« October 2008 | Main | December 2008 »

November 2008

2008.11.25

講座 三日目

 今回の講座は、結局、風邪引きさんということで実習はパスさせてもらった。なので講義だけ。

 講義では、前回の実習のレポートを書いて、それを順番に発表する。今回の順番は私だったので「会話記録」と言うレポートを提出し発表した。

 私の担当させてもらっている高齢者の方は、とても静かな人で自分からおしゃべりをしたいタイプの人ではない。なので会話の量でいくと、紙に書いて普通に読むと3分~5分くらいのものだ。でも、時間は30分くらいかかっている。つまり、沈黙の時間が多いのだ。

 傾聴で留意しなくてはならない点に「沈黙の時間こそ、その方の本当の気持ちが表現されていることが多い」ということがある。

 沈黙の時間に、相手の方が見せる表情、仕草、そういうものに気持ちの端っこが現れている時がある。また、沈黙の間に部屋の様子や洋服の雰囲気などにも留意して、その方の本来の姿を発見することもあるそうだ。

 「沈黙の時間」にそこまでを読み取ることはまだできない。が、10畳ほどの部屋にベッド一つ、タンス一つ、二人用のリビングテーブルと寛ぐ用のリクライニングチェアが一つ。ベッドの上に小さめのテレビと施設の人と散歩に出かけた時の写真。後は趣味だったという書道の道具が少し。それだけしか、見た目にわかるものはない。
 小さな洗面所があるが、そこに飾られた花は先週も置いてあったものと同じ。ドライフラワーだったのか、生花が枯れてそうなったのか判断しかねる状態。
 実はそういう中から、その方の思いのカケラを集めて、その方に形にしてあげて、それを受け止める。そういう作業をしなくてはならないのだ。

 そういう点では、それらの作業がうまくできずに反省点が満載だったのだが「会話記録」は一応の枚数が決められているので書き切れなかった分も多い。
 けれど、相手の方との受け答えの仕方が良くできていると、反省点が自分で把握できているということが、評価を受けて、盛大に褒めていただいた。

 面映いことであるが、実はそれらの受け答えは、生前の義母との間に交わされた数々の会話があってこそのこと。後半、認知症でどんどん自分が崩壊していくことの不安や足の痛みのせいで繰り返された愚痴などを受け答えしていた経験があってこそできた会話なんだな。
 あの時、義母に接したことなどが、義母の思い通りではなかったかもしれないが、必ずしも間違いではなかったのだと、肯定してくれているような気がした。
 講義も折り返しを迎え、来週からはいろいろな病気や心理状態のことを少し詳しく学んでいくらしい。内容も難しくなりそうだが、くじけずに受けたい。

 日曜日に、おばさん(義母の姉)の家へ片付けの手伝いに行った。おばさんはまだまだ元気も良く、不安を抱えながらも希望を捨てずに頑張っている。そのせいか、おしゃべりも弾む人で、昔話などをすると一人でもしゃべっている。
 もちろん甥っ子とその嫁という繋がりがあるからだろうけれど、相槌しか打てないような間隔で話しが続く。傾聴を学びだしてから、特に高齢者の方と話をする場合は、相手の言葉を反復することを心がけているが、その隙が全然ない。

 講義のとき、「おしゃべりが弾まない方で、口数も少なく、し~~んとしてしまってどうしていいかわからないんです。」という受講者もいて、私の場合(相手の方との間で沈黙が多い)、「よく、そんな長い時間、黙っていることができますね」と感心される。
 けれど、もしかしたら、私はゆっくり話したり口数の少ない人よりも、お話し好きで矢継ぎ早に話をする人の方が、うまく傾聴できないのかもしれない。

Dsc02877  そんな感じで、3日目の講座を受けたのだけれど、実習へ行けなかったのは返す返すも残念・・・。やはり講義だけでは実感がわかない。
 失敗しようがへこもうが、実習を受けてこそ、と思う。うまくできなくてどんよりすることがあっても、次には同じ失敗はしないようがんばって・・・。
 後、三回の講座だけれど、くじけず最後まで頑張りたいなあ。

