« December 2008 | Main | February 2009 »

January 2009

2009.01.31

1年たちました

Dscf0054  早いもので、義母がなくなってから丸1年がたった。早いもので・・・と書いたものの、長い一年だったかも・・・。

 ちょうど一年前のその夜に、義父から電話があったよな~とか、何時ごろに救急車呼んだよな~とか。亡くなってからお葬式が終わるまで、あっという間に過ぎたよな~とか。

 この1年の間にも、親戚の叔母さんが亡くなったり、両親が相次いで病気にかかったり、下の子が高校入学して上の子が大学合格してと、なんとはなし変化があったよな~。

 義母がいないことにもずいぶん慣れたけれど、生きてくれていた時がずいぶん遠い昔のような感覚があることもあって、もう一年というよりもまだ一年かあ・・・って感じがするなあ。
 義父も義母がいないことに慣れてきてはいるけれど、昼間一人で家にいるせいか、この一年ですっかり歳をとった感じがする。しっかりしているところはしっかりしているが、ダメなところは全然ダメで、79歳なんだから当たり前なのかもしれないけれど「歳取ったよな~」って思う。

 一周忌は滞りなくすんでホッと一息。でも、ここでも集まってくれた親戚の顔ぶれを見て、歳取ったよな~とか弱ってきたよな~とか思うことも多く。だんだん、代替わりしてこんな法事もあと何回あるんだろうって思いました。
 まあ事件らしい事件もなく(笑)当日、飲みすぎた義父が足がもつれてこけそうになったくらいで。後ろにいた旦那さんがこけそうなのを防いだから大事には至りませんでしたが、義父は自分でこけそうになったのをびっくりしていました。自分ではそんなに飲んでないつもりだったらしくて(^_^;) 

 そんなことで、ひとつ節目を迎えて、また日常が始まるわけですが・・・。日常の平凡な1日を積み重ね、ゆっくりゆっくり、終わりに向かって生きたいものです。
 写真は、一周忌のお供えにいただいたお菓子。これまたお上品でおいしいお菓子です。
 

| | Comments (0)

2009.01.27

おさがり

Toramil1_4 Dscf0050_2 お兄ちゃんやお姉ちゃんの服やモノを、弟や妹が使うことはよくある話。性別が違っても小さい頃は、上の子が使っていたものを下の子が使うこともよくあったよね。
 最近、ワンコを部屋の中でも放し飼いしている。(前はサークルの中にいたのだけど。)で、ワンコが闊歩して、ちょっかい出してくるので、にゃんこたちは高い場所で寛いでいる今日この頃。
 昔、にゃんこたちが使っていたにゃんこベッドを今はワンコが使っている。どうもあったかくて柔らかくていい感じのようだ。微妙に自分の方が大きいのだけど、上手に丸まって眠っているよ。

| | Comments (2)

2009.01.25

日本の神様カード

Dscf0044  友達から「日本の神様カード」と言うのをいただいた。めずらし~、と言うか、初めて見たよ。天照大神などの有名どころをはじめてとして、志那都比古神とか鹿屋野比売神とか道反之大神とか、あまりきいたことのない名前の神様まで48枚のカードがある。
 それぞれに意味があるのだけれど、これを使って占いもできるそう。一度落ち着いた時にやってみよう。
 なんでも、手に取ってみるとそれぞれ波動が違うらしく、自分に縁のある神様もわかるとか・・・。なんだか楽しみです。

 それにしても、こういうカードが何気に売られていたりして、やっぱり都会は違うよ(^_^;) 

 しかし。今日も寒い。寒いと言うより冷たい。冬らしいと言えば冬らしいけど。みなさん、風邪とか気をつけてね。

| | Comments (4)

2009.01.20

誕生日に・・・

Dscf0036  子どもの頃のバースデーケーキと言えば、バタークリームのケーキが主流だった。そんなに高級でないバター(あるいはマーガリンなど)で作られたバタークリームは、くどくて重くて、多めに食べると胸焼けしたものだ。
 この歳になって、いろんな食べ物が世の中にあふれて、お金さえあれば何でも食べられる時代に、懐かしく思い出し「食べたい。」と思うものは、小さい頃に食べた味や小さい頃食べたかったのにお金がなくて食べられなかったものだったりする。

 今はほとんどのケーキ屋でバタークリームケーキは販売されていない。ショートケーキなら時々はあるかもしれないがホールで売っているところはまずないようだ。(都会へ行けばあるかもしれないが、私の町の周辺ではなかった)
 それでも、バタークリームケーキが食べたいなあと、折に触れ話をしていたら、子ども達が誕生日のケーキをオーダーしてくれた。もしかして、予約でオーダーすれば作ってくれるかもと思い、何軒か問い合わせしてくれたようだった。
 やはり、地元でも有名どころのケーキ屋では普段からバタークリームを使ったケーキは作っていないということで、何軒か断られたらしい。
 やっとオーダーをきいてくれたオーナーに子どもが「お母さんがバタークリームケーキが食べたいって言うけれど、どこも売ってくれない。」と言うと、そのオーナーは「あ~、わかる。自分も小さい頃食べたバタークリームケーキが忘れられなくてね。だから、うちでは作っているんだよ。」と答えてくれたそうだ。それで普段もバタークリームを使ったショートケーキを作っているから、ホールも大丈夫と言うことだったようだ。

