« December 2010 | Main | June 2011 »

March 2011

2011.03.24

とらにゃん

 去年のゴールデンウィークに悪性リンパ腫と診断され、余命半年と言われたとらにゃん。抗がん剤やステロイド剤が功を奏し、もうすぐ1年。
 今週初めくらいから、急に食欲をなくし、元気なし。これはいかん!と獣医に連れて行くといつもの獣医さんお休みで、紹介してもらった獣医さんに診てもらう。
 すると、危機的な貧血状態で、命の保証がない・・・くらいの勢いで言われてしまった。リンパ腫と診断されて約一年も生き延びているのは奇跡に近いと。
 いや、奇跡はどうでもいいから、とらにゃん、助かるのか?

 点滴してもらって、ステロイド剤投与してもらって、一晩様子見。翌日、いつもの獣医さんに連れて行くと、前日の処方が効いて、危機的貧血状態を少し脱出。重篤な状態ではあるけれど、峠は越したかも・・・な感じ。

 で、一日置いて、今日、再び診察へ。
 院長先生の診立てでは、股関節のリンパ節に腫瘍があるそう。静脈の周りに腫瘍があるので、症状としてはとても困った状態らしい。
 しばらく抗がん剤投与をして、点滴を続ける事に決まった。

 今日は帰ってから、久しぶりに餌をねだった。お刺身を一切れ、缶詰を一匙。いいぞ、とらにゃん。大丈夫。大丈夫。
 みんなで応援しているよ。皆で祈っているから。大丈夫。

 で、なかなか日記を書けないので、最近ツイッターでぼそっとつぶやいていたりする。でも、アカウントとってない人は見られないと思うので、ちょこっと貼り付けてみた。近況報告、これですること多いかも。

| | Comments (2)

2011.03.13

いろいろまとめて・・・

 年が明けてから全然更新していないブログですが・・・(^_^;)まあ、いろいろアリまして。冷静に書けないので放置していました。
 とりあえず、年明けからあった出来事を・・・

1月 8日 祖母他界享年90歳
1月 9日 祖母 通夜
1月10日 祖母 葬儀
1月17日 雪がたくさん積もりました
1月27日 義父検診 
1月31日 義母命日
2月 2日 DVD「カイジ」見る
2月 3日 DVD「エアポート」見る
2月12日 子ども達と買い物 入学用の雑貨など買う
2月13日 ドライブ 
2月14日 昼から雪 けっこう積もる
2月15日 DVD「ダヴィンチ・コード」みる
2月17日 上の子が義父を床屋へ連れて行ってくれる
2月18日 下の子バイト始める
2月19日 祖母49日
2月21日 整形外科受診 異常なし この日NZで大地震
2月22日 DVD「アバター」見る
2月25日 ナルニア物語第2章 テレビにて
2月26日 名古屋の叔母 地下鉄にて転倒骨折のため入院
2月28日 叔母の入院手続きなど
3月 1日 下の子卒業式 旦那さん誕生日
3月 2日 叔母の病状を聞きに名古屋へ
3月 3日 DVD「嫌われ松子の一生」見る
3月 4日 DVD「おとうと」見る
3月 6日 叔父の養護施設に行く その後叔母の病院へ
3月 8日 義父の薬を取りに行く 少し声が変?
3月 9日 義父椅子から滑り落ちたらしくずっと座りっぱなし たんの切れが悪そう
3月10日 義父デーサービス中高熱出す すぐに病院へ行ったら肺炎と診断され即入院
3月11日 午後2時46分三陸沖でM8.8の大地震 東京も震度5 なかなか電話が繋がらなかったが、夜友人夫婦の無事を確認 ツイッター上で水戸の友人の安否も確認
3月12日 弟家族が義父を見舞ってくれる 叔母の病院で今後の治療計画を相談 

で、今日に至る・・・と。

 個々に書くといろいろあるので、今日ははしょります(^_^;) また、書くかもしれないけど・・・。書けないかもしれない。
 とりあえず、地震が起こってからテレビはどこをつけても地震のニュース。民放もコマーシャルをいれずに放映している。
 ものすごい規模の地震で、見たことのない映像が次々映し出され、胸が痛い。
 ツイッターやSNSでも被災者や被災地の事を思い、いろいろな情報が飛び交っている。
 余震もすごい回数で、それも大きい。そのうち、東海や西日本でも大きな地震が来るのだろうか。東海沖で地震が起きたら、東日本を襲った津波と同じような事が身近で起こる。考えるだけで怖い。千葉で起きた製油所の火災と同じような事が身近で起こる可能性も高い。心配だ。

 私には資格もキャリアも財力もないから、被災地のためにできる具体的なことは何一つない。だから、日常をしっかりと全うしよう。
 電力不足だから、関西電力や中部電力が東日本に電力を送るという。ならば、無駄な電気を使わないよう節電しよう。直接の被災地への支援にならなくとも、限りある資源を、必要なところで使ってほしい。
 スーパーへ行ったら、被災地向けの募金が始まっていた。微々たる金額であっても、募金しよう。
 へたに自粛せず、使うべきところにはきっちりお金を使おう。回りまわって日本の経済向上のために少しでも役立つよう。

 そして、祈ろう。
 少しでも早く事態が収束しますように。
 一人でも多く、助かる人がいますように。
 残念ながら亡くなった人たちが安らかにいられますように。
 被災地へ向かった支援チームや団体の人たちが無事に任務を全うし、家族の元に帰れますように。

| | Comments (2)

« December 2010 | Main | June 2011 »