« June 2011 | Main | August 2011 »

July 2011

2011.07.24

まだがんばってるよ

 とらにゃん、2、3日前から点滴を吸収できなくなってきて、本数を減らしてもらった。もうほとんど動かずじっとしている。気分が良くないとトイレにも行けないみたい。
 今週初めの頃、獣医さんに「人間で言うところのターミナルケアの時期でしょうか?」と訊ねると、一呼吸置いて「そうですね、そうなりますかね。」と答えてくれた。
 おなかにしこりが見つかってからの治療は延命のためのものでしかなく、病気自体をどうにかするものではなくなっている。
 大好きな缶詰もお刺身も見向きもしない。独り占めしていたまたたびの粉をかけてあげても知らん顔だ。
 今日、点滴してもらいに行ったら、減らした本数分も吸収できなくなっているそうだ。小さな注射を一本。獣医ももう無駄になる治療は控えているのだろう。
 ん~、後どのくらいいてくれるんだろうか。

 先日、夢を見た。高校生くらいの年頃の金色に近い茶色の髪をした男の子。私はその子の世話を一生懸命していたんだよ。その子も懐いてくれて、何かあると私のところにやってきた。ふと気がつくとその子がいなくなっている。代わりに黒い髪の男の子がいて、私は代わりにその子の世話をしていたよ。
 目覚めてから数日はどうしてそんな夢を見たのか不思議だったし、男の子達が誰なのかも見当つかなかったけど。昨日、ふと、「あ、あの子達はうちのにゃんこたちだ」と思った。そうか、とらにゃん、旅立ったら今度は人間に転生するんだ。で、そのあと、残った黒にゃんを大事にしてあげたら、黒にゃんもいつか人間に転生するんだろう。

 あと、どのくらいかわからないけれど、いてくれる間は、大事に愛してあげようと思うよ。

| | Comments (2)

2011.07.17

今頃わかる・・・

 義父が同居して、まあ、慣れないうちはみんながどこかで気詰まりなものだ。慣れてしまえばどうって言う事ないことも多いけどね。

 一番、気を使うのはやっぱり食事だな。糖尿病もあるし、腎臓の機能も低下したままだから、なんでもいいって言うわけには行かない。それに、退院してからはすっかり体力がなくなって、長時間歩くことができなくなってきたから、外へ出歩く事もデーサービス以外にはほとんどない。だから、食事くらいは好きなものおいしいものを・・・と思うんだよね。

 そこで、困ったと言うか、自分が勝手に困っているのが、休日の食事だ。
 休日は義父の起きる時間がまちまちなので(起こさないといつまでも起きてこない。気がつくと昼前と言う事もよくある。)、食事の時間がずれてしまう事が多い。
 先に義父の分を用意して、でも自分は今食べる時期じゃないって言う時はあとから食べる事になる。

 その時に義父の前で自分だけ食べるのがものすごいストレスを伴う。
 義父はすでに食べ終わっているし、自分が食べるものが全然義父と違うものだったり義父の寄りも贅沢なものなわけではないのだけど。
 時には、鮭のほぐしたものでお茶漬けしてお漬物だけで済ますこともあるのだが、なんというか、義父に出さなかったものを義父の目の前で食べるのが気ずつないのだな。なんと言うことはない後ろめたさが伴うんだ。
 別に、義父と違うものを食べているからと言って、義父は何もいわないと思うけれどね。

 で、思い出すのは今年初めに亡くなった祖母の事だ。
 祖母は朝食と昼食は両親とは別に食べていた。台所の狭いテーブルで、好きな漬物やおかずをいくつか広げてひとり食べていた。
 よく父も母も「こんなところで食べていないで、皆と一緒に食べるか、リビングで食べればいいのに」と言っていたものだ。
 「一人で食べている方が気楽なんだろうなあ」と思いつつ、私も「こんなところで食べてないで、広い所で食べたらいいのに。」と言った事がある。

