fusiite.air-nifty.com > おいしい

旅に出た時や、日常で「これはいける!」と思ったもの。 あなたに食べてもらいたいもの。とか。 サムネイルをクリックすると大きい写真が見られます。

Dscf0189

Dscf0189

  2009年4月18日 (土)


Dscf0188

Dscf0188

  2009年4月18日 (土)


葦葉のらーめん

葦葉のらーめん

三重県四日市市 「らーめん 鉢ノ葦葉」  2009年1月10日 (土)

三重県四日市にあるラーメン屋さん。まじりっけのないスープ勝負のラーメンって感じ。素材にこだわったというオーナーの心意気はスープで感じてください。サービスで手作りの「切干大根のはりはり漬け」が置いてあって、小売りもしてくれる。

「らーめん 鉢ノ葦葉」
三重県四日市市城北町1-12ル・グラン1F
URL:http://ashiha.srv7.biz/


ド根性ラーメン

ド根性ラーメン

京都「ラーメン日本一」  2009年1月 3日 (土)

京都北山にある「ラーメン日本一」
京都ラーメンらしくこってり系のスープだが、くどさはなくあっさりしている。普通のラーメンでもチャーシューが4枚ほど乗っかっているし、ねぎももやしも多目なので、本来ならそれでも充分に満足できる量。
でも、もし、それでもの足りねーと思うなら、ぜひ「ド根性ラーメン」を食べてみてください。普通のラーメンの2倍以上のボリュームです。そのわりにお値段は900円とリーズナブル。普通の量で満足できる人には向きませんが(笑)、おなかすいてどうしようもない人、ラーメン2杯は軽い軽いって言う人はぜひ。このラーメン、2杯を20分以内で完食すると無料になるそうです。

〒603-8116 京都市北区堀川通り北山上ル 北郵便局向
TEL:075-491-5245 定休日:月曜日
URL:http://www.a-dos.ne.jp/gourmet/nipponichi


バル&カフェ RICOのプレートランチB

バル&カフェ RICOのプレートランチB

JR京都伊勢丹11F バル&カフェ RICO  2009年1月 3日 (土)

スペイン料理とイタリア料理とポルトガル料理の差はなんだ?と聞かれてもよくわかりません(笑)
このランチプレートはメインがイベリコ豚のハンバーグ。じゃがいものポタージュ(たぶん)に紫芋のコロッケ(たぶん)とスペインオムレツがついていて、ドリアかパンを選べます。
お味は割りとあっさりした感じ。見た目くどそうな感もなくはないんだけど、意外とあっさり。店内も落ち着いた雰囲気で、店員さんもしっかりとしている感じだった。
ランチはプレートしかないみたいだったけれど、その他の時間だといろいろメニューもある様子。どっちかというと、そっちの時間でいろいろ食べたいかも・・・。

スペイン料理 バル&カフェ RICO
場所:ジェイアール京都伊勢丹11F イートパラダイス内
TEL: 075-341-3223(直通)
URL:http://www.granvia-kyoto.co.jp/rico/


バル&カフェ RICOのプレートランチA

バル&カフェ RICOのプレートランチA

JR京都伊勢丹11F バル&カフェ RICO  2009年1月 3日 (土)

こちらはプレートランチA。メインはイベリコ豚のステーキ。パン粉がまぶしてあってかりっと焼かれている。お肉は柔らかくてくどくなし。ドリアはシーフード。えびといかが入ってたかな。これも見た目に比べてすごくあっさりしてました。

スペイン料理 バル&カフェ RICO
場所:ジェイアール京都伊勢丹11F イートパラダイス内
TEL: 075-341-3223(直通)
URL:http://www.granvia-kyoto.co.jp/rico/


Dsc02789

Dsc02789

京都 「グリルアローン」  2008年8月30日 (土)

京都 「グリルアローン」のえびクリームコロッケ。ホワイトクリームの中にえびがごろごろって入っていた。見た目のわりにあっさりした味わい。こちらにもじゃがいもの素揚げが付いている。これが意外においしかった。


Dsc02788

Dsc02788

京都 「グリルアローン」  2008年8月30日 (土)

何度かおなじみの京都 「グリルアローン」のエビフライ。有頭えびが3尾かりっとフライにされている。付け合せのじゃがいもは5ミリくらいの厚さのものを素揚げしてある。相変わらずボリュームがある。

京都市中京区寺町通御池上ルモーリスビル1F 電話 075-221-3923


Dsc02778

Dsc02778

京都 「イノダコーヒー」清水支店  2008年8月30日 (土)

