fusiite.air-nifty.com > えとせとら

日々の行動の中で、気になったもの、おもしろかったもの、かっこよかったもの、かわいかったもの、綺麗だったもの・・・いろいろな写真を集めました。

Dscf0197

Dscf0197

  2009年4月23日 (木)


Dsc02838

Dsc02838

三重県菰野町  2008年10月25日 (土)

去年はピンク系のコスモスばかりだったけれど、今年は田んぼ1枚分はこんな黄色の花が咲き乱れていた。遠くから見るとクリームイエローのじゅうたん。これはこれでとてもきれい。


もうすぐ陽暮れ

もうすぐ陽暮れ

三重県菰野町  2008年10月15日 (水)

秋の陽はつるべ落とし。井戸が一般家庭のある場所から姿を消してずいぶんになる。今の子ども達は井戸自体を見たことがない方が多いだろうし、つるべで水を汲むところも見たことないのではないだろうか。私が住んでいた地方は田舎で井戸があっても、もうポンプを使って汲み上げしていた。
この写真を撮った時間は夕方5時10分前だったが、この後の帰り道はライトをつけなければ、走れない暗さだった。


秋晴れの空

秋晴れの空

三重県菰野町  2008年10月15日 (水)

この季節はだんだんと空が澄んでくる。コスモス畑のあるところは鈴鹿山脈からずいぶん降りたところだが、海が近い我が家のある町と比べ、涼しい感じがする。


山が背景

山が背景

三重県菰野町  2008年10月15日 (水)

休耕田を利用したコスモス畑。この季節はあちこちでこういう光景が見られる。ここでは、毎年場所をずらしながらコスモスを植えているようだ。田んぼ5枚分のコスモス畑。一面、ピンクに染まっているように見える。


海の風景③

海の風景③

鳥羽市 「ホテルメ 湯楽々」  2008年6月14日 (土)

海の風景②の遠景。空がとてもきれい。日本人・・・いや、人類はこういう原風景を忘れてはいけないと思う。人工に生き過ぎると大切なものを忘れてしまいそう・・・。


海の風景②

海の風景②

鳥羽市 「ホテルメ 湯楽々」  2008年6月14日 (土)

海の風景①と同じ場所の夜明け。島と島の間から太陽が昇る。静かに穏やかに。オレンジ色の陽につつまれ、静粛な気持ちになる。


海の風景①

海の風景①

鳥羽市 「ホテルメ 湯楽々」   2008年6月13日 (金)

祖母と母と三人で行った温泉旅行。旅館の部屋から見えた海。梅雨にもかかわらず絵に描いたような晴天で波も穏やか。キラキラと日の光を受けとてもきれいでした。


ずらり

ずらり

滋賀県彦根市 「もつ鍋料理 お墨月」  2008年5月17日 (土)

彦根城下を散策していた時、夢京橋キャッスルロードにある もつ鍋料理「 お墨月 」 でお昼をとった。おしゃれな雰囲気で、静かなお店。ずらっとお酒がならなんでいたよ。

http://www.sennaritei.co.jp/osumituki/osumitukiindex.html


もえ~な

もえ~な

滋賀県彦根市 四番町スクエア内  2008年5月17日 (土)

もう、説明するまでもなく有名なきゃらくたー「ひこにゃん」
滋賀県彦根城開城400年のイベントのメインキャラ。いろいろあって、着ぐるみはもうお目にかかれないらしいが、彦根城下ともなると2次元でならあちこちでお目にかかれる。
この銅像は四番町スクエアと呼ばれる商店街にあるもの。キャラクターショップではずっと「ひこにゃん音頭」がかかっていて、妙に耳についた(笑)


鬼瓦の威力

鬼瓦の威力

京都   2008年5月 3日 (土)

祇園界隈を八坂さんへ向かって歩いている途中にあった瓦屋さん。あまりの迫力と滑稽さに写真を撮ったが、さすが鬼瓦。魔よけである。


燦燦と

燦燦と

京都 「伏見稲荷大社」  2008年5月 3日 (土)

