« 生命保険の外交員にご注意 | Main | 法事三昧 »

2014.05.03

かきつばた

 下の子の同級生が、カキツバタで有名なお寺さんのお嬢さん。ということで、カキツバタを見に行きました。
1378207_522971884481027_55942919690 満開にはまだもう少しな時期でしたが、お庭のあちらこちらにたくさんのカキツバタが。
 このお寺には伝承がありまして、その昔、小野篁のお嬢様「杜若姫」が、在原業平に恋をしまして、東下りした業平を追いかけ京都を出発しましたが、道中の厳しさに敢え無くこの地で息を引き取ったというもの。
 なんか、すごい話ですねー。時代も平安初期の時代のお話で、篁さんのお嬢様ならそこそこのお姫様。ふつーなら深窓の令嬢で下手したら日の光もあまり浴びないようなお方なんじゃ???そんなお姫様が業平恋しいで京都から今の愛知県知立市まで旅をしたなんて。ものすごい情熱。業平はそんなにいい男だったのか?

 お寺の庭とそれに連なる場所にたくさんのカキツバタが植えられていましたので、これが満開になるとさぞ美しいだろうなあと思います。毎年たくさんの方が訪れられるとか。カキツバタが盛りの時期はカキツバタ祭りを開催中。休日になるとお茶席が設けられて、お抹茶などもいただけます。
 こちらのお寺限定の生八橋カキツバタ味も販売してました。
 
 
 お寺さんと地元の方たちが手作りで開催しているお祭りですので、あまり観光地観光地したイベント性はありませんが、素朴で心洗われる風景が広がっていました。
 お友達とそのお母様、お付き合いくださってありがとうございました。

|

« 生命保険の外交員にご注意 | Main | 法事三昧 »

日記」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 生命保険の外交員にご注意 | Main | 法事三昧 »