京都 清水寺界隈 「イノダコーヒー」清水支店

ここのお店は清水寺界隈で観光客を対象にしているせいか客席が多い。一面ガラス張りの向こう側には日本庭園(青龍苑 http://www.seiryu-en.com/)が見え、絵を見ているような感覚。ゆったり落ち着いてコーヒーブレイクできるお店だ。

京都市東山区清水3-334
http://www.inoda-coffee.co.jp/shop/kiyomizu.html


Dsc02772

Dsc02772

京都「新福菜館本店」  2008年8月30日 (土)

京都「新福菜館本店」

http://www.shinpuku.net/index.html


Nec_0032

Nec_0032

三重県桑名市 「麺 小川家 (めん おがわや)」  2008年8月 8日 (金)

三重県桑名市 「麺 小川家 (めん おがわや)」


Nec_0030

Nec_0030

三重県桑名市 「麺 小川家 (めん おがわや)」  2008年8月 8日 (金)

三重県桑名市 「麺 小川家 (めん おがわや)」の台湾ラーメン。

居酒屋なのかラーメン屋なのか?っていう趣のお店。ラーメンいっぱいの値段が結構高めだが、まあまあな味わいかな。
確かスープを飲み干せば、いくらか割引してくれた気がする。

三重県桑名市大字東方細貝通1166-2


Nec_0026

Nec_0026

三重県四日市市 「ベトコンラーメン」  2008年7月29日 (火)

三重県四日市にある「ベトコンラーメン」の「国士無双」と言うラーメン。「ベトコンラーメン」と言うラーメンもあるが、これがにんにく唐辛子たっぷりの辛口ラーメン。でも、鶏がらベースであっさりしたスープなので、「あっつ、かっら!」と言いながらも最後には甘みを感じたりして・・・。で、この「国士無双」なのだが、ベトコンラーメンを食べなれた人や辛口好きな人には全然辛くないけれど、辛いの苦手な人や初めての人は汗をかきかき、辛い辛いといいつつ食べなくてはならない(笑)
野菜もたっぷり、にんにくもたっぷり、唐辛子もたっぷりなスタミナの付きそうなラーメンです。野菜やにんにくの甘みがにじみ出ているので、辛いとのコンビネーションがいい感じです。

四日市市西新地1-18 


Dsc02756

Dsc02756

京都 「高安」  2008年7月16日 (水)

京都 「高安」のから揚げ。一つが結構大ぶり。ウーシャンファン(中華香辛料)がついている。ボリュームがあるので、食べきれないこともあるらしく、お持ち帰り用に袋を用意してくれる。なので、気にせず注文して食べてください(笑)

京都市東大路北泉通下がる約150メートル東側
http://hoshina1.hp.infoseek.co.jp/


Dsc02754

Dsc02754

京都 「高安」  2008年7月16日 (水)

京都東大路にある「高安」のラーメン。ねぎが結構幅太く切ってあるので、ねぎ好きにはいいけど、ねぎ嫌いには辛いかも(^_^;) 結構コクのあるスープで若い人は好きそうな味かなって思った。

京都市東大路北泉通下がる約150メートル東側
http://hoshina1.hp.infoseek.co.jp/


Dsc02637

Dsc02637

鳥羽市 「ホテルメ 湯楽々」  2008年6月13日 (金)

母と祖母と三人で行った温泉旅行の旅館で出た料理。
「あわらぎ膳」というコースで、ボリュームも内容も少な目のコース。祖母がそんなに食べられないだろうということで量を少なくするとこの辺のコースになってしまう。一泊2食付で一人11500円。
初めは大広間での食事と聞いていたが、その日は平日で宿泊客が少なく、部屋での食事となった。まだ、明るい時間で窓からは鳥羽湾が一望でき、贅沢気分な食事となった。

写真は、天ぷら、茶そば、茶碗蒸し、お吸い物。
お吸い物には、えびと長芋で作ったお団子とじゅんさいが入っている。上品な薄味、お団子は薄味だがしっかりした味がついていておいしかった。


Dsc02635

Dsc02635

鳥羽市 「ホテルメ 湯楽々」  2008年6月13日 (金)

「あわらぎ膳」コースの一品 魚の煮物。程よい味付け。くどくなし薄くなし。一緒に添えられている竹の子や麩にも味はしみていたが、魚臭くなく。


Dsc02634

Dsc02634

鳥羽市 「ホテルメ 湯楽々」  2008年6月13日 (金)