 で、全然関係ないけれど、紅葉の写真。曇り空だったので、写真ではきれいに見えないけれど。とてもきれいでした。久しぶりの友達の顔も見られたし良かったです。

| | Comments (0)

2008.11.21

書き損じたら・・・

 欠礼はがきは注文の関係上100枚きっちりで印刷を頼んだ。2、3枚あまるだろうと思っていたのに・・・。
 予想以上に間違ってしまったので足らなくなってしまった・・・Orz なんてこったい・・・。かといって10枚もいらない。う~みゅ、パソコンで作るのか?欠礼はがきの既製品とか売ってないのか?(^_^;)

 と、いうわけで、一部の私のお友達には、自作の欠礼はがきが行く予定・・・。

 こちら、今日は寒いです。ていうか、2日ほど前から寒いよ。急に寒くなると服とか、暖房器具とか困るじゃんねえ。
 風邪も今ひとつすっきりしない。乾燥しているせいか喉がしかしか。時々、咳き込む。咳が残ると喘息に悪いからいやなんだけど~(^_^;)
 バイトに行ったり家事をしている分には大丈夫だけど、明日の傾聴ボランティアの実習はパスした方がいいかなあ。高齢者相手だから、怪しきは近づかず、を徹底していると、指導者の人が言っていたし。マスクして講座は受けて来るつもりだけど・・・。

| | Comments (5)

2008.11.20

間違ってばかり・・・Orz

 欠礼はがきを書いております。旦那さんの方の急を要する分は昨日書きあがったので、郵便局に出してきました。今日からは自分の分を書いてます。
 しかし・・・。普段、書き慣れてないせいか、間違う間違う・・・・・Orz 郵便番号や住所ならまだしも宛名まで間違う始末・・・どうしようもね~~~。

 と、いうことで、今日は止め~~~。なので、まだ、当分、欠礼はがき出せない雰囲気・・・。

| | Comments (0)

2008.11.18

欠礼はがき

 11月に入るとあちこちから「年賀状いかがっすか~~」と連絡があります(笑)今年は義母が亡くなったので、来年の年賀状はご無礼させていただきますが・・・。

 で、昨日、喪中欠礼はがきの印刷が出来上がってきたので、表書きをせっせと開始しました。プリンターの調子が悪いので、手書きぢゃ(汗)
 100枚くらいあるのだけれど、書き始めると、案外進むのね。でも、字が悲惨だわ(^_^;) 本当に、こんなに汚い字だったのか・・・Orz って感じです(^_^;)

 でも、こちらからはご無礼しても、出していただく分には良い!という話しも聞きます。年賀状が1通も来ないのは寂しいから、良かったら家へは、ぜひぜひ年賀状を出してくださいまし。

 んなことで、今日は寒いね~~。なんか、一気に冬模様じゃないか。日曜日から軽く風邪引きさんで、昨日はバイトも休んだんだけど、皆さんもお気をつけて・・・。

| | Comments (4)

2008.11.16

講座 二日目

 「傾聴ボランティア 養成講座」の2回目。午前中は講義を受け、午後は実習を行う。
 今回は2回目ということもあり、前回の出来事を踏まえ疑問や改善点も確かめ合う。前回は第1回目ということで、参加された皆さんも戸惑いながらの実習だったみたい。
 中には「話すことなんてないから」と背中を向けられて、拒否感バリバリなクライアントさんもみえたようだ。そんな時はどうすればいいのかさっぱりわからないと言いながらも、担当した人は「少しだけお傍にいますが、よろしいですか?」と聞きつつ、しばらく時間を共有する努力をされたそうだ。
 クライアントさんの症状は様々なので、職員さんが付いて誘導する人もいたり、認知症で同じ話しをエンドレスでする方もいたり、はなから「もう帰ってください」と言われたりする方もみえる。
 それぞれ頑張ったものの、これで良かったのか?もう少し何かできるのではないか?と思いつつ、2回目の講座に出席していた。
 自然、質問も多く出ることになるが、指導してくださる方はご自分の経験談も交えながらアドバイスをしてくれるので、みんな「なるほど」と頷いていた。

