« September 2013 | Main | November 2013 »

October 2013

2013.10.26

力作揃いでした

1382207_440118876099662_1815505619_モデルさん歩くの早くてブレブレですが。力作揃いでした。

 ファッションショーを見に行きました。なぜかというと、うちの子の作品が出ているからです。
 ファッションショーは、作品はもちろんですが、その運営も進行も、演出も音響も照明もすべて学生の手作りです。先生方のサポートやフォローはありますが、みんなが力を合わせて行います。
 作品は、1年生はグループ制作したものを、2年生以上は学内コンテストで選ばれた作品が出品されました。

 作品は約90点。どの作品も力作でした。
 中には、はっとするほどよくできたものもあったように思います。
 多くの作品は、その制作過程において、「苦労しただろうな。がんばったんだろうな。」というのが表面に現れていて、同じ学生を持つ親としては「よくがんばったねー。途中、投げ出したいときもつらい時もあっただろうに。最後まで仕上げて偉かったね。」と思うのですが。
 でも、たぶんですが。作品にはそういうものが現れてはいけないのではないかな…と。将来プロとして、商品として、作品を発表するだろう彼ら。
 さらっと作って、さらっと着て歩いて、何気ない、何でもないような顔をした作品。それでいて、デザインもよく、パターン(型紙)も正確で、縫製も丁寧で、美しい作品。それが理想なのではないかなと見ていて思いました。
 その境目を超えた人だけが、プロの世界に入っても通用するんだろうなと思います。そして、その境目を超えてさらに先へと進む情熱を持っている人だけが、長くそれを続けられるのだろうなと。

 好きで選んだ仕事でも、いろいろな条件や環境や時代などで断念する人もたくさんいます。私もその一人です。
 だからこそ、それを超えて、続けている人、また途中やめても再開してライフワークにしている人は、本当に素晴らしいと思います。

 今からの時代を担う若者たち、みんな、納得のいく「仕事」を選び、やり続ける情熱を持ってください。
 すぐに成果が表れなくても、同じことをずっと続けられなくても、途中でやめてしまうことがあっても、でも、やり続けられる「仕事」を選んでください。
 できればその「仕事」で自分の食い扶持が稼げるとベストですが。

 真剣なまなざしで、ショーの進行を見守る学生、衣装を着て歩く学生。そんな学生さんたちが、苦しみながら泣きながら挫折しながら、それでも先へ進み、充実した幸せな時をその手にしてくれたらいいなと。
 そんなことを思った今日でした。

| | Comments (0)

2013.10.22

1375250_438111756300374_158553856_n

 祖母が亡くなってからは、母と父が大祭に参加しお詣りしてました。今年は父がいないので、母と一緒にお詣りしてきました。
 約500人ほどの遺族の方が、小雨の降る中、こうべを垂れ思いをはせておりました。

 祖父は最後ミャンマーにてその命を落としたそうです。出征前に祖母と結婚し、半年ほどの新婚生活の後「頼んだぞ」の言葉を残して行ってしまいました。その後、母が生まれ祖母は節目ごとに写真を撮り、戦地の祖父に送ったそうです。終戦真近になって命を落とした祖父。きっと祖国に帰り、家族で平和に暮らしたかったでしょうね。
...
 世界の恒久平和、日本が豊かで幸せな国であることが、戦争でお国のため家族のために尊い命を落とした方々の供養になると、参列しあいさつされた方は口々にそう述べておられました。

 今現在でも、世界に目を向ければ戦火は消えることなく。
 この国が目指すところがどこにあり、その道のりがどうであるのか。その方法はどうであるのか。
 一市民では何もなしえないのでありますが、その一市民の1票は今後も大切に行使したいものであります。

 なんてことを思いながら、祖父の御霊が祀られている境内を後にしました。


| | Comments (0)

2013.10.16

お母さんのベスト

1385805_435099776601572_1704652778_1380179_435099779934905_1547936651_

 黒の絵羽織をほどきまして、ベストにリメイクしました。羽織自体はなんと850円という安値だったのですが、生地自体はとてもいい感じな生地でした。あまりしなやかな生地なので、とても作りにくかったです。

 リバーシブルにしたのだけれど、裾の始末がうまくいかない・・・。でも、着たらわからなくなるよねーと楽観視(笑)

 母に頼まれて作ったので、背中の着丈を前身ごろよりちょっと長めに作ってあります。歳を取ると背中が曲がってくるので、前後ろを同じ丈で作ると後ろが上がっちゃうんですねー。うまく合うといいですが。

| | Comments (0)

2013.10.15

アンパンマンは君だ!