お刺身の船盛り~。とはいっても三人前だったのでお皿盛りだったが・・・(^_^;)
もっとボリュームのあるコースを頼むと船盛りもボリュームがあって、伊勢海老とかあわびのお刺身がついていた。でも、それだと他の料理もボリューム満点なので、絶対に食べきれないと思ったので泣く泣く?断念・・・。それでもこのコースでも食べきれず、少し残してしまった。料理人さん、ごめんなさい・・・。


Dsc02632

Dsc02632

鳥羽市 「ホテルメ 湯楽々」  2008年6月13日 (金)

貝の焼き物。ホタテ、ミール貝、大アサリ、さざえ。さすがは鳥羽。海の幸がおいしい。


Dsc02631

Dsc02631

鳥羽市 「ホテルメ 湯楽々」   2008年6月13日 (金)

前菜。手前の小鉢に入っていたのは、たこわさ?いかわさ?そんな感じの。ピリッとしてておいしかったなあ。最後まで残しておいてお茶漬けにして食べたよ。それもいけたわ~~~。


Dsc02629

Dsc02629

鳥羽市 「七越茶屋」  2008年6月13日 (金)

大アサリ蒸しうどん 
ミキモト真珠島の駐車場の横くらいにあるうどん屋さん「七越茶屋」のメニュー
あっさりした中にアサリの出汁もきいていてる。


Dsc02628

Dsc02628

鳥羽市 「七越茶屋」  2008年6月13日 (金)

伊勢うどんとてこね寿司のセット。おみそ汁はあおさが入っている。
同じく「七越茶屋」のメニューの一つ。
ぶっとい伊勢うどん。うまし・・・。


Dsc02615

Dsc02615

  2008年5月17日 (土)

滋賀県彦根のお土産。直径26センチくらいの大きさのえびせんべいに、ひこにゃんがプリントされている。あきらかにウケ狙い(笑)
味はまだ食べていないのでわからないが・・・。500円でこれは高いのか安いのか(^_^;)


Dsc02614

Dsc02614

滋賀県彦根市 「もつ鍋料理 お墨月」  2008年5月17日 (土)

近江肉すき丼 牛肉スープ・香の物付 1,200円

滋賀県彦根市 夢京橋キャッスルロードにある「もつ鍋料理 お墨月」

この丼は春季・秋季の土・日・祝のみ昼限定だそう。肉厚の近江牛は柔らかく、こんにゃくの食感が面白い。焼き豆腐にもお麩にも味がしみこんでいておいしかった。


Dsc02610

Dsc02610

滋賀県彦根市 夢京橋キャッスルロード 「分福茶屋」  2008年5月17日 (土)

滋賀県では有名な和菓子会社「たねや」が経営する ㈱可美物倶楽部 分福茶屋 に売っている「つぶら餅」
一瞬たこ焼き?と見まごうようなまん丸なお餅。ソース色の液体がかかり青海苔状の粉末がかかっていたら、大き目のたこ焼きと見間違うだろう(笑)
お餅の中に粒餡が入っている。焼き目のついたお餅は香ばしく、餡もあっさりした甘さ。一つ二つとついつい手が進む感じ。

実はここのお店が「たねや」の経営とは知らずに入り、家に帰ってからそれがわかったのだが、そう言えば、店先の店員さんもやけに折り目正しいきちんとした印象だったのを思い出し、だからそういう印象だったのかと納得した。


Dsc02470

Dsc02470

  2008年1月 3日 (木)

中華そば 550円@京都 「一神堂」

しょうゆ味スープのノーマルなラーメン。写真は味たまごを追加したもの。細切りのメンマに唐辛子がまぶしてある。でも、そんなに辛い感じはしない。テーブルにそえつけのおろしにんにくを加えるとまた違った味わい。全体的にあっさりしていて、スープも全部飲み干せる感じ。中華そばに限っては小サイズもあるので、飲んだ後にちょうどいいかもしれない。


Dsc02469

Dsc02469

京都 「一神堂」  2008年1月 3日 (木)

一神堂そば 700円@京都「一神堂」
とんこつ系のラーメン。どうやらアサリをパスタに入れるように炒めているようで、注文してからにんにくオイルの香りが店内に漂っていた。店内は屋台のような感じ。カウンター席が6席ほど。4人がけのテーブルが一つ、3人がけの丸テーブルが一つと店内は狭い。
けれど、味で勝負!のような感覚で好感が持てる。けして贅沢やおしゃれなつくりの店構えではないが、清潔感があり、それも良いとおもう。

中京区河原町通竹屋町上ル大文字町234 電話075-256-0900
駐車場なし。近くにパーキングも少ないので、車では不便かも。


Dsc02409

Dsc02409

京都 グリルアローン  2007年12月 2日 (日)

