、やっとバーさんをここから居間へ移したところや。」と言う。
 訳がわからず居間へ行くと義母は「ぼ~っとしとるで、お父さんに怒られたん。」としょんぼりしていた。
 よくよく聞くと、義父が買い物と用事に出かけた2時間くらいの間にガスの集金の人が来たらしく、義母は居間から玄関に出て行ったようだ。そのガスの集金の人をどうしたかはわからないのだが、結局、玄関の上がり口で座ってしまったら、立てずにいたらしい。立てなかったのは力がなくて立てなかったのか、どうしていいかわからなくなって座ったままだったのかは不明。
 居間で座っていると思い込んで帰ってきた義父は、玄関を開けたとたんに上がり口で座っている義母を見つけて「なんや?どうしたんや!」と驚いて大声出してしまったらしい。(そりゃそうだ・・・(^_^;)それを怒られたと義母は勘違いしたようだった・・・。ん~~~。

 で、水曜日、毎度のように夕方に実家へ行く。居間に入って義母の顔を見た瞬間、今度は私がびっくり!右頬に赤い筋が二本。頬骨のあたりから耳くらいまでが赤く痣になっている。
 「どうしたん?」と聞いても最初はしどろもどろ。自分でもよく覚えていないようだ。義父に聞いても「本当や!いつそうなったんや?俺は知らんぞ。」と言う。って、あんた、ずっと義母と一緒にいたんと違うんかい?
 こけて頬を打ったのか、自分で引っかいたのかも(一瞬、とうとう義父が手をあげたか?!とも思った)覚えてない。かけていた眼鏡を見てみると、フレームが曲がっている。
 どうも義父が散歩に出かけていて、帰ってきたら、また玄関の上がり口に座っていたらしい。そういう話しをしていたら、だんだんと思い出したこともあるみたいだった。
 たぶん・・・、トイレに行くか誰か来たかして移動した時に、転倒したのだろう。その時にかけていた眼鏡で頬を引っかき、そのまま打ち付けたのではないか?と、そんな感じ。
 イヤ、まあ、それだけですんだから良かったけれど(^_^;) 眼鏡が割れて目を怪我したとか、頭を打って意識不明になったとか、そんなんじゃなくてほんと良かったわ・・・。
 なんか、目が離せなくて・・・・(^_^;)
 正直、毎日、実家へ寄って晩ご飯を用意して、いろんな手続きの手配したり、義父が大変そうな家事を手伝って、家に帰って、今度は家の晩ご飯作って家事をして~は、疲れる・・・。
 正直、一日くらい実家へ行かなくても、どうとでもなるじゃんと思う。よっぽど、今日は行けないよ!と電話してぶっちしようかとも思う。
 でも、こんなことがあったり、失禁してどうしていいかわからず濡れたままの服でいたりすることがあると(こういう時は義父が気づいて着替えとかさせてもらいたい!けど、義父にばれると怒られると思っている義母は隠したりするのだ・・・)一日に一度くらい顔を見に行った方がいいかなあとか思う。
 ま~、ほんと。大事に至らないのが何よりと納得するのであった・・・。

|

« 低血糖は怖い・・・ | Main | 初めてのデーサービス »

介護・看護」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 義母、転倒する・・・:

« 低血糖は怖い・・・ | Main | 初めてのデーサービス »