 義父と同居して、初めて祖母の気持ちがわかる気がする。
 父だって、祖母の食べている物を見て、別に何も言わなかったろう。「俺に出さないものを、おいしそうに食べている」とか「自分ばっかり食べて、俺には食わせない」なんて思ってもいなかったろうし。
 でも、祖母はきっと後ろめたかったのだろう。義理の仲である父が食べ終わった後で、あるいは一緒食べる時に自分ひとり好きなものを食べる事が、なんとなく後ろめたく、気ずつなかったのだと思う。
 だから、一緒に食べるときは、絶対食べないのが分かっていても「これ食べるか?」と訊き、好物と分かっているものは他におかずがあっても、その好物を出していたのだろう。充分に満足に食べてもらわない限り、自分も落ち着いて気にせずに好物を食べる気がしなかったのだろう。

 亡くなった義母も、私達が結婚したての頃は同居していたのだが、二人だけでご飯を食べる機会があると、あるもの全部並べて、「これはおいしいから」「これは珍しいから」「これも食べてごらん」と食べる事をすすめた。
 あれもたぶん、義母が自分ひとり、自分の好物を食べる事に後ろめたいと言うか気ずつない気持ちがあったからなのだろうな。
 私も義母が食べているものを見て、「一人だけおいしそうに」とか「私に食べさせないのに自分ひとり食べて」なんて思ったこともないけれど。その時は、昔の人だから何でもすすめる癖なのかと思っていたけれど。

 そんな風にまだまだその立場になってみないとわからない事がたくさんある。
 卑下するのではなく、過少するのではなく、謙虚にいなければ・・・と思う。
 そして、冷静に平等でいなくては・・・と思う。
 もちろん、そんな風にはぜんぜんできないところの方が多いのだけど。

| | Comments (0)

2011.07.16

セミが鳴かないよ?

 連日、35度を越える暑さの中・・・暑すぎるからか?セミの声をあまり聞かない。朝方、思い出したように鳴くけど、すぐに鳴きやむような感じがする・・・。???

7月12日 とらにゃん、食欲なし。肉球が白い・・・と言うか黄色っぽい。貧血プラス黄疸か?木曜日、検診だけど、それまで持つかなあ・・・。

7月13日 とらにゃんのために、高カロリーの缶詰買ってくる。何とか食べてくれる。

7月14日 義父のペースメーカーの検査のため、バイト休む。検査は午後からなので先にとらにゃん病院へ。食欲がない胸を告げ、触診してもらうと獣医さんが「なに?なにこれ!」とビックリしたような声でそう言った。先週なかった大き目のしこりがおなかにできているらしい。で、やはり黄疸もひどいそうだ。義父のペースメーカーは元気?に動いているらしい。あと10年は取り替えなくてもいいそう。10年って、あなた92歳になってるだろうに。どうなっているんだろうか。

7月16日 とにゃん、毎日病院。黄疸が引かない。朝から少し食べただけで、後飲まず食わず。夕方にはぐったりしていた。痛いのか苦しいのか時々うなっている。吐き気もあるようだが吐いても胃液しか出ない。トイレも自分で行かない感じ。吐き気止めとビタミン剤と栄養剤を点滴してもらったので、少し持ち直す。

 と、いうことでけっこうにゃんこ週間だった。
 動物は最後まで生きようとするんだな。黄疸が出て、しこりがいっぱいと言われても金曜日までは何とか食べていた。頑張って生きようとしているのなら、家族としてできる限りのことをしなくてはね。まだ、しっかり意識のあるうちにとらにゃんにちゃんと「ありがとう」を言っておこうと、子供たちもそれぞれとらにゃんに話をした。
 そう思いながらも、昨日はさすがに先行きが見えてしまったような気がして、いよいよ本当にそう長くはないと家族で思う。
 下の子が小学校5年生の時に、この子に決めたともらってきた。昼間に本格的に働き出したから、かえってから一人は寂しいだろうともらってきた子。最初は下の子と同等で、下の子はよくとらにゃんにからかわれていた。
 もう一匹ネコが増えてからは、上の子に懐いていろいろ世話をしてもらったり、かわいがってもらっていたよ。
 ふさふさのロングヘアのイケメンにゃんこ。賢くてよくしゃべって、こちらの言う事もよく理解したな。冬の寒い夜、おなかの上や足元で眠るにゃんこが暖かくて幸せだったな。