チキンカツライス 880円@京都 「グリルアローン」

これまたびっくりなチキンカツライス。20センチ以上はあろうかと思うほどのチキン。オムライスと同じような感じのソースがかかっていてるが、こちらにはマッシュルームが入っていた。付け合せの野菜もびっくりするボリューム。これでご飯がついて880円はやっぱりお値打ち。さっくりと上っていて、あまりくどさは感じない。
でも、普通の調子か食べられない人は、くれぐれもお腹がすいている時か、複数で行ってください。なにせ、ボリューム満点です。お残ししないように考えて食べてくださいね(笑)


Dsc02408

Dsc02408

京都 グリルアローン  2007年12月 2日 (日)

ランチC 780円@京都 「グリルアローン」

グリルアローンにはランチがABCと三種類あった。写真のランチはCランチ。エビフライに目玉焼きを載せたハンバーグがついている。これにパンから椅子を選べて、この値段はかなりお得感がある。
洋食屋さんらしい手作り感覚満点のソースやハンバーグもおいしい。これだけでも充分お腹一杯になる。きっと平日のランチタイムには近隣のサラリーマンやOLさんたちで一杯になるんだろうなあ。


Dsc02407

Dsc02407

京都 グリルアローン  2007年12月 2日 (日)

オムライス 580円@京都 「グリルアローン」

京都市役所寺町通りを挟んだ向かい側にある昔ながらの洋食屋さん。アットホームな感じで落ち着いた雰囲気の店内。
写真ではわからないかもしれないが直径20センチ厚さ5センチ以上はあろうかと思われるオムライス。軽くケチャップで味付けされたライスに薄焼きたまごがかぶせてあり、りんご風味?の濃い味のソースがかかっている。お腹をすかせた学生さんや食べ盛りの人には嬉しいメニューだと思う。
でも、あまりにボリュームが多く、普通の量しか食べられない人なら最後は味に飽きてきてしまうかもしれない。一人で頼む時は覚悟して頼んだ方が良い一品だと思う。


京都市中京区寺町通御池上ルモーリスビル1F 電話 075-221-3923
 通りから少し奥まったところにあるので見逃さないように・・・(笑)営業中なら看板が出ているのでわかるかも・・・。


Dsc02265

Dsc02265

  2007年11月14日 (水)

「福来みかん」
友達が送ってくれたみかん。一瞬、金柑か?と思ったけれど、あきらかにみかん。お鏡に乗せる橙よりももっと小さい。もっとみかん。まるでおままごとに出てくるような・・・。
元々は、皮を干して皮を使うためにあるみかんだそうだ。七味唐辛子なんかに入ってたりするらしい。普通に干してお風呂に入れてもあったかくてよいらしい。
本来、味はけっこうすっぱいらしく、こんなに小さいのに種もしっかり入っているらしい。けれど、送ってもらったものは、みかんらしいビタミンCいっぱい!っぽい、程よい甘酸っぱさ。種も少ない、と言うより、ない、に近い。
そのまま、いただくのはもちろんなのだが、乾燥した皮を食用に使えないか?と思案中。七味唐辛子に入れるくらいだから、みかん茶とかできそうな・・・。
お風呂に入れてぬくもるのも捨てがたい・・・。
食べて、そのあとも利用してと、一石二鳥を狙っているのである・・・(笑)


Dsc02221

Dsc02221

  2007年9月15日 (土)

イチゴのミルフィーユ@けーき工房「ぶどうの木」

四日市では知らない人はいないだろうと言うくらい、昔から有名なケーキ屋さん。お店を何度も移転しているが、現在は今のところに落ち着いているみたい。イートインもできる。

何層にも重なったパイ生地とクリーム。トップを飾るイチゴのソース。割と大きめなサイズなのだが、全然くどくない。最後まで楽しんで食べられる・・・けど、上手に食べないと生地が崩れて悲惨な状況になります(^_^;)

四日市市赤堀新町4-8 TEL059-353-8080 年中無休 午後10時まであいてます。


Dsc02218

Dsc02218

我が家にて  2007年9月14日 (金)

抹茶モンブラン@CAKE SHOP「そよ風に吹かれて」

最近、見つけたケーキ屋さん。いつもの通勤途中にあるのだが、お店は高架の一番高いところから屋根しか見えない場所にある。通るたびに屋根に掲げられた「そよ風に吹かれて」の文字が気になって、回り道したら、なんとかわいいケーキ屋さんだった。
で、買ってみた。ん~~、まあまあかな。飛びぬけてものすごい特徴があるとは思わないのだけれど、無難においしい感じ。
抹茶モンブランに限って言えば、クリームとスポンジの割合がとてもよく、口当たりまろやかで、最後まで飽きずに食べられた。と、言うか、それって、実はすごくきちんと作られているってことだろうなって思う。

