« 寝ちゃったよ | Main | 講座 二日目 »

2008.11.08

講座 一日目

 「傾聴ボランティア」と言うものがある。高齢者などの話を聴くことで、相手に安らぎや癒しを感じてもらうこと・・・。実は「傾聴ボランティアって何?」って問われて「こうだ!」と一言で答えられない自分がいる。でも、今日から傾聴ボランティア養成講座が始まった。計6回。午前中に傾聴についての話や心構え、実際に傾聴を経験した人たちの話を聞き、午後から実習として実際に高齢者の方々から話を聴かせてもらう。そういう講座だ。

 認知症を患い病院通いをし、どんどんと自分が壊れていくのに気付き不安でいっぱいだった義母。
 よく自分で自分のことを「どうしてこんなにバカになっちゃったんだろう?」と言っていた。状況が飲みこめていなかった最初の頃は「そんなことないよ。誰でも歳をとったらそうなるから。」と答えていた。
 あまりにも頻繁にそういうことを言うので、私は途方にくれて「本当だねえ、どうしてバカになっちゃったんだろうねえ。」とつい言ってしまったことがある。自分としては「しまった!言っちゃったよ!(汗)」的な気分だったが、義母は意外にも「そうでしょう。バカになっちゃって、本当に困ったねえ。」と普通に返事をした。
 私はとっさに「本当。困ったねえ。どうしたらいいかわかんないよね。」と、会話を続けたのだが、義母もまったく普通に「どうしたらいいかわからないわ。本当に嫌になっちゃうねえ。」と言ってくる。
 その時に、なんだか安心したような、気持ちをわかってもらってほっとしたといったような、そんな雰囲気だったのを覚えている。

 そういうことが度重なるたび「諭すことも励ますこともいらないんだなあ。」って、思うことが多くなった。ただただ、「そうだね~。」って聴くことで、義母は充分穏やかに過ごせるんだって思うことが多くなった。
 そんなことを経験していた頃、何年か前にスポーツジムに通っていた時に仲良くしてくれていた女性が「傾聴ボランティア」をしているのを知った。
 その頃は、そうした活動に興味はあっても、時間も気持ちも余裕はなく、ただ彼女の話を聞くだけで終わってしまっていたが・・・。

 義母が亡くなり少し落ち着いた頃。ふと、彼女のことを思い出し連絡を取ってみた。ちょうど傾聴ボランティアの養成講座を準備していて、希望者を募集中ということだったので、良い機会だと思い申し込んだ。

 で、今日がその第一日目。養成講座を受けに来ていた人は全部で9人。女性8人男性一人。それぞれが真摯な理由でそこに座っていた。

 お年寄りでなくても自分が辛い時や寂しい時に人に話を聞いてもらうと、気持ちがすっきりするだろう。
 高齢者の中には、一人暮らしをしている人、病気を患っている人など、孤独になりがちな人が多い。また、例え家族と同居していても、何らかの事情で孤独感を持つ人も多いと言う。
 傾聴ボランティアでは、特にそういった高齢者の方を訪問し相手の話を聴いてくることをする。まだ、その奥深さはわからないが、大切だと去れる心構えだけは繰り返し言われたので、とりあえず頭にある。
 「相手に寄り添い、耳を傾けて聴く。」
 「励まさない。」
 「否定しない。」
 「問いかけない。」
 「同情しない。」
 「相手の言葉を反復しながら聴く。」
などのことだ。

 頭にそれらの事を残して実際に話しを聴かせてもらうが、人の話を聴くと言うのは簡単そうで難しい。
 問いかけない。と言われるが、最初の最初はやはり問いかけから始めないと会話が進まない。
 励まさない。これも意外と難しい。ついつい励ましてしまうような言葉になる。意識していても、なかなか励まさずに済ますということはできにくいものだ。

 今日、私が話しを聞かせてもらった方々は、異口同音に「良くしてもらっているので何も言うことはない。」「いろいろあったけれど、みんな忘れたなあ。」と言うようなことだった。
 何も言うことがない、と言う方の話しを聴くことはなかなかに難しい。もちろん、初対面のどこの誰ともわからない人間に、あれこれと話しをしてくれるわけもないだろうけれど。
 言葉の奥にある何かを、その人たちの言葉として語ってもらうことが目的ではない。言葉や態度の奥にある何かを「私は受け止めることができましたよ」と、相手に認識してもらうことが大事なような・・・。それが、いつか、何回か訪ねた時にできるだろうか。

 とりあえず、今日の実習のレポートを書かないと。忘れないうちに書かないとダメだけど(^_^;) 

|

« 寝ちゃったよ | Main | 講座 二日目 »

日記」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 寝ちゃったよ | Main | 講座 二日目 »