« 力作揃いでした | Main | イルミネーション見たよ »

2013.11.13

そろそろ喪中ハガキを・・・

 春に父を亡くしたのだけれど。その前後して、今年はいろいろな方を見送った気がする。
 実家の隣の奥様が事故にあわれて。実家のご近所のがんを患っていた旦那様が腸閉塞からの入院中、敗血症で。会社の先輩のお母様が老衰で。旦那さんの従兄の婚約者ががんで。他にもご近所の高齢者の方が3人ほどそれぞれの理由で。
 ネットでも、ずいぶん前からブログで拝見させていただいていた方が二人ほどこの世を去られた。
 テレビでも多くの著名人があの世へ旅立たれ、昭和がだんだんと歴史になっていくような気がする。

 人間は歳を取れば、だれもがいつかはこの世を離れる。その時に、納得済みで旅立たれる方もいれば、未練を残して旅立つ人もいる。
 変な言い回しだが、あの世へ行ってしまった人々は、まだ年相応であったから虚無感は薄いが、やはり、知っている人が急に(見える)旅立ってしまうのは悲しく寂しいものだ。

 今年はそれが多すぎだよ。去年はまだこんなに多くはなかったもの。普段はお付き合いというほどのものはないような間柄でも、やはり知人がこの世を去るということはさみしいもの。
 どうしようもないけれど、どうしようかと思ってしまう。
 義父は84歳になり、母は72歳になる。いつどこで何があってもおかしくはない。突然にその時が来てもなるべく悔いの残らぬようにと心がけていはいるけれど。

 ああ、そろそろ、真剣に喪中ハガキをちゃんとしないと。あっという間に11月も半ばだ。日々の雑務に追われて、肝心なことを忘れちゃいかんな。
 でも、喪中ハガキなんて、作りたくないよなー。
 
 

|

« 力作揃いでした | Main | イルミネーション見たよ »

日記」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 力作揃いでした | Main | イルミネーション見たよ »