四日市市末永町9-8 TEL059-334-1960 木曜定休


P1060046

P1060046

  2007年7月13日 (金)

「川出拉麺店」味噌辛ねぎラーメン。ピリッとした辛さと白ねぎの甘さが絡まって、これまたおいしい。けっこう太麺なんだよね。この日はこちらの体調のせいか(けっこう不調だったから)、ちょっと味が濃すぎる気がしたよ。でも、味噌辛味だからかもしれない。
今度は体調万全にしていくぞ!(笑)


P1060043

P1060043

味仙 矢場店  2007年6月30日 (土)

「味仙」の冷やし中華。なんだか、冷やし中華が食べたくて食べたくて~、注文しました。


P1060042

P1060042

味仙 矢場店  2007年6月30日 (土)

「味仙」の台湾ラーメン。この地方では有名です。台湾ラーメンの発祥地はここだ!と言う話。韮とミンチが入っていて、辛いラーメンなんです。でもね~、おいしいよ。汗かきながら食べてください。

http://www.misen.ne.jp/


P1060040

P1060040

味仙 矢場店  2007年6月30日 (土)

「味仙」の蒸し鶏。


Dsc02112

Dsc02112

京都「新福菜館本店」  2007年6月24日 (日)

京都「新福菜館本店」の「付き出し」(チャーシューとメンマが皿に乗っている一品)です。
けっこうボリュームあるし、おいしかったわ・・・。これを半分つまみに食べて、半分ラーメンに乗せて食べる人もいる。そのために、具なしの麺だけのラーメンもメニューにあるのよん。

http://www.shinpuku.net/index.html


Dsc02001

Dsc02001

  2007年5月20日 (日)


Dsc01998

Dsc01998

  2007年5月20日 (日)


Dsc01943

Dsc01943

  2007年5月20日 (日)


Dsc01939

Dsc01939

  2007年5月20日 (日)


P1060033

P1060033

伊賀市「田楽座 わかや」  2007年5月 9日 (水)

田楽座わかやの豆腐ころっけ。あっさりしたお味。ヘルシーな感じでした。


P1060032

P1060032

伊賀市「田楽座 わかや」  2007年5月 9日 (水)

伊賀上野に昔からある「田楽座 わかや」の豆ふ田楽。母の実家がこのお店の近くにあって、店の前を通ると味噌の焦げたいい匂いがしていた。
父の実家も伊賀にあったので、小学生の頃はよく伊賀に行ったものだ。子どもの頃、父方の祖母が連れて行ってくれたことがある。あまり豆腐の好きじゃない私だったが、これはとてもおいしくいただいた記憶がある。
最近、店舗も新しくしたらしい。すごくきれいになっていた。伊賀の街もいろいろと変わっている。小さい頃の記憶とは少しずつ違う町並みだ。
わかやの田楽も少し変わったような気がした。味噌や味噌のこげた感じは昔のままの気がするけれど・・・と、思っていたら、ここにお豆腐を降ろしている豆腐屋さんが変わっているらしかった。

http://www.geocities.jp/soul_yoshimasu_brothers/wakayabistro.htm


Dsc01909

Dsc01909

石川県かほく市 「やまじゅう」  2007年5月 3日 (木)

石川県かほく市 「やまじゅう」 
「白えびの揚げ物」これはおいしかった。文句なし。かなりお腹いっぱいのときに出てきた品だが、おいしくて普通に食べられた。お酒のつまみにもおやつにもご飯にもうどんにもあいそう。


Dsc01908

Dsc01908

  2007年5月 3日 (木)


Dsc01906

Dsc01906

石川県かほく市 「やまじゅう」  2007年5月 3日 (木)

石川県かほく市 「やまじゅう」で出てい「大根寿司」。大根の間にサバが挟んであって、フナ寿司みたいな感じ。これは好き嫌いがあると思うけど・・・。好きな人にはとてもおいしいと思う。


Dsc01902

Dsc01902

  2007年5月 3日 (木)


Dsc01900

Dsc01900

三重県桑名市 「川出拉麺店」  2007年4月30日 (月)

桑名にある「川出拉麺店」のラーメン。
もの静か?な店長がもくもくと作るラーメンです。これがあっさりコクのあるラーメンで、ここしばらくにないヒット商品です。
まだまだ若い、彼女いない(07.5月現在)らしい店長さんですが、味はいけます。ぜひ、食べてみてください。