いっぱいの思い出と幸せをありがとう。とらにゃん。
最後までちゃんと見守っていくよ。
できたら、奇跡の復活を・・・と思うけれどね。

| | Comments (2)

2011.07.12

今年は夏が早い!

 7月も初旬を過ぎたが、なんだか、もうすでに8月が目の前のような感覚の暑さだにゃあ。あんまり一気に暑くなったから、あせもができてかゆい・・・。

 で、またまたまた、覚書。

6月19日 まだまだ梅雨の時期で雨も多いから、乾燥機を買おうかと電気屋へリサーチしに行く。しかし!そう、最近は洗濯機と乾燥機の一体型が主流となりつつあるので、乾燥機単体と言うのは皆無に等しいのだった・・・。除湿機でプラス洗濯物乾燥もできるよって言うのもあったけど。む~~。

6月21日 義父、デーサービス。帰って来てからか、帰る前か、便を漏らしたようで臭う・・・。トイレに行ったときに確認したらやはり少し漏らしていた。少しだと感覚がわからんのかな・・・。夜、旦那さんとワンコの散歩ロングコースへ行った。ワンコ暑そう(^_^;)

6月22日 朝、リハビリパンツでは足りなかったのか、尿が漏れてシーツやパジャマがぐっしょり・・・。それでも本人、尿と思わず「汗いっぱいかいたなあ」と言っている。汗でも何でもいいから着替えましょうね~と、着替えてもらう。

6月23日 ワンコ脱走!!!義父が玄関を開けた隙に逃げたよう。でも、何故玄関を開けたか、当の義父が覚えていない。ワンコは、隣の駄菓子屋さんに自らお邪魔してお世話になっていた。駄菓子屋のご主人夫妻はワンコ大好きなので、ちゃんとお世話してくれていた。ありがたや~~~。

6月24日 お友達から郵便が届く^^ いろいろ気遣いが詰まっていて嬉し~~~!!!ありがたや~~~^^本当にありがとう。

6月25日 義父、検診。腎臓機能の低下が気になるとの所見。足の運びが非常に悪い事についてはパーキンソン症かもしれないと言われた。他は年齢相応だそう。夏風と熱中症に気をつけてという感じ。

6月26日 町内清掃。あまり暑くなかったので助かった。義父、昨日病院へ行ったせいか、起こしても起きてこず昼まで寝ていた。

6月28日 この日は各電力会社の株主総会があった模様。反原発には企業としてはしない方向なのだな。目の前の利権に頼らず、知恵を出しあって乗り越えて行こうとは思えないのだろうな。

6月29日 友人に頼んであったお守りを送ってくれた。ありがたや~~~。うれしい^^ 

6月30日 USB接続の卓上扇風機を買う。会社で使っているが、意外といい^^

7月1日 今年は節電のため、大手自動車メーカーが木金を休みにして、土日に勤務する事を決定した。なので、木金とスーパーなどの人出が多く、土日は少し少ない気がする。

7月2日 「薔薇と宝塚とキラキラがすき」のブログの管理者の方のご縁で「認知症 家族を救う治療革命」と言う書籍をいただく。頑張って読もう。

7月3日 ワンコを洗う。その後のブラッシングの最中に脱走して、旦那さんが捕まえようとしたらカプッと旦那さんの手をかんだ。痛そう。かわいそう。

7月4日 夜、右目がかゆかった。朝、起きたら、腫れれ上がってしまっていた。どうもこの間から右側が調子悪い。

7月5日 会社の同僚がもう使わないからと、下の子にビーズをくれた。そんなにないだろうと思っていたら、結構しっかり一式あって、びっくり。ありがやた~~。

7月6日 朝、起きたら廊下がびしょぬれ。どうやら義父が朝方トイレに行こうとして尿を漏らした模様。朝から大掃除じゃ。

7月7日 七夕さんだけど。雨降ってるし。とらさん病院。体重4.5キロ。だんだん体重が減っていく・・・。リンパ腫は治まっているけれど、なくなったわけではないので・・・。いつまでそばにいてくれるかなあ・・・。

