« June 2013 | Main | August 2013 »

July 2013

2013.07.25

微小血管狭心症

 昨日のNHK総合で放送された「ためしてガッテン」ご覧になりましたか?
 ものすごく痛いのに診察してもらっても原因がわからない心臓の症状について取り上げていました。

「微小血管狭心症」
・安静時に発生する
・広範囲に痛みがある
・5分~半日ほど痛みが続く

このような症状が特徴らしいです。詳しくはこちら(NHKのためしてガッテンのサイトです)

 

 この番組を見ていて、思い当たる思い当たる。ここ数年悩まされている頻脈発作はまさにこれのことではないか?と思いました。

 確かに。運動した後とか何かをしている時ではなく、デスクワークをしていたり、車の運転をしていたりと、意外と動きの少ない時になることが多い。
 動悸が起こり、頻脈発作になってしまうと、心臓のあたりが痛いのですが、そこまでひどくならないときは、背中が痛かったり胸の真ん中や鎖骨のあたりが痛かったりします。
 発作が起きて激痛になっても結構長く痛みます。ちゃんと時間を計ったことはないのですが、30分くらいは身もだえするような、こらえきれない痛みに襲われますねえ。(これ、薬を処方してもらっていて、それを飲むから30分から1時間くらいで痛みが取れるだけ。もし、薬を飲まなかったらどれくらい痛いか想像がつかない。)
 で、そのくらい痛がっていて、救急搬送されて、CTやらエコーやら撮ってもらっても原因はわからず、病名は特定されません。(この病気のガイドラインができたのは2010年だそうです。だから、私が最初に発作を起こした時には、まだ、この病名自体がなかったようです。)

 早い話。更年期障害からくる狭心症らしいです。女性ホルモン・エストロゲンの減少が原因らしい。それらの症状が出た人はほとんどが40代後半から50代にかけての人。私も最初に症状が出たのが45歳くらいです。自分でも「あ~、そろそろ更年期っぽいなあ。似た症状が出てきたなあ。」と思い始めた頃。
 
 自分では更年期症状や日々のストレス過剰で時々自律神経とやらがどうにかなって、そんな発作が起きるんだろうと思っていましたが、本当にそうだったみたい。

 病気というのはいやなもので、特に原因がわからないと精神が先に参ってしまいがちですが、原因がわかると開き直れるというか、立ち向かえるというか、受け入れることができる気がします。
 私自身、自分の症状の原因と病名の予想がついただけで、ずいぶん気が楽になりました。
 今度、そんなことで医者にかかることがあれば、この病名を言って判断材料にしてもらおうと思います。

| | Comments (0)

母、事故を起こす

 昨日の話です。
 朝から何度も電話が入っていたのに気が付かず、義父を送り出した後でかけ直したら、なんと事故を起こしたという話!びっくりした!
 車同士でぶつかり、車が傷ついたとか。幸い、双方怪我もなくほっと一息。全く朝から脅かしてくれます。
 どうやら、友達を病院に送っていく途中で、病院の近くまで来てショートカットできる道に右折で入ろうとしたらしい。そこへ直進してきた車と側面衝突したようです。今日、車を見たら左側のドアの最初から後ろまで微妙にへこんでいました。相手の車はバンパーが壊れていたといいます。
 双方が走行中だったろうから、全面的に悪くはならないでしょうが、優先は相手側ですから、母の方が注意を怠ったということになります。

 「どうしてこんなことばっかりおこるんやろう。」と落ち込んでいましたが。「注意が足らない」んでしょう。
 と、言うか。今回に限らず、楽をしようと横着をすることが増えてきたのが原因かも・・・。今回のことでも、もうちょっと走ったら右折できる信号のある交差点があって、そこを通っていれば無駄な事故は避けられたでしょうに。
 家の中でも横着してつまずいたり物を落としたり。歳のせいもあるんだろうけれど。歳のせいと思うなら、それを自覚して、注意深くなってほしいものですが。なんともはや・・・。
 
 とにかく、怪我なく、もめごとなく、解決しそうなので、それが幸いでした。本当に気を付けてほしいよ~~~。

| | Comments (2)

2013.07.15

三連休だけど

世間は三連休ですが。お仕事の方もお見えかと思います。お疲れさんっす!