お店のサイトはありませんが、店長のブログはありました。
http://ameblo.jp/dearkawa/


Dsc01881

Dsc01881

京都 「新福菜館本店」  2007年4月30日 (月)

新福菜館本店の焼き飯。ラーメンのスープも黒いが、チャーハンも黒い(^_^;)でもおいしいよ。

http://www.shinpuku.net/index.html


Dsc01880

Dsc01880

京都 「新福菜館本店」  2007年4月30日 (月)

京都「新福菜館本店」のラーメン。スープが黒っぽいのが特徴かな?この日は朝早くから家を出たので、なんと朝ごはんがわりにラーメンだった。朝からラーメンなんてうちくらいだろうと思っていたら、全然(笑)小さなお子様連れのファミリーもいれば、年配のご夫婦もふつーに朝ごはんとしてラーメンを食べていた。
中には、付き出し(チャーシューとメンマが皿に乗っている一品)とビールを頼んでいる人も何人もいた。いやあ、京都はやはり都会だわ。

http://www.shinpuku.net/index.html


Dsc01853

Dsc01853

中部国際空港セントレア内  2007年3月28日 (水)

春休みにセントレアにいきたいという義父母を連れて行ってきました。
その時に食べたのが「まるは食堂」の定食。エビフライが有名なだけあって、確かにでかかったす、おいしかったです。値段は1500円くらいだったかな?ちょっと覚えてないです(^_^;)

まるは食堂の本店?のサイトはこちら↓
http://www.maruha-net.co.jp/index.html


Dsc01837

Dsc01837

我が家にて  2007年2月12日 (月)

と、言うことで、焼いた後の牡蠣。透明感が美しい~。おいしい~。殻の中の水は牡蠣が含んでいた水分。牡蠣のうまみと磯の香りが合わさって、とてもグッド!


Dsc01831

Dsc01831

我が家  2007年2月12日 (月)

焼き牡蠣を作るには、殻のまま鉄製のフライパンや中華なべに牡蠣を置き、ふたをして強火で焼く。水とか酒とか入れずに、そのまま焼く。そうすると、殻の中で牡蠣が蒸し焼きになってとてもいい感じに焼ける。生食できる牡蠣なら、レアでもOK。一度お試しあれ。


Dsc01755

Dsc01755

京都 「虎屋菓寮 京都店」 京都市上京区一条通烏丸西入  2007年1月 3日 (水)

「御好春気色~おこのみはるげしき~」@京都

京都一条烏丸にある「虎屋菓寮」
季節の和菓子を初め、定番の虎屋饅頭、羊羹、お汁粉などがいただける。季節の和菓子、羊羹、饅頭には、煎茶か抹茶、抹茶グラッセがついてくる。

この和菓子は、京都限定のお菓子だとか。

虎屋 http://www.toraya-group.co.jp/main.html


Dsc01752

Dsc01752

京都 「虎屋菓寮 京都店」 京都市上京区一条通烏丸西入   2007年1月 3日 (水)

「好文花~こうぶんか~」@京都 「虎屋菓寮」

羊羹製白餡入りの和菓子。紅梅の花を現した御菓子。とても細かいところまで繊細に表現されていて、食べるのがもったいない・・・。
付いてきた煎茶も店舗で販売されている。


Dsc01747

Dsc01747

我が家にて   2007年1月 1日 (月)

タラバガニ@我が家

今年のお正月も旦那さんの両親を呼んでの食卓だった。ちょいと奮発して礼文島産のタラバガニを購入。
とっても、甘くてジューシーでした。けっこうお値打ちだったのね。


Dsc01745

Dsc01745

我が家  2007年1月 1日 (月)

イクラ@我が家

礼文島産のタラバガニについてきたイクラ。その辺のスーパーで売っているのと比べると赤い!朱色じゃないのね。オレンジ色じゃないのさ。ねっとりもっちりプチプチで。おいしかったわさ。


Dsc01741

Dsc01741

我が家  2006年12月31日 (日)

でかでかプッチンプリン@我が家

お正月の買い物でジャスコで見つけたプッチンプリン。
コンビニででかサイズのは見たことあるけれど、その倍はある!値段も400円近くする(^_^;)
味は、ふつーにプッチンプリンでした。


Dsc01658

Dsc01658

京都 「一保堂茶舗」  2006年11月23日 (木)

