« また、頻脈 | Main | にゃんこグッズ »

2013.07.09

義父、夏バテかなあ

この1週間ほど、義父の元気がない。食欲はいつもの半分以下だし、だるそうにしているし。デーサービスや通所リハビリに行くのは拒否しないし、施設でもそこそこのプログラムはこなしてきていた。
でも、土日とゆっくり休んだ割に元気がない。月曜日のデーサービスも、最近お気に入りの麻雀にも参加せずにベッドで休んでいたという。
本当なら、この週末に定期健診があるのだが、今日は主治医が外来担当なので、予約なしで予定を早めて病院に行った。
結果としては、緊急性のあるものはなく、検査の数値もまずまず。肺にたまっている水も前回より若干多めなものの、これが影響して何かあるわけでもなし。
強いて言えば、脱水症状が軽く出ているので、点滴処置だけしましょうということになった。

83歳だ。乱暴なものの言い方をすれば。打つ手なし。ということです。
昔なら、これでどんどん体力がなくなり、老衰で命を落とすのだろう。
血液検査の結果でわかる栄養値が基準範囲の最低ラインだった。これの数値がどんどん下降線をたどったり、急に数値が落ちたりしたら、入院して点滴した方が良いらしい。
今でも、数日間入院して点滴を打てば、栄養値的には回復するだろうが、だからと言って、目に見えて元気が戻るわけでもない。かえって、入院して動きが少なくなったら筋力が落ちて、退院後が大変になる。
それなら、デーサービスなどを利用し、栄養補助食品や食べやすいものを食べ、それでもどうにも元気のない時は点滴に通った方が、本人の体力も気持ちもおさまるのではないか。

「本人は入院は嫌だと思います。点滴しにきたり、食事に気を付けたりしながら、できる限り長い間、家で過ごしたいと思います。」と、ドクターに告げ、「予約がなくても、目に見えて元気がないなら、また点滴においで。」と言ってもらった。

そんなわけで、義父は無事、家に帰ってこれた。
また、一つステージをあがったというか、下がったというか。この夏の猛暑。どう乗り切るか。
生活の見直し、食事の見直し、通院の回数など、また、新たな分岐点にさしかかったのだなあと思う。

|

« また、頻脈 | Main | にゃんこグッズ »

介護・看護」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« また、頻脈 | Main | にゃんこグッズ »