« で、義母の足は・・・ | Main | 最近の夢3つ »

2008.01.16

浅田次郎トラップ(笑)

200801151518000 200801152004000 うちの旦那さんは読書好きだ。古本屋で買ってくるので、ベストセラーでも少し流行が終わってから読むんだけど。
浅田次郎は、ここ1,2年のお気に入りで、時々本を買ってくる。で「この本は面白いよ。」と私の枕元に置く。
そう、我が家は寝る前の30分とか1時間によく読書をするのだ。ベッドに横になってお布団に包まって読書をする。
一番最初に私が読んだ浅田次郎は「壬生義士伝」だった。ちょっと前にドラマ化されたり映画化されたりして、そちらの方は見ていたので、とっつきやすそうと薦められるままに読んだ。
そしたら、あーた。そんなもの、30分や1時間で終わりませんがな。面白いもんだから最後まで読んじゃって。うかつにも徹夜してしまいました。はい。
で、その次は「椿山課長の七日間」だった。これもまた、「面白かったよ。」と枕元に置いてあって、何気に読み始めて・・・。
あかんでした。はい。途中でやめられませんでした。またしても徹夜してしまいました。(夜眠るのが12時くらいなので、そこから約3~4時間くらいで、眠気と戦いながら読むのです。)
そして、お正月。今度は「憑神」だ。いやあ、さすがに3回目ともなると徹夜するほど面白いとわかっているから、うかつには読まなかった。徹夜しても次の日が朝寝坊していられる日を選んで読んだ。はい、やはり、読み終わったのは朝の4時前。
正月休みが明けた週の枕元には「蒼穹の昴」が置かれているが、これを読む機会はまだ訪れない。

ちょっと、目先を変えて、先週の連休は京極夏彦を読んだ。この人の本も分厚いので何時も読むのをためらってしまう。
「嗤う伊右衛門」はずいぶん前に読んだが、あの本はそう分厚くなかったし。四谷怪談がベースだったから読みやすかったし。そのせいか理屈っぽくなくわりとすらっと読めたな。
今回読んだのは「魍魎の匣」。しかし・・・。む~~、あれがいいと思う人もいるんだろうし、あの知識目当てに読む人もいるんだろうから、それはそれでいいんだけど。私には向かない(笑)
京極堂があかんわ・・・・。関口君もあかんわ・・・。榎木津君は良かったけど・・・(^_^;)
お話し自体はね、良いんだけど、ん~~、あれなら横溝正史で満喫してしまったからもういいや・・・みたいな。(てか、横溝正史と並べてどうする?みたいな意見もあるだろうが・・・)
それとも、他のシリーズはもっと違った趣きなんだろうか。あまりにも分厚くて、手に取る根性がないのだけれど・・・。

とにかく・・・(^_^;)旦那さんが薦める本は気をつけなくてはいけない。なぜなら、私の睡眠時間を確実に奪うからである・・・(笑)

関係ないけど、一枚目の写真。わんこの足元に注目してください。二人は仲良しで、彼女がくるとわんこは自分の餌を分けてあげているのです。
2枚目の写真は中国のお茶・・・だと思う。頂き物です。甘くて、香りが良かったです。

|

« で、義母の足は・・・ | Main | 最近の夢3つ »

日記」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« で、義母の足は・・・ | Main | 最近の夢3つ »