玉露 「麟鳳(りんぽう)」の茶葉@京都

玉露「麟鳳(りんぽう)」の3煎目時の茶葉。煎茶の茶葉と比べ色が濃い。玉露はご存知のように約60度のお湯を注ぎ、約1分20秒かけてじっくりとその甘みや旨味を出していただく。2煎目からは煎茶と同じく、適温のお湯を注いですぐにいただける。
玉露は何回か同じ茶葉で飲んでいっても、香りがいつまでも生きている気がする。当然、味は薄くなっていくが、薄いなりに抹茶のような香りもあるような・・・。


Dsc01657

Dsc01657

京都「一保堂茶舗」  2006年11月23日 (木)

煎茶「嘉木」の茶葉@京都

煎茶「嘉木」の3煎目時の茶葉。1煎目は約1分間かけて茶葉が開くのを待つ。2煎目からはお湯を注いですぐにいただく。


Dsc01653

Dsc01653

京都「一保堂茶舗」  2006年11月23日 (木)

お茶菓子@京都

京都寺町二条にあるお茶の老舗「一保堂茶舗」
店内では「嘉木(かぼく)」という喫茶コーナーがあり、本格的な日本茶が味わえる。お茶にはそれぞれ茶菓子がついている。
抹茶、玉露、煎茶、ほうじ茶、玄米茶など、それぞれのお茶の入れ方を店員さんが教えてくれるので、玉露のような高級茶でも気軽に味わうことができる。


Dsc01651

Dsc01651

京都 「出石庵」  2006年11月23日 (木)

すじ煮@京都


Dsc01472

Dsc01472

我が家にて  2006年11月12日 (日)

「玉子まるごとプリン 天使の贈物」
岐阜県養老郡養老町大場 (有)松永養鶏場 作
サイトはこちら→ http://www.rakuten.ne.jp/gold/yoroegg/

どうやって作ったか?! 玉子の中がプリンなのです!クリーミィーで、甘さはなく、玉子みたいな味。ていうか、玉子なのか?
ついていた絡めるソースをかけていただくと、ほろにが甘い味わい。
でも、甘いもの好き、お子ちゃまにはちょっとビターかも。 
で、食べてから気がついたが、サイトへ行くと、このプリンの食べ方とか作り方とか書いてあった。このプリンを使った、プリン丼・・・!ああ、食べてみたかった・・・。


200611111744000

200611111744000

ジャスコナゴヤドーム店 名古屋デザートフォレスト  2006年11月11日 (土)

「伝説のプリン」
友達が食べていたのを味見(笑) ブリュレのような口当たり。さっぱりとした甘さ。とけていくようななめらかさがグッド。最後にはみるくの風味が漂う。


200611111752000

200611111752000

スープカレー「心」 イオンナゴヤドームSC  2006年11月11日 (土)

スープカレー「心」のカレー。
値段は900円前後。ランチタイムだと、ラッシーとアイスクリームがプラス150円でついてくる。ご飯は小盛りから大盛りまで4ランクくらいあって、白飯か玄米か選べる。辛さもいろいろ段階があるので、お好みで。
あげたジャガイモ、ピーマン、にんじん、ゆで卵は、どのメニューにも入っている感じ。
あっさりとした、でもしっかりした味のカレースープがおいしかったかな。

サイトはこちら→http://www.cocoro-soupcurry.com/


200611111746000

200611111746000

ジャスコナゴヤドーム店 名古屋デザートフォレスト  2006年11月11日 (土)

モンブラン博覧開会最中。
写真は「和栗のほこほこもんぶらん」
キャラメルクリームに大粒の栗がつくねんとのっかている。京都丹波産の最高級和栗でペーストを作ってあるそうな。ぽったりとした大人の味わい。でも、子どもでもおいしくいただけると思う。
岩手県盛岡市 ロールケーキの花月堂


Dsc01447

Dsc01447

紅芋レアケーキ@我が家  2006年10月30日 (月)

お隣さんにいただいたお土産。沖縄空港限定のお土産だそうで「紅芋レアケーキ Shuri~シュリ~」といいます。上が紫色の芋、下が黄金芋(この部分は「フェスティバロ・ラブリー」というお菓子らしい・・・。)
冷やしていただくのですが、まったりとしたすっきりの甘さのケーキでした。


200610242247000

200610242247000

三重県 美杉村  2006年10月24日 (火)

秋らしい一品。毬栗に見立てたものの中にはちゃんと本物の栗が入っていました。


Dsc01409

Dsc01409

滋賀県近江八幡市  2006年9月23日 (土)