千本鳥居で有名な京都伏見稲荷大社。写真は奥宮の社殿。この後ろに御山があり、ここはどうも竜脈が通っているようだ。お稲荷様であるのにもかかわらず、お伊勢さんなどが点在する。なかなかに興味深いところだ。

http://inari.jp/


雨上がりの・・・

雨上がりの・・・

奈良 「狭井神社」  2007年6月24日 (日)

狭井神社は「さいじんじゃ」と読む。狭い井戸、狭い囲いとはどういう意味なのだろうな。奈良県大神神社にあり、三輪山への登山口が境内にある。
狭井神社の拝殿は自由にあがることができるので、厳粛な気持ちで上らせていただき、古式にのっとり参拝すれば、神の国への道が見えるような気がする。


角屋

角屋

京都 「角屋」  2007年6月24日 (日)

京都島原は有名な遊郭街。その昔からいろんな人生がそれぞれの上にあったはず。今は名残の大門と置屋や揚屋が狭い通路にひっそりと佇んでいる。


静かに佇む・・・

静かに佇む・・・

京都 「イノダコーヒー」  2007年6月24日 (日)

京都、「イノダコーヒー」の中の通路にあるレリーフ。特に冷房が効いているわけでもない夏の日も冷ややかな空気が満ちる通路。


さくらんぼ

さくらんぼ

三重県桑名市長島町 「なばなの里」  2007年5月20日 (日)

「なばなの里」の園内で見かけた桜の木。小さなさくらんぼがいっぱいなっていた。姪っ子たちがほしいと言うのでとってあげたけど、かなりすっぱくて閉口していた(笑)
昔、家の近所の公園にもこんな風に実がなっていて、それがやっぱりすっぱかったのを思い出した。


しだれ梅

しだれ梅

三重県亀山市  2007年2月24日 (土)

車の走行中、信号待ちで見かけた民家の庭先。みごとなしだれ梅。きっと香りもすばらしいのだろうな。とても綺麗でした。


梅は咲いた

梅は咲いた

三重県亀山市坂本  2007年2月24日 (土)

今年は暖かいせいか、梅も早い。ここは少し山の上なので、満開はもう少しあとかな・・・。
県内には「日本の棚田百選」に選ばれた棚田がいくつかある。その一つは亀山市にあるが、さすがにまだ稲は植わっていないので、ただ枯れた風景がそこにある。ゴールデンウィークの頃には美しい風景なのだろう。


錦山号

錦山号

三重県桑名市多度  2007年2月22日 (木)

多度大社の神馬。葦毛のオスである。この子は参拝客が来ると厩を一回りして餌箱をのぞく。そうするとにんじんがもらえると知っているから。だから、人の気配がすると厩を回ろうとするのだが、それを知らない人は、馬が行っちゃったと思って離れてしまう。一回りして帰ってきたとき誰もいないと、ちょっとがっかりしている・・・。


佇む本殿

佇む本殿

三重県桑名市多度  2007年2月22日 (木)

多度大社、本殿と禊の河。
御山をバックに整然と佇む本殿。風が舞い、鳥が歌い、木々がざわめく。境内と比べると空気が濃い。
5月に行われる神事に参加する少年はこの本殿横の河で禊を行う。


せせらぎの溜まり

せせらぎの溜まり

三重県桑名市多度  2007年2月22日 (木)

多度大社、御手洗の川に集う小魚。よく見れば、あちこちにいた。


御手洗のせせらぎ

御手洗のせせらぎ

三重県桑名市多度  2007年2月22日 (木)

多度大社、御手洗の川。夏でも冷たい水が流れる。水辺だからか、神域に入るからか、明らかにしたと空気が違うのがわかる。


雪の前日の虹

雪の前日の虹

道の上  2006年12月28日 (木)

友だちと走行中、「あ!虹だ!」と見つけた。この日は年末なのに、意外と暖かく。でも、午後に入ると山の方から冬の風が吹いていた。翌日は積雪30センチの雪で夕方まで降り続いていた。