 基本はやはり

 「相手に寄り添い、耳を傾けて聴く。」
 「励まさない。」
 「否定しない。」
 「問いかけない。」
 「同情しない。」
 「相手の言葉を反復しながら聴く。」

である。

 前回、自分が疑問に思ったことは「褒める」のはどうなんだろうと言うこと。
 「褒める」というのは「相手の話しを聞いて、すごいなあ、感心したなあ。」と思う「自分の感想」なのだそうだ。だから「ご立派ですねえ。」「えらいですねえ。」「すごいですねえ。」だけでは、相手の気持ちを受け止めたことにはならないと言うことになる。
 まずは「○○されていらっしゃるんですね。」「△△な努力をされてきたのですね。」と、相手の言葉を反復する。どうしても褒め言葉や感嘆する言葉が出てしまう時は、会話の流れで「○○されていらっしゃるんですね。ご立派ですね。」とか「△△な努力をされてきたのですね、すごいですね。」と続けるとベターということだった。
 それでも「相手のことを否定せずに聴く。」という観点から見れば、こちらが感心したり、褒めたりという「自分の価値観での感想」は控えるべきことのようだ。どうしても出てしまうときは「感嘆符」として表現すると良いとアドバイスがあった。ただ、その場合でも必ず相手の言葉を反復することは忘れないよう心がけるということだった。

 さて。今回の実習も前回と同じ方を訪問する。一回にお二人を訪問するのだが、今回は現場でちょっとしたイベントがあり、お一人がそこに参加されているので訪問するのは一人になった。
 前回に「話すことはないなあ」と言われた方で、お話し自体も自分から積極的にするタイプではない人だった。
 その方とは2回目だったが、今回あらためて思ったのは、人の話す「リズム」や「速度」、「間(ま)」は、人それぞれなのだなと言うことだ。あまり話し好きではない人の場合、沈黙する時間が多くなるのだけれど、もしかしてそれは「沈黙」なのではなく、その人の「間(ま)」なのかもしれない。
 特に初対面な相手に対してなら、警戒もするだろうし戸惑いも大きいだろう。そこで、雰囲気を感じながら、「間(ま)」をはかりながら話をするのこともあるのではないか。そう思うと、沈黙もあまり苦痛ではないように思う。

 今回はそんなことを感じながらの実習だった。来週はどんな講義でどんな実習になるのだろうか。あと、4回。頑張るぞ~。
 

| | Comments (0)

2008.11.08

講座 一日目

 「傾聴ボランティア」と言うものがある。高齢者などの話を聴くことで、相手に安らぎや癒しを感じてもらうこと・・・。実は「傾聴ボランティアって何?」って問われて「こうだ!」と一言で答えられない自分がいる。でも、今日から傾聴ボランティア養成講座が始まった。計6回。午前中に傾聴についての話や心構え、実際に傾聴を経験した人たちの話を聞き、午後から実習として実際に高齢者の方々から話を聴かせてもらう。そういう講座だ。

 認知症を患い病院通いをし、どんどんと自分が壊れていくのに気付き不安でいっぱいだった義母。
 よく自分で自分のことを「どうしてこんなにバカになっちゃったんだろう?」と言っていた。状況が飲みこめていなかった最初の頃は「そんなことないよ。誰でも歳をとったらそうなるから。」と答えていた。
 あまりにも頻繁にそういうことを言うので、私は途方にくれて「本当だねえ、どうしてバカになっちゃったんだろうねえ。」とつい言ってしまったことがある。自分としては「しまった!言っちゃったよ!(汗)」的な気分だったが、義母は意外にも「そうでしょう。バカになっちゃって、本当に困ったねえ。」と普通に返事をした。
 私はとっさに「本当。困ったねえ。どうしたらいいかわかんないよね。」と、会話を続けたのだが、義母もまったく普通に「どうしたらいいかわからないわ。本当に嫌になっちゃうねえ。」と言ってくる。
 その時に、なんだか安心したような、気持ちをわかってもらってほっとしたといったような、そんな雰囲気だったのを覚えている。