近江八幡名物のでっち羊羹。寒天で固めてあるのではなく、蒸してあるのだそうだ。竹の皮に包まれていて、香りが豊か。


Dsc01376

Dsc01376

三重県鳥羽市相差町 志摩ビーチホテル  2006年8月29日 (火)

サザエとホタテの蒸し焼き あと、写真にはないけれど、おぼろ昆布のお吸い物、デザート(コーヒーゼリーとイチジクのワイン煮)。 船盛りからここまで食事代としてお一人様4750円(温泉入浴料・サービス料・税込み)。


Dsc01375

Dsc01375

三重県鳥羽市相差町 志摩ビーチホテル  2006年8月29日 (火)

銀むつのあんかけ てんぷら盛り合わせ 


Dsc01373

Dsc01373

三重県鳥羽市相差町 志摩ビーチホテル  2006年8月29日 (火)

手前左から モズクの酢の物 枝豆豆腐うに添え マグロてこね寿司 マグロとイカの刺身 素麺 茶碗蒸し


Dsc013721

Dsc013721

三重県鳥羽市相差町 志摩ビーチホテル  2006年8月29日 (火)

船盛り:天然鯛と天然カンパチの盛り合わせ
甘くてぷりぷりしてました。


Dsc01342

Dsc01342

滋賀県坂本町  2006年8月15日 (火)

比叡のお猿さん@「御菓子司 鶴屋益光」
お猿さん型の最中。こしあんで栗の粒が入っている。並んでいるとかわいい(笑)


Dsc01339

Dsc01339

滋賀県坂本町  2006年8月15日 (火)

ぶっかけ定食@「鶴喜そば」
ころうどんのそばバージョン?かやくご飯がついていました。


200608151742000

200608151742000

三重県菰野町  2006年8月14日 (月)

味噌かつ丼@「うどん 忠兵衛」
かなりのボリュームありなカツ丼。ソース味もあり。これにミニうどんがついてくる。女の人や少食の男性なら途中でギブアップするかも。


200608151740000

200608151740000

三重県菰野町  2006年8月14日 (月)

海老おろしうどん@「うどん 忠兵衛」
菰野小麦全粒粉を使ったうどんなので、少し黒い。海老おろしといいつつ、季節の野菜もたっぷりでお得感があった。


Dsc01094

Dsc01094

京都  2006年7月 8日 (土)

うなぎ丼定食@「かぼちゃのたね」
関西なのに関東風のうなぎ丼。


Dsc01092

Dsc01092

京都  2006年7月 8日 (土)

冷酒@「かぼちゃのたね」
お店限定の冷酒とか。隈取の絵が意外とかわいい。


Dsc00917

Dsc00917

京都  2006年5月 3日 (水)

出石そば@京都


Dsc00915

Dsc00915

京都  2006年5月 3日 (水)

ほうじ茶&玉露@「一保堂」

京都の和菓子はおいしい。京都のお酒はおいしい。京都のお茶もおいしい。
京都は水がおいしいからかな?

玉露は高級茶だと知識では知っていたけれど、なぜ、高級なのか、なぜ玉露というのか。正式に味わってみて、初めてわかった。
この一杯のおかげで、我が家には空前の「お茶」ブームが沸き起こっている・・・・(笑)


Dsc00906

Dsc00906

京都  2006年5月 3日 (水)

ニューヨークチーズケーキ@「パパジョーンズ」


Dsc00764

Dsc00764

伊勢  2006年2月25日 (土)

赤福ぜんざい@「赤福」


Dsc00763

Dsc00763

三重 浦村  2006年2月25日 (土)

かき@「浦村かき横丁」


Dsc00591

Dsc00591

京都  2006年1月 2日 (月)

クリームソーダ@「イノダコーヒー」


Dsc00589

Dsc00589

京都  2006年1月 2日 (月)

ブレンドコーヒー@「イノダコーヒー」

京都へ行くと、必ず立ち寄る。濃い目のコーヒーに動物性のクリーム、砂糖が絶妙にブレンドされていて、苦いんだけど、甘い。
日常の疲れ、旅の疲れ、歩き疲れなんかが、ほわ~~~っと、消えていく感じ。
本店では、昔ながらの雰囲気で、ちょっとリッチな味わいを感じることができます。


Dsc00283

Dsc00283

京都  2005年11月23日 (水)

鶏飯(けいはん)@「鳥せい」


Dsc00080

Dsc00080

愛知県  2005年9月 8日 (木)

@「愛地球博」


Dsc00166

Dsc00166

伊勢  2005年8月17日 (水)

赤福氷@「赤福」


Dsc00165

Dsc00165

伊勢  2005年8月17日 (水)

赤福もち@「赤福」