« 義父、永眠 | Main | 反面教師 »

2014.03.26

もうすぐ4月1日ですが

 4月1日からの消費税8%施行について、何を買いだめておくと得とか損とかなんて話をテレビでよく見かける。

 毎日使うようなものでも、1年でどれだけ使用するかを考えたら、3%余分に支払うだけなので、特別買いだめしなくても大丈夫。それを買いに行く手間と保管しておく場所が「損」になるので、買いだめはおすすめしない。

 なんて言ってる番組があった。
 たとえばシャンプーの詰め替え500円で1か月に一個使うとと考えて一年で12個。500×12で6000円。その5%は300円。8%なら480円。180円の差。これを12で割ると1か月15円しか変わらない。
   だから、あくせくして買いだめに走らなくてもいいですよと。

 大きなお世話である。
 確かに1か月15円は微々たるものかもしれないが。金額の価値観は人によって異なるし。たった15円しか変わらなくとも、その15円、誰もただではくれないよ。今、ある程度買っておけば、間違いなくその15円は余分に払わなくてもいいんだよね。

 それよりも、その15円余分に払った税金、どこにどう使われるようになってどんな効果があるのか、そういうことをもっと説明しておくれ。
 15円も違うんだから、スペース的にも経済的にも余裕がある人が買いだめしたって、目の前の生活では損にはなりません。
 ただ、そうして、8%の税金を長期で払わないことで、国民の「損」になるのなら、それをちゃんと伝えてほしいなあとか思うわけでして。

 なんてことを思いながらテレビ番組に悪態をついた今朝でした。

|

« 義父、永眠 | Main | 反面教師 »

日記」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 義父、永眠 | Main | 反面教師 »