« March 2010 | Main | June 2010 »

May 2010

2010.05.02

なんと・・・

 もう三月じゃん、と書いていたら、なんともう5月じゃん。

 先月は終わりがけに義父がペースメーカーの電池交換のために5日ほど入院。特に大きなこともなく無事終わって行ったのでよかったけれどね。
 父は抗がん剤治療の影響で、体中に湿疹ができて、右手がしびれている。冷たくて寒いからこんな季節でも手袋しているよ。
 祖母は体の方はぼちぼちみたいだけれど、物忘れが激しくなって、ちょっと落ち込み気味みたい。
 そんな父と祖母の世話をする母も時々はストレスがたまるのか、やけに短気だったりする。

 まあ、毎日をコツコツと生きるしかないのだな。

 さて、茶とらにゃんこが3日前から具合が悪く部屋のすまっこでうずくまり何も食べない。一日たっても様子が治らないので、昨日獣医さんへ連れて行った。
 そうしたら黄疸が出ているからと点滴を打って、血液検査。今朝、再度病院へ行ったらどうも腫瘍があるようだからとエコーを撮る。
 肝臓とその周辺の内臓に黒い腫瘍がたくさんあった。人間で言うところの悪性リンパ腫だそうだ。リンパ腫になる原因としては何種類かあるのだそうだが、うちの子の場合は遺伝的なものだろうって。
 気付かずこのままほっておいたら2、3日で死んでいたそうだ。人間のように抗がん剤治療もできるけれど、そうしたところで全快はする事がないし、もって半年から1年。抗がん剤治療も一ヶ月くらいかかるし、やっぱり副作用が大きいので頑張れずに治療中に死んじゃう子もいるとか。
 ステロイド剤治療で半年くらいもつ子もいるし、ステロイド剤治療は一週間ですむので経済的にも大きな負担はないから、まずはそちらの治療をしましょうということで、茶とらにゃんこは通院することになった。

 今日は、昨日に引き続きの点滴でちょっと食欲も出て、さっき缶詰を食べていたけど、あとどれくらい生きてくれるかなあ・・・。
 「人間と一緒で苦しんだり、痛かったりするんですか?」と聞いたら、「最後は苦しいでしょうけれど、多分、そんなに苦しいそぶりは見せず、元気がないなあと思っていたら2、3日後になくなる・・・と言うケースが多いですから・・・。」と答えてくれた。
 動物が先に逝くのは承知の上だから覚悟もあるけれど、急なお別れと苦しいお別れは辛いから・・・。精一杯生きて、安らかに眠ってほしいなあ・・・。

 

| | Comments (6)

« March 2010 | Main | June 2010 »