 で、今日、上の子が歩いたら40分はかかるケーキ屋へケーキを取りに行ってくれた。自転車で運んで形が崩れたらダメだからと、わざわざ歩いて取りに行ってくれた。ケーキ代は冬休みにあるバイトしたお金を子ども達で出しあって買ってくれたらしい。

 ケーキの大きさは直径15センチほどの小ぶりのもので、値段もリーズナブルなものだったが、私にとってはそんなものはどうでもいい。このケーキに込められた子ども達の思いと労力がとても大きな幸せとなって、私の前にある。

 自分の誕生日は、自分を産んで育ててくれた親や周囲の人に感謝する日だけれど、生まれてきてくれた子ども達にも感謝をする日だなと思う。
 今、自分がここにいる。この奇跡に感謝をする日だと思う。

 いろんなことがあって、笑ったり泣いたり、怒ったり喜んだり、楽しかったり哀しかったり。そんな日常が、そんな当たり前が、本当に幸せなんだと気がつかせてくれることが多い今日この頃。
 去年あたりから、人様のお役に立てるようにとチャレンジしつつあるが、その度に自分が今どれほど恵まれ愛され生かされているかと、改めて教えてもらう。

 私は幸せだと 大きな声で言おう

 この先に 辛いことが 哀しいことが 苦しいことが あろうとも

 私はそれでも幸せだと 忘れないでいよう

 その幸せはあなたのおかげです ありがとうと 大きな声で言おう

 私に関わってくださっている すべての人々に すべてのものに

 ありがとう

 感謝の言葉を世界中に響く大声で そう言おう

 そうして 忘れないでください

 あなたが 私のことを思ってくれているあなたが

 私が大事に思っているあなたが そこいることが

 ただ そこに在ることが

 私の幸せだと言うことを

 忘れないでいてください

 

 そんなわけで、今年の誕生日はしみじみと幸せをかみしめる夜となりました。いろんな存在にありがとう・・・な一日でした。
 
 
 

| | Comments (4)

2009.01.12

寒いですなあ・・・

Dscf0031  お寒うございます。と、言うか、本来この季節はこのくらい寒くて当たり前・・・だったような気もしますが・・・(^_^;)
 これだけ寒いと喘息の具合が良くなくて困りますねえ。昨夜、近くのイオンに買い物に行ったなら、一部のフロアだけやたら暖かい場所がありまして、そこで買い物してる時は全然平気だったのに、食品売り場に行ったら、急にヒューって喘鳴が聞こえ出して。やっぱり、喘息って冷たい空気がダメなんだなあ。気温差の激しいのはダメなんだなあって、改めて思いました。

Dscf0027  寒いとにゃんこたちは重なって寝てます。ワンコには旦那さんのお古のフリースを着せてみました(^_^;) なんかおっさんくさ・・・。
 まあ、室内で飼っているので、服なんかいらないんですが、ちょっと遊んでみました。←犬には迷惑(^_^;)

 まあ、本当に寒いのに、みなさん、風邪とか気をつけてね。

| | Comments (4)

2009.01.04

あけましておめでとうございます

090103kyoto_002  いつの間にか新年明けておりました。去年は本当に慌しく過ぎていって、いろんなことが起こったので、年末になってもあまり年末な気分でもなく・・・。
 年末、ちょっと飲みすぎた義父が我が家ですっころんで、こけた拍子に眼鏡でまぶたをぱっくり切って、日曜日というのに救急へ駆け込み二針縫うというアクシデントもあり・・・。まあ、本当に、一人で暮らせるぎりぎりをそろそろ超えちゃった感ありありで・・・。

 とは言いつつ、新年は忙しかったものの、穏やかに明けて行きました。
 大晦日から泊りにきていた義父と年越しそばを食べながら紅白歌合戦を見て、元旦は簡単に御節を食べてお雑煮をいただいて。
 そのあと、私の実家へお年始に行こうと義父も一緒に連れ出して、そのまま勢いで全員で実家へ泊りました。
 弟家族も含め、皆でご馳走をいただいて、夜通しカードゲームをして、翌朝も皆で食事をして、義父はずいぶん楽しかったみたいです。
 大勢の食事の用意や後片付けは大変だったと思うけれど、母も祖母も、お嫁さんもお疲れさんのありがとうございました、です。

 今年は義母が亡くなって一年。一周忌を済ませたら、義父との同居やお墓のことも進めていかないとね。まだまだ何かと考えること、しなくちゃいけないことがあります。
 上の子も大学へ進学することが決定しているから、そちらの準備やフォローもあるし。
 自分自身はせっかく去年傾聴ボランティアの講座も受けたのだから、例え月2回でもいいから傾聴ボランティア活動を続けていけたらいいなあって思っています。無理せずに少しずつでいいから続けていくことを目標にして行きたいなあって。
 それから、去年は身の回りの人たちのことに始終したので、今年は去年よりもう少し友達とも交流したいかな。

 まあ、そんなことですので、みなさん、今年もよろしくお願いいたします。
 月曜日からはお正月気分も終えて、日常が始まる人が多いと思いますが・・・。今年もみなさまにとっていろんな意味で幸せと思える年でありますように・・・。

| | Comments (4)

« December 2008 | Main | February 2009 »