« March 2009 | Main | May 2009 »

April 2009

2009.04.18

そして、今年も咲きました。

Dscf0184_2 Dscf0183_2

   

   

 旦那さんの実家の庭の牡丹。今年もきれいに咲いてくれました。冬には枯れ木とみまごうばかりの枝なのに、春になるとつぼみが膨らんできて、今年も咲いてくれるんだろうなあって思っていたら、数日前から一気に開花。豪華で美しい花ですなあ・・・。

 最近のお弁当は、おかずをいっぱい作りおきして詰めるだけのお弁当にしています。それはなぜかというと「つくりおきおかずで 朝つめるだけ!弁当」という本を買ったからです。
 いやあ、この本、すごく役立ってます。少し前に「ESSE」という雑誌に特集が組まれていていくつかレシピがのっていたので、それで作ったのがきっかけ。雑誌に載っていたおかずを作ってお弁当にしたら、これが意外といけまして。おいしいし、作り方も手軽だし。なのに、そうとは思えないしっかりしたおかずになるんです。味付けはレシピ通りでなくても、好みでアレンジしても基本をはずさなければOKだし。
 同じ味付けで同じ作り方で、お肉の種類を変えるとまた違った味わいだったりして。お弁当が一気に豪華になりました(笑)

 もう一ついいところは、なにを言っても朝つめるだけ。と、言うことは、夜のうちにお弁当箱に詰め込んでおけば、朝それを持っていくだけでいい・・・と言うこと。
 2段式のお弁当箱なら、おかずは夜のうちから詰めておいて冷蔵庫に入れておく。ご飯だけ朝詰めて、冷めてから重ねれば保冷効果もあるし。て、ことで、大変重宝しております。
 土曜日か日曜日の時間のある時に、約1週間分を作ってしまって、冷蔵庫で保存。まあ、ゆうてみたらおせち料理と同じ理屈ですわな。本日も7種類くらい作って保存しました。
 これのおかげで、義父の晩ご飯のおかずもわざわざ作ったり買い物行ったりすることがなくなって、時間も短縮。まあ、いつまで続けられるかわからないし、思い切り夏場は大丈夫か?と思うけれど、続けられる限り頑張っていこうかな。
 

| | Comments (2)

2009.04.12

今年も咲いていたけれど・・・

Dscf0119cop  結構京都は行っているものの、実は嵐山と言うところは通ったことしかない。初めて行ってみた。

 なんと言うか、やっぱり観光地だなあ。嵐山についたのは午後4時前だったけれど、まだまだたくさんの観光客が歩いていた。前に清水寺界隈でもそうだったけれど、台湾か中国かわからなかったけれどアジアからのツアー客も多かったなあ。有名だろうと思われるスポットにはそういう人たちがたくさん。カメラ片手に代わりばんこで記念撮影していた。
 最近の京都では、観光客が着物をレンタルしてそぞろ歩く・・・と言うのが流行っているのか、何人も和服の女性が歩いていたけれど、アジアの国の人たちはそういう人たちをつかまえては写真を撮っていたよ。
 私たちの世代はたいてい小学校の修学旅行は京都だった。その時に、アメリカ人だかオーストラリア人だかイギリス人だか、とにかく英語を話す国の人たちがよく京都を訪れていたようで、メジャーな神社仏閣に見学に行くとそういう人たちとたびたび出会った。
 当時、外国人を見るのは珍しく、ほとんど初めて出会った!くらいのノリだったからか、見ず知らずの外国人の観光客と写真を撮るのがクラスで流行っていた。なんか、そんなことを思い出してしまった。

Dscf0116 Dscf0117

 

 しだれ桜はソメイヨシノより花の色が濃いね。きれいなピンク。青い空によく映えます。
 嵐山を散策してから、嵯峨野を車で回った。瀬戸内晴海さんの寂庵はどんなところだろう?と、ぐるぐるしたのだけれど、嵯峨野の方はどの御宅も一軒一軒の敷地が広いからか、たいていの御宅の庭に桜が植わっている。
 5時を回れば観光客もほとんどおらず静かな空間がそこにあった。日常をそこで生活している人たちが犬の散歩をしながら世間話をしていたり、道をほうきで掃いていたり。
 結局、寂庵も無事?見つけられ、瀬戸内さんはこういうところにお住まいなんだねと思いつつ。

