不思議

2009.03.04

たぶん金縛り(苦笑)

 先週の土曜日。久々にドカンと喘息発作がきた。二階の寝室に行くことができなかったので、義父のお泊まり用の和室のベッドで就寝。
 翌日は上の子の卒業式だったが、付き添いもできず、ひたすら眠った。
 帰宅した子どもたちと旦那さんに昼ご飯を用意してもらい、食べたら再び寝る。
 で、どのくらい眠ったか…なんか頭の方で「ざらりざらり」と引きずるような音がして、足元に何かが乗ってくるような感覚が。
 もしかして〜金縛りがくるのかなぁ、なんて思っていたら、「じーじー」って髭そり使っているような音が聞こえるし。
 隣室にいる子どもの名前を呼ぶが、どうやらうめき声に聞こえたらしい。「どうしたん?」と慌てて傍に来てくれた子どもに「この部屋、何かおるん。」と言うと「ひゃー!」と言っていた。
 その後は、寝ている間中、子どもたちがいてくれたので、何事もなく。
 しかし、久しぶりだったなぁ。やっぱり疲れているとろくなことがありません…。

| | Comments (2)

2005.01.25

形代

 今日はバイトだったのだけど、あまり忙しくはなく。ぽかっと時間が空いたりして。ぼ~っとしてると睡魔が襲ってきそうな・・・(^_^;)
 で、ふと気を許したとき、すこんと眠りに落ちたらしく・・・。時間にすれば1分あったかどうか。でも、見た夢は濃いと思ふ・・・。

 夢の中、私は巫女になっている。古墳のような小高いところで何かを祈っていた。周りは森の中のよう。(周りの雰囲気は奈良飛鳥にある何とか古墳のようなイメージ。)
 ふと気がつくと弟宮が形代になって遠くを眺めている。形代は今で言うところの注連飾りの変形版のような感じ。藁でできているのだけれど、神社の鳥居のような形かな。
 なるほど、注連縄飾りって言うのは、神様が宿る形代なんだなと思いながら、はっと目覚めました。

 仕事中に何してんだろね。私(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.11.06

信州 戸隠

Dsc00303.jpg
photo:戸隠神社奥社にて 九頭竜社拝殿

Dsc00302.jpg
photo:戸隠神社奥社にて 九頭竜社由緒書


 戸隠のおそばが食べたいと旦那さんが言い出したので、無謀にも日帰り信州旅行を決行。 
 早朝4時に出発し、いろいろ寄り道しながら午前11時頃戸隠神社奥社に到着。駐車場から奥社まで約2キロ。ゆる~~い上り坂が1キロ半ほど続き、最後の500メートルは石段になっていた。
 まっすぐ続く参道の脇には明治まであったお寺の僧院があったそうで、その名残の石積みが苔むしていた。
 行く道はあちこちが紅葉していて、きれいな錦模様。リンゴの木にはたわわに実った赤い実。吹く風も心地よく、おそばも水も美味しかった。
 街とはまったく切り離された空間が広がる。久しぶりに本当に久しぶりにリフレッシュできた休日となった。
 信州の神様は四角く写る。近畿では丸く写るのに。そういえば、滝原では四角い神様も写っていたな。
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)