 そういうことが度重なるたび「諭すことも励ますこともいらないんだなあ。」って、思うことが多くなった。ただただ、「そうだね~。」って聴くことで、義母は充分穏やかに過ごせるんだって思うことが多くなった。
 そんなことを経験していた頃、何年か前にスポーツジムに通っていた時に仲良くしてくれていた女性が「傾聴ボランティア」をしているのを知った。
 その頃は、そうした活動に興味はあっても、時間も気持ちも余裕はなく、ただ彼女の話を聞くだけで終わってしまっていたが・・・。

 義母が亡くなり少し落ち着いた頃。ふと、彼女のことを思い出し連絡を取ってみた。ちょうど傾聴ボランティアの養成講座を準備していて、希望者を募集中ということだったので、良い機会だと思い申し込んだ。

 で、今日がその第一日目。養成講座を受けに来ていた人は全部で9人。女性8人男性一人。それぞれが真摯な理由でそこに座っていた。

 お年寄りでなくても自分が辛い時や寂しい時に人に話を聞いてもらうと、気持ちがすっきりするだろう。
 高齢者の中には、一人暮らしをしている人、病気を患っている人など、孤独になりがちな人が多い。また、例え家族と同居していても、何らかの事情で孤独感を持つ人も多いと言う。
 傾聴ボランティアでは、特にそういった高齢者の方を訪問し相手の話を聴いてくることをする。まだ、その奥深さはわからないが、大切だと去れる心構えだけは繰り返し言われたので、とりあえず頭にある。
 「相手に寄り添い、耳を傾けて聴く。」
 「励まさない。」
 「否定しない。」
 「問いかけない。」
 「同情しない。」
 「相手の言葉を反復しながら聴く。」
などのことだ。

 頭にそれらの事を残して実際に話しを聴かせてもらうが、人の話を聴くと言うのは簡単そうで難しい。
 問いかけない。と言われるが、最初の最初はやはり問いかけから始めないと会話が進まない。
 励まさない。これも意外と難しい。ついつい励ましてしまうような言葉になる。意識していても、なかなか励まさずに済ますということはできにくいものだ。

 今日、私が話しを聞かせてもらった方々は、異口同音に「良くしてもらっているので何も言うことはない。」「いろいろあったけれど、みんな忘れたなあ。」と言うようなことだった。
 何も言うことがない、と言う方の話しを聴くことはなかなかに難しい。もちろん、初対面のどこの誰ともわからない人間に、あれこれと話しをしてくれるわけもないだろうけれど。
 言葉の奥にある何かを、その人たちの言葉として語ってもらうことが目的ではない。言葉や態度の奥にある何かを「私は受け止めることができましたよ」と、相手に認識してもらうことが大事なような・・・。それが、いつか、何回か訪ねた時にできるだろうか。

 とりあえず、今日の実習のレポートを書かないと。忘れないうちに書かないとダメだけど(^_^;) 

| | Comments (0)

2008.11.06

寝ちゃったよ

 病院に行って来ました。ここ2,3日は暖かかったから少し楽だったけれど、明日からまた寒いって言うし。喘息予防に点滴打ってもらったよ。
 ほのか~にあったかい処置室で、遠くに医師とか事務員さんとかの声が聞こえて、ちょっと薄暗くしてもらって、30分ほどだったんだけど、半分くらい寝てました(^_^;)
 少しは楽になるといいなあ・・・。

 家に帰ると上の子がぷんぷん怒っているので、どうしたのかと思ったら、部屋の中でワンコを放してあげたら、ちょっと目を離した隙におしっこしちゃって、カーペットカバーを洗濯したそうな(^_^;) それはお疲れ様・・・。そういうこともあるよね・・・(^_^;)

| | Comments (0)