Dscf0167  で、平安神宮のコンサートの後、八坂さんの方までぶらぶら歩き、円山公園を見てきた。円山公園で有名なのはしだれ桜。80歳を超える桜だがここ数年はずいぶんと弱ってきたようで、枝も払われて一回り小さくなったらしい。
 10年、20年前に見たこの桜、もっと元気もあって花もすごかったような記憶がある。肉眼で見るとそうは思わなかったけれど、こうして写真に撮ると無量感というか健気と言うか・・・。「今年も咲いてくれたんだね・・・」と思わずつぶやいてしまうような・・・。いつまでも元気でいてほしいと思うのは、人間や動物だけにではなく、こうした木々にも思うことなのだね。
Dscf0169

 月がとってもきれいで明るい夜でした。花見の人もたくさんいてにぎやかだったよ。世の中は何かと騒がしいけれど、こうして花見ができるんだから、日本はまだまだ平和なんだなあ。その中身に問題がないわけじゃないけれど、こうして笑顔と笑い声が響く時間がたくさんであってほしいなあ・・・。

 

| | Comments (3)

まるで桃源郷

Dscf0138  この時期、京都はあちらこちらにある桜の花が開き、どこを歩いても桜を愛でることができる。世界に誇る観光都市また歴史のある都市ゆえか、本当に街中が桜であふれかえっていると、そんな印象さえある。

 平安神宮ではこの時期、毎年のように「紅しだれコンサート」を行っている。そこで「こころのふるさと~平安神宮 紅しだれコンサート2009」に行ってみた。当日チケットを購入し、中へ入る。

 見上げれば、まるで桜の雨が降っているのかと見まごう南神苑の紅しだれ桜。鏡のような水面に映り、ただ静かに咲いている東神苑の紅しだれ桜。どの人も歓声を上げ、カメラを向けていた。
Dscf0134  隣り合わせたご婦人方が「写真にとっても、このきれいさは撮りきれないねえ」と話しておられたが、本当にその通りだと思った。
 言葉も出ないほどの豪華な桜。そっと静かに咲いているのに華やかで清楚で。あれだけの喧騒を静かに微笑みながら佇んでいるような桜たち。
 それでいて見る人を圧倒させる美しさ。今を盛りに咲き零れる花々。
 なんてきれいなんだろう。こんな桜を見られて、自分達はなんて幸せなんだろう。

Dscf0146  桜もこんなたくさんの人に褒められて嬉しかったのか、それとも感激した人々の純粋な思いがあふれていたのか。あちらこちらで見ることができた。
 京都にしてはずいぶんと後にできた神宮であるが、設計がよほどきちんとしているのか。それとも、今夜が特別だったのか。十六夜の月はまだ現れず。
 さんざめく桜と人々の間を穏やかに音楽が流れていく。本当に別世界。

Dscf0143

 皇居を模して作られたという平安神宮。こんな風な風景を見ると岡野玲子作「陰陽師」のワンシーンを思い出す。岡野玲子さん、実はこういう風景が見えているんじゃないだろうか・・・?(^_^;)

Dscf0162  本当にきれいで、夢のような時間でした。ただ、惜しむらくは、私がケータイを車中に置き忘れたせいで、友達ご夫婦に会うことができず・・・。でも、同じ時間に同じ桜を愛で同じ音楽に癒されていたのだなあと思うと、それはそれで、ご縁があってよろしいかと・・・そんな風にも思うのでした。

| | Comments (0)

