« 気晴らしになったか? | Main | せっかく退院したけれど… »

2013.03.30

車いすは使わない

 最近は介護&看護が中心の生活になっているので、自分の趣味とか遊びについてのネタはまったくない。
 まあ、そんな時期もあるものと随分前から思っていたので、いつも遊べるときに遊んどこ~と、遊んでいたが…。それについては良かったよかったなのだが、遊んでいてあまり貯金をしていなかったのが、今になってちょっと痛手。
 大学へは行かないだろうと思っていた下の子まで4年制の大学へ行くとなって、将来の貯蓄計画も大幅に変更せざるを得なかったのも痛手の一つだ。
 しかし、子どもを育て上げ、支援するのも親の務め。上の子も下の子も遊びに大学へ行っているわけではなく、学費と交通費以外はすべて自分で賄っていて、けして親におんぶに抱っこされているわけではない。(特に下の子はファッション系の大学なので、実習にかかるお金が結構いるが、それはバイト代で賄っている。上の子は大学卒業後、専門学校に行くがそれは学生時代にバイトしたお金で学費を自分で出していく。)
 下の子が卒業するまであと2年。何としてもそれまでは、あれもこれもバランスを取りながら両立させていかねば。

 3月25日
 義父は無事に?退院できた。病気的にはきっちり治しての退院だから、そうそう心配することはなさそう。
でも、安静第一に過ごしてきたので、約三週間ずっとベッドの上。だから、足腰が全く立たず。まず自分でベッドから起きられず。寝た状態から身を起こすことができない。何とか起こしてもらってもそれを自分で支えられない。
 ベッドから立とうとしても立ち上がれない。立ち上がったら立っていられない。結局、車いすで自動車まで移動した。
 家に帰ってからが大変で、家には車いすなどないし、玄関まで階段もある。なんせ立っていられないんだから、抱えていくしかなくて。旦那さんがおんぶしていこうとしたけど、体が固くなっていてうまくおぶさることもできない。結局、旦那さんが背中に背負い、上の子が後ろから抑え、私が前から義父の手を引いて部屋まで運んだ。
 どうしよう。。。と真剣に思ったが、夜、リビングから寝室への移動時は、自分でイスから立ち上がることができ、支えがあれば5分程度なら自立できるようになったので、ちょっと安心。しかし、足が前に出ず、歩行は手引きでも困難な様子だ。
 車いすやスロープのレンタルを考えなくてはならないか。介護計画も立て直さないといけないか。いろいろ考えることがあって、本当に頭がパンクしそうだ。

 3月29日
 退院の翌日、義父を一人で置いておくのは心配なので、ショートステイとデーサービスと通所リハビリを火曜水曜木曜金曜で組んでもらった。
 行き帰りを心配したが、さすがに介護のプロたちは動じることもなく、サクサクと行動し義父をうまいこと誘導してくれた。
 火曜から木曜の状態を見て、心配してくれたケアマネさんが車いすとスロープをレンタルする手配をしてくれて、木曜日にデーサービスの人とケアマネさん、福祉用具レンタルの担当の人と玄関であれやこれやと考えてくれた。
 が、連日のショートとデーが功を奏したのか、金曜日のリハビリには少し回復していたようで、リハビリ担当の方によると、歩行器を使えば前進歩行もなんとかできるし、階段の昇降も手すりを使えばできるようだと報告あり。それで、せっかく手配してもらった車いすとスロープはキャンセルして、歩行器や手すりを使う方法を考えることにした。
 関節が固くなっていてうまく動かせないのだ。観察していると横移動や上下移動は手すりにつかまっていればできるのだが、前への移動ができない。足が上がらないし、前に足を出せないのだ。体幹バランスをとることもできないのだろう。そのせいか、下半身の着替えや靴下をはくことが一人ではできなくなっている。
 車いすを使ってしまうとかえって歩くことを放棄しそうなので、本人には大変だと思うが、しばらく、家では手引きや手すりを使った歩行、リハビリでは歩行器を使った歩行、デーでは車いすと、体力がつくまで柔軟に対応していくことにした。
 食も細くなっているので、嚥下などがしにくいのではないかと思うが、これも、うどんや茶碗蒸しなど食べやすいものから始め、じょじょに普通の食事がとれるように段階を踏むことにした。
 高齢になると、一回の入院が大変なダメージとなる。今から暖かくなるのが救いだ。


 さて。親父のほうはどうかというと、おかげさまで小康状態を保っている。一時退院の前後から泣いてばかりの状態を見て、さすがにこんな風にナーバスなのは良くないんじゃないかと思っていたら、主治医も同じように判断してくれて、一度うつ状態になっていないか精神科の医師に診てもらうように手配しくれた。
 モルヒネのせいでもあるのだが、こちらとの意思疎通がほとんどできない。親父にはいろいろな思いもあって、体も動かず、痛みが持続し、体力的にも精神的にも相当なダメージがあるはずだ。少しでも楽にいてほしいと思うので、できることはなんでもチャレンジしていきたい。
 親父が動けなくなってから、ずっと病室に泊まり込んでいた母だが、その様子を心配してくれた看護師や医師の勧めで、先週あたりから夜は自宅に帰ることにしている。
 家に帰っても温かい雰囲気は少ないだろうが、それでも、夜はゆっくり眠れるし、弟家族もいるから何となくはふれあいもある。(弟は仕事帰り親父の病院によってくれるし、姪っ子の上の子は就職したので帰りが遅く、下の子は塾でこれまた帰りが遅い。帰ってもしばらくはお嫁さんしかいないので、そんなにベラベラ話をしたりはしないだろう。)
 ここ数日は、母が夜なら家にいるのがわかって、ご近所さんが時々たずねてくれるそうだ。そんなささやかな時間も母にはしっかり心の支えになるだろう。

 私といえば、4月から勤務を一日おきにしてもらった。月末月初や忙しいときは、曜日に関係なく出勤するが、基本的に火曜日と木曜日を休みにしてもらった。
 火曜日は義父がリハビリの日で、9時ごろから4時ごろまでいないので、その時間は親父の病院に行くことができる。実質は4時間程度だが、その間でも母の用事のある時は変わってあげられる。買い物や他の用事は木曜日にすることができる。少しは楽になるかな。
 そんなこんなで、その時その時で考えながら対応していこうと思う。
 

|

« 気晴らしになったか? | Main | せっかく退院したけれど… »

介護・看護」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 気晴らしになったか? | Main | せっかく退院したけれど… »