7月8日 今朝も廊下がびしょぬれ。リハビリパンツはいているのにどうして漏れるんだ。

7月9日 ワンコの狂犬病の注射打ちに行く。うちのワンコはワクチンとかの関係でこの時期にずれてしまっているので、獣医に連れて行くのだ。とらさんを連れて行ったときに、ワンコが旦那さんの手をかんだ話しをしていたので、獣医さんがワンコに「お父さんの手をかんだん?あかんやん。」と話しかけていた。

7月10日 久々に実家へ。父の好きなお肉を持って行くが、相変わらず食が細くて心配。身長177センチ、全盛期は体重75~78キロの大きな体格だったのだが、今は68キロしかない。72キロくらいはないと体が疲れると言っていた。でも、食べられないから太れないとか。祖母の初盆の参りは8月12日。

7月11日 義父、トイレに間に合わず便を漏らす。床から服からスリッパからえらいこと。でも、トイレに入ってからだったので、被害?は最小限。トイレも尿漏れ対策にシートを引いてあったので、それごと取り替えるだけですんだ。上の子がまだいてくれたので大活躍してくれる。若いのに我が子ながらすごい。おかげでとても助かった。でも・・・というか、当の義父は朝、そんな騒動があったことを夕方には忘れてしまっている。

 と、言う感じ。

 義父は、「覚えていられない状態、すぐ忘れてしまう状態」と言う自覚はある様子。でも、自分では昔同様しっかりしていると思っているので、うまく誘導しないとすねてしまう。言葉一つで素直に言う事を聞いてくれたり、自分でしたりしてくれるが、配慮がない一言だと怒ってすねてしまう。その一言が一番多いのが旦那さんだったりするが、まあ、親子だからいいのか?(^_^;)

 実家の両親は、小康状態を保っている感じだ。でも、父はずいぶん痩せてしまって、食も落ちている。一見元気そうだが、昔を知っているだけに、今日このごろの細さにはやはり心配は尽きない。
 母も小康状態だ。物忘れがひどくなってきているが、今のところ、「したこと」は覚えているので、まだ大丈夫か。(認知症になると「したこと」自体を忘れる。)

 とらさんはリンパ腫のせいで貧血になったり、抗がん剤のせいで食べなかったりと、心配だらけだ。毎週、点滴を打ってもらって、薬を飲んでいるので永らえている命だが、それがとらさんにとって幸いなのかどうかはわからない。ただ、家族として、一日でも長くそばにいてほしいと思うだけだ。

 子どもたち。もう、子ども・・・な歳ではないのだけどね(笑)それぞれ、学業に遊びにバイトに頑張っている。上の子は来年4年生になって就職活動やらをしなくてはならない現実にちょっと不安を感じているのか。下の子は大学生活に慣れるのがやっとで、まだまだペース配分をつかめない感じだ。それも後期になればなんとかなるだろう。

 そんなこんなで、相変わらずぼちぼちと過ごしている。暑さのせいか歳のせいか、やたら疲れるけど(^_^;) どうも右側が調子悪いけど。今日は、まあ、平気かな。でも、毎日、本当に眠い。仕事中も眠くてうとうとしてしまう。6時間は寝ているつもりなんだけどなあ。
 こうして入力していても眠くなってくる(^_^;)いかんいかん・・・。

 そうだ、ゴーヤはすくすく伸びてきた。やはり暑いと育つね。小さい実が二つなっていたよ。

| | Comments (2)

« June 2011 | Main | August 2011 »