2009.04.05

もらったお返しは

 バレンタインデーは異国の風習・・・と言うより、お菓子業界の陰謀だと思いつつ、毎年感謝と愛(笑)を込めて、チョコレートなどを贈ります。ほぼ、押し付けに近い状態ですが「ありがとう」の代わりと言うことで・・・。
 で、それぞれお返しをしてくださるのですが、今年のお返しの一つはDVDでした。なんのDVDかというと「夏目友人帳」というアニメ。白泉社発刊Lalaという雑誌に掲載されている「夏目友人帳 緑川ゆき著」のアニメ版のDVD。

 今日、少し時間があったので第1話と第2話を見ました。エンディングテーマは中孝介なのね。いい感じですねえ。
 にゃんこ先生。本来の姿と仮の姿?のギャップがいい。にゃんこの時に肩に張り付いているのもいい!あんな猫ほしい。
 妖怪のデザインは今市子の作品「百鬼夜行抄」にも通じる感じ。それもいい。

 まだ見初めで原作も読んだことがないので、この先がどういう展開かわからないのだけれど、 「そこはかとなく悲しくて、そしてほんのり優しい気持ちになれるはずです。 」とのメッセージどおり、見ていて辛くなくホッとできる作品だなあと思いました。(1話、2話ともじんわり泣けてくるようなお話しだったなあ・・・。)

 そんなことで、ちょっとずつ見ていこうと思っています。最近は、なかなか忙しくて本屋にも行けず、ゆっくりテレビや映画、本とかマンガを読んでる時間もないので、よい作品に巡りあう機会も少なくてね。
 そんな私には、とても嬉しいお返しとなりました。どうもありがとうございました。

| | Comments (2)

そろそろ満開・・・

Dscf0093  開花が早く、桜の時期がずれるんだろうか?と思われた今年の桜。でも、花冷えとかもあって、やっぱり4月第1週から第2週が見ごろとなりました。
 幼稚園や小中学校の入学式くらいに満開もしくは散り初めって感じになりそうですねえ。
 うちの前の桜も8分咲くらい。今日は風が強くて、うまく写真が撮れないです。

Dscf0088

 こっちはうちの庭にあるローズマリー。薄い紫の小さな花が満開です。これは昔、よそのお庭にあったのを枝を2、3本もらってきて挿しておいたら根付いたもの。もう5,6年たつかなあ。植木鉢に挿しておいたんだけど、それを突き抜けて地中に根を張ったつわもの。見た目の可憐な花からは想像できない根性だ(笑)

| | Comments (2)

当たったの

Dscf0081 「鋼の錬金術師」と言うアニメがあって、子ども達がこの作品のファンである。そのDVD BOXをお金を出し合って買ったのだけど、そのBOX購入者限定で応募できるイベント「鋼の錬金術師SPRING CARNIVAL ’90」があって、入場チケットが当たったのだね。
 当然、権利は子どもたちにあって、でもお一人様ご招待。そして、上の子はその日、大学のオリエンテーリングが入ってしまったので、結局下の子が行くことに。

Dscf0092  前から15列目で出演者の人の顔もしっかり見られて、声優さんがとても可愛くてきれいだったと感心していた。そうか、今は声優さんもビジュアルが大切なのね(^_^;)
 開場前に並んでいた時も、同じ趣味の人ばかり集まるから待っている間も話が弾んだらしい。隣の席の人とも話していて、「(BOXは結構値が張るものだから)買うお金はどうしたの?買ってもらったの?」とか聞かれ、「いいえ、バイトして買いました。」と答えると、相手にびっくりされたそうで。下の子は童顔な上に背が低いものだから、てっきり中学生以下に思われていたらしい。相手が「中学1年かと思った」と言うところにぎりぎり気遣いが(笑)

 イベントの前は原宿や秋葉原を散策したようで、その情報量の多さにお腹いっぱいになったらしい。やっぱりお江戸は都会やね(^_^;)

 Dscf0090

 写真は、上から応募に当たったお知らせのはがきと、会場限定のグッズ、アメ横で買ったと言うかばん。
 なんにしろ、行けて良かったね。楽しい思い出になって良かったね。

| | Comments (0)

« March 2009 | Main | May 2009 »