2008.11.03

あうう・・・

Dsc02844 Dsc02843

 土曜日にちょっと怪しいと思っていたら、やっぱりいきなりドカンと喘息発作がやってきた(ノ_≦。) メプチンエアーを吸入してもあまり効き目なし。奥の手のプレドニンを飲むがダメじゃん・・・。で、日曜日も今日もず~ッと発作が起きたままじ~っとしてました。
 日曜日はゼーゼーはーはーで動きもできず(^_^;) 今日は連続のプレドニン服用で効果がでてきたかちょっと楽。動かず座ってする仕事ならできる。でも明日からバイトもあるから養生養生。
 そうしたら、今日は上の子が何も予定がないからと、みんなのお昼ご飯を作ってくれた。イングリッシュマフィンに、ハムエッグやハムカツや豚肉とパイナップルのソテーを挟んだ3種類を作ってくれたよ。おいひ~、うれひ~。
 なんか自分が弱ってる時に誰かにご飯作ってもらうのって嬉しいねえ。子どもの時ならいざ知らず、大人になるとそんなこともめっきり減ってしまうし。
 こんな風に作れるようになったんだねえ。大きくなったよねえ。そりゃ、高校3年生だもんねえ。えらいえらい。母は嬉しいぞ(ρ_;)

Dsc02842  で、自分が壊れたからと言うわけではないが、ポットも壊れた(≧ヘ≦) 新しいのを購入するに当たって、家族会議。
 旦那さんが「○ィファールの電気ケトルはどうだ?」と提案。なるほど、今のところ、うちは昼間はほとんど誰もいない。電気ポットで保温しておく必要もない。
 最近の電気ケトルは優秀で、2分もあったら1リットルくらいのお湯はすぐ沸かせる。なら電気ポットである理由もない・・・ということで、旦那さんと子供達が買いに行った。
 けれど、最初提案されたメーカー品はやはり今はやりで人気があるのかどこへ行っても品切れ。結局は象印の電気ケトルに。
 こちらは国産品で中はステンレス。0.8リットルのお水が70秒で沸騰する。セットしてスイッチ入れて、それから急須にお茶の葉を入れ、湯飲みを出して・・・と用意している間に沸いてしまう。
 こりゃ、便利だわ。宣伝でよくやってるけど、ほんと、あんな感じ。しばらくは熱いままなので食事が終わるくらいまでは充分。発想の転換だなあ。一日中電気ポットで保温しておくより電気代も少しはかからずにすむんじゃないか。
 今時の電気製品は進んでるねえ・・・。そう言えば去年、冷蔵庫を新しくしたがこの夏の電力消費量は、去年よりエアコンを使っていたのに今年の方が少なかった。
 思い切ってあらゆる電化製品を新しくすれば電気代は安くなるんだろうけど・・・(^_^;) それはやっぱりできないよね(笑)

| | Comments (4)

2008.11.01

今日のお昼ご飯

Dsc02841 今日から三連休です。どこへ行く当てもないので、この際、家の片づけをばする予定。がんばるぞ!

 でも、今日は近所の百貨店へ行く用事があったので朝っぱらから行って来ましたが・・・。
 ちょうど、北海道物産展をしているせいか、開店前というのに駐車場は長蛇の列!びっくりや!ふだんなら、開店10分前だったら余裕で駐車場は入れるのに。なので、ちょっと歩くけど、他の駐車場にとめることにしました(^_^;)

 一通り用事を済ませて、ちょっとだけウィンドーショッピング。やっぱ百貨店のブツはええモン置いてありますなあ。
 お茶碗がほしかったので見に行ったけれど、一碗3000円とか普通に置いてあるし。そんな高いの割りそうで怖くて使えん(笑)かばんも合皮のくせに(笑)やたら高い。冬に向けて一つほしいと思ったけれど、まあ、もう少し物色してから買うことにしよう・・・・。

 結局、これと言って何も買わず(買えず(笑)に帰ることに・・・。今日は家族全員出払っていてお昼は一人なので、ちょっと贅沢にパンとかチーズとか買いました。
 8種類の野菜のポタージュスープとモッツアレラチーズの生ハムとバジル巻き、それと明太ポテトパン。さすが、うまし・・・。

 食べ終わったら、ちょっとコーヒーでも飲んで、昼からはお方付けに精出します。

| | Comments (8)

« October 2008 | Main | December 2008 »