やなせたかし先生、逝去されたのですねえ…。
誰もが知っているだろうアンパンマン。世代を超えて歌えるテーマソング。
アンパンマンのテーマソングの歌詞は、じっくり読むと涙が出るくらい素晴らしい内容です。

幼いころに、アンパンマンを見たり読んだりして感動したそのままの心でいられるなら、世の中はもう少し潤いのある空間になるのでしょうね。

争いは絶えないし、嫉妬や恨みも人間なら持って当たり前の感情でしょう。
思い通りに行かないときに駄々をこねたり、あきらめたり。負の感情をまき散らしたり。

でも、人間だからこそ、小さなささやかな出来事に幸せを感じることができるし。
生きているからこそ、人様のちょっとした親切ややさしさが身に染みる。

欠点だらけでも、自分自身に負けないよう生きている人は素晴らしい。
誰かに頼るのではなく、誰かを支えている人は素晴らしい。

お天道様に恥ずかしくないように、潔く生きていきたいものだなあ…なんて、そんなことを思いました。

やなせ先生、たくさんのお話をありがとうございました。
しばらくはゆっくり休まれて、あの世でもご活躍を…。

| | Comments (2)

2013.10.06

どうにもならないけど頑張りますか。

介護をしていると、ボディブローのようにストレスがたまって、知らないうちにどんより疲れているということがしばしばおこります。

何年か前は、両親もまだそれなりに元気でいてくれたし夫婦そろっていてくれたから心配も少なかったし、義父もひとり暮らしは無理でも今よりはずっと元気で自分でいろんなことができました。
今は、実家の父はなく、母一人。弟家族と同じ敷地内にいるとはいえ、父を亡くした後の生活に慣れるのに必死で目が離せませんし、義父はもう歩くこともままならず椅子に腰かけたら一日そこから立ち上がることもなく、食事も満足食べようとしません。

そんな状態なので、どこかへ出かけたいと思ってもなかなか実現せずにいます。加えて、自分も年頃なのかやたら疲れる。ちょっと何かをしたら、ものすごく疲れてしばらく動けないような時もあります。
なので、本当にどこかに出かけることが後回しになってしまいます。

義父は定期検診に行くと、血液検査や血圧、レントゲンの結果は悪いところはほぼありません。なのに、最近は元気がなく、ほぼ一日眠っています。テレビを見て笑ったり、新聞を読むということもあまりありません。
そういう状態ですから、いろいろ考えて実行するのですが功を奏さず、これもストレスの一因です。大変でも、成果があれば気が楽なんですけれどねえ。

何もかも投げ打って他人様に預けられたら楽になれるのかもしれないけれど、そうしたら、自分たちが絶対にどこかで後悔すると知っているから始めている同居の介護です。

介護されている本人にとって何が一番なんだろう?と思うたび、自分の介護は間違っているかな?と思うたび、
「いやいや、自分の家と思える場所で、自分の家族と最後まで暮らしたいということが本人の一番の希望。そのためにお互いに我慢している部分もあり、救われている部分もあるんだから。」と思い直して、頑張っています。

| | Comments (0)

2013.10.01

また食欲不振

 このところ、暑いじゃないですか?朝夕はともかく、昼間は普段の夏と思しき気温で。
一時の猛暑が過ぎて、涼しく感じられたころは少し食欲を戻した義父だが、この数日の暑さでまた食欲不振になっている。
 あの猛暑が一段落しているので、自分たちは暑いは暑いが過ごせてしまうのだが、やはり高齢者にこの暑さはこたえるのだろうな…。

 本日の義父のメニューは、赤飯、豚汁、肉じゃが、フルーツ入りゼリーだ。赤飯3口、豚汁半分、肉じゃがのじゃがいもとこんにゃく1個ずつ、ゼリー半分。
 バランスは悪くはないが、絶対量が少ない。少なすぎる。これでも精一杯の様子。いかんなあ。この調子でまた1週間とか続くとフラフラになってしまうぞ。...
 食べる量が少ないと体力がなくなるし、そうすると免疫力もなくなる気がする。そこへ、急に涼しくなったりして風邪などひいたら、即入院の憂き目にあいそう。入院などしたら、それがたとえ3日間でも一気に歩けなくなるだろう。
 のど越しの良いものをと用意しても、絶対量が少ないのが改善できない。食事の回数を増やすにしても、一口ずつでは意味がなさそう。なんとかならんかなあ。

 涼しくなったら、また食べられるようになるんだろうけれど。心配だなあ。とりあえず、週末は定期検診があって、血液検査も受けるので栄養値とか見て点滴などをお願いしよう。それまでにあまりに弱ってきたら、予約なしで受信することにして。
 高齢者には冬も心配だが、夏も同様心配な季節だなあ。

| | Comments (0)

« September 2013 | Main | November 2013 »