うちも三連休とはいえ、いわゆるレジャーとは無縁の生活。しかし、三連休だから何かをしよう!と思っていたけれど。連日の猛暑と天候の不安定さに初日からだるだるモード。
ちょうど、お友達にたくさん小説や漫画を借りたので、それらを読むことに変更(笑)
朝の掃除洗濯やらのルーティンワークを終えた後は、義父がいることを言い訳にエアコンかけて、「宗像教授異考録」と「猫絵十兵衛」という漫画を読んでました。
「宗像教授…」は知る人ぞ知る歴史ミステリー?漫画。古代史をもとにいろいろな角度から話が展開していきます。あるわけないよとする半面、そうだったかもしれないという結末に毎回、作者の星野之宣さんはものすごい勉強家なんだろうなあと思います。知ってないと書けないぞ。あんな話。同じような方面の小説で高田崇史先生の「QED」というシリーズの作品もありますが、これもなかなか時のたつのを忘れて読ませてくれます。
「猫絵十兵衛」は、もうにゃんこがいっぱい。多分、江戸時代の東京下町を舞台ににゃんこがらみのお話がつづられます。笑いあり涙あり。出てくるにゃんこの愛らしさ、切なさ。人とのきずなのいとしさ。堪能しました(T▽T)

さて。そんなことで、あまりどっさり汗をかくような生活ではございませんでしたが、やはり掃除などしますと、だらだら汗が出ます。
で、エアコンが効いているといっても、あまり効きすぎてしまうと逆効果なので「じっとしてると気にならないが、ちょっと動くと汗だらだら。」な温度にしてありますので、動いた後しばらくは外程ではないけれど、汗はなかなかひきません。
そこで、登場するのが、春に仕込んだ「梅シロップジュース」。これに少しお塩を入れまして。そうすると、酸っぱいしょっぱい甘いという複雑な味になりますが、これがおいしい!熱中症予防に良い感じでございますよ。

と、いうことで、三連休もあと半日。ゆっくりできるときにゆっくりしておこうっと。 

| | Comments (2)

2013.07.12

にゃんこグッズ

 連日の猛暑。皆様、いかがお過ごしですか?今日なんか、車の外気温表示がなんと39度でした。そんな温度のお風呂なら、熱くてすぐには入れません…。

 昨日は、ミントちゃんとミント母さまとそのお友達が実家に来てくれました。親父のお参りに来てくれたんです。
 親父がなくなって、はや三か月。早いようなまだなような。
 ふとした拍子に思い出しては親父を思い泣いてる母ですので、こうして、だれかれと尋ねてくれて、昔話や世間話に花を咲かせるのは、気もまぎれるし、時間があっという間にたつので、なかなか貴重な時間です。ありがたいことでした。皆さん、ありがとうございました。

1011870_394341704010713_1938941111_


 で、ミントちゃんがくれたのは、にゃんこの三段ポーチ。前にお店で見かけたとき、買おうかどうしようか迷って結局買わなかった品です。やったー!うれしいです~~。
 にゃんこの風鈴ストラップは、顔が微妙にかわいい(^^; でも、付けたら風鈴のところがもげちゃいそうなので、どこかへぶら下げて飾っておこう。

本もたくさん貸してくれたのだ。たくさんあるから、ちょっとずつ読もう。
 いろいろありがとうでした。

| | Comments (2)

2013.07.09

義父、夏バテかなあ

この1週間ほど、義父の元気がない。食欲はいつもの半分以下だし、だるそうにしているし。デーサービスや通所リハビリに行くのは拒否しないし、施設でもそこそこのプログラムはこなしてきていた。
でも、土日とゆっくり休んだ割に元気がない。月曜日のデーサービスも、最近お気に入りの麻雀にも参加せずにベッドで休んでいたという。
本当なら、この週末に定期健診があるのだが、今日は主治医が外来担当なので、予約なしで予定を早めて病院に行った。
結果としては、緊急性のあるものはなく、検査の数値もまずまず。肺にたまっている水も前回より若干多めなものの、これが影響して何かあるわけでもなし。
強いて言えば、脱水症状が軽く出ているので、点滴処置だけしましょうということになった。

83歳だ。乱暴なものの言い方をすれば。打つ手なし。ということです。
昔なら、これでどんどん体力がなくなり、老衰で命を落とすのだろう。
血液検査の結果でわかる栄養値が基準範囲の最低ラインだった。これの数値がどんどん下降線をたどったり、急に数値が落ちたりしたら、入院して点滴した方が良いらしい。
今でも、数日間入院して点滴を打てば、栄養値的には回復するだろうが、だからと言って、目に見えて元気が戻るわけでもない。かえって、入院して動きが少なくなったら筋力が落ちて、退院後が大変になる。
それなら、デーサービスなどを利用し、栄養補助食品や食べやすいものを食べ、それでもどうにも元気のない時は点滴に通った方が、本人の体力も気持ちもおさまるのではないか。

「本人は入院は嫌だと思います。点滴しにきたり、食事に気を付けたりしながら、できる限り長い間、家で過ごしたいと思います。」と、ドクターに告げ、「予約がなくても、目に見えて元気がないなら、また点滴においで。」と言ってもらった。

そんなわけで、義父は無事、家に帰ってこれた。
また、一つステージをあがったというか、下がったというか。この夏の猛暑。どう乗り切るか。
生活の見直し、食事の見直し、通院の回数など、また、新たな分岐点にさしかかったのだなあと思う。

| | Comments (0)

« June 2